【ポートフォリオの作り方!】デザイン未経験でも作れるカンタンな方法は?

ポートフォリオ 作り方 未経験 デザイナーのポートフォリオ
ナカジ

この記事はポートフォリオの作り方を解説しています。

  • ポートフォリオってなに?
  • ポートフォリオを今すぐ作りたい!
  • ポートフォリオの作り方が分からない

そんな方にデザイナーのポートフォリオの作り方を解説していきます。

デザイン未経験でも作れるポートフォリオの作り方!

ナカジ

ポートフォリオは簡単に言えばデザイナーの作品集です。

デザイナーの就活では、面接や書類審査で必須になってきます。

ポートフォリオには色々な作り方があります↓

アプリを使って作る

時間がなかったり自力で作れない場合は、専用のアプリがおすすめです。

ナカジ

アプリなら簡単にポートフォリオが作れます。

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はMATCHBOXより引用
ナカジ

おすすめの専用アプリはMATCHBOXです。

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

以前はマイナビクリエイターの会員登録をしないと利用できなかったのですが、今は会員登録しなくても利用できます。

マイナビクリエイターは、クリエイター専用の転職支援サービスです。

クリエイターには必須のサービスが揃っているので、登録しておいて損はないでしょう。

MATCHBOXのリンクはマイナビクリエイター内にあるので、そこから利用登録が可能です。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

利用料金:0

\無料の会員登録はこちら/

クオリティの高いWEBポートフォリオを作る

オリジナルのポートフォリオを作る

ナカジ

時間があるならオリジナルのポートフォリオを作るのがおすすめです。

オリジナルなら全てにこだわって制作できます。

オリジナルのポートフォリオを作るには、デザインソフトやデザインの知識が必要です。

そういった知識がないなら、勉強する必要があるでしょう。

WordPressで作るWEBポートフォリオサイト

オリジナルのポートフォリオサイトを作るにはプログラミングの知識が必要です。

サイトを作る知識がなければ、WordPressのポートフォリオ用のテーマを使うのもいいでしょう。

テーマとは、プロが作ったWordPressのテンプレートのことです。

特にポートフォリオ向けのWordPressテーマを使えばクオリティの高いWEBポートフォリオを制作することができます。

デザイナーのポートフォリオにおすすめの日本語WordPressテーマのTCDのNUMERO

料金:24,800

\NUMEROの詳細はこちら/
NUMEROの公式サイト

WEBポートフォリオにおすすめのWordPressテーマは別記事にまとめているので参考にどうぞ→ポートフォリオにおすすめのテーマまとめ

WordPressには、レンタルサーバーやオリジナルドメインが必要になります。

ちなみにレンタルサーバーはオリジナルドメインが永久無料でついてくるエックスサーバー がおすすめです。

レンタルサーバーのエックスサーバー

利用料:990円〜/月

\10日間の無料体験はこちら/

WordPressは無料で利用できますが、公式サイトからダウンロードするとサーバーへの設置作業やサイトを始めるまでが大変です。

ですので簡単にWEBポートフォリオサイトを始めたいなら、エックスサーバー経由で簡単インストールするのがおすすめです。

このブログもエックスサーバーで運用していますが、コスパも良く安定しているので安心して運用できています。

採用されるポートフォリオとは?

ナカジ

採用されるポートフォリオは、何ができて、どんなデザインをしたいかが明白です。

どんなポートフォリオを作るかは、志望する職種によっても変わってきます。

まずは自分が目指している職種のポートフォリオを見てみましょう↓

ポートフォリオ 参考
画像はビビビットより引用

ポートフォリオは紙で作るの?WEBでもいいの?

ポートフォリオは紙とWEB両方とも用意しておくといいでしょう。

ナカジ

MATCHBOXなら紙とWEB同時に作ることができます。

ポートフォリオに載せる内容は?

ポートフォリオに載せる内容は主に4つです↓

  • 目次
  • プロフィール
  • 作品紹介
  • 連絡先・SNS・ブログ情報

目次

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はビビビットより引用

目次は見る側が全体を把握しやすいので、作っておいた方がいいでしょう。

プロフィール

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はビビビットより引用
ナカジ

プロフィールは必ず載せてください。

プロフィールでアピールできることがたくさんあるからです。
プロフィールの内容は、主にこんな感じです↓

  • 資格
  • 使用できるソフト
  • 自身の強みや具体的な実績

作品紹介

作品紹介は主に下記を重視しましょう↓

  • エピソード
  • 作品の成果

作品はわかりやすく、簡潔に魅力を伝えるのがおすすめ。
余白も十分にとった方が、見やすいです↓

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はビビビットより引用

連絡先・SNS・ブログ情報

動画やWEBサイトのデザインは紙では伝わりにくいです。

WEB系のデザインを見て欲しいなら、WEBサイトへの導線をつくるといいでしょう。

ナカジ

QRコードで誘導するのがおすすめです。

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はビビビットより引用

WEB用のポートフォリオサイトを作りたいならテンプレートが便利です。

ポートフォリオを作るときの注意点!

ポートフォリオには注意点があります↓

ページ数の目安は20ページ以内

ナカジ

ページ数に注意しましょう。基本は20ページ以内に。

あまりに長いと面接官も疲れてしまいます。

読み手の気持ちになって制作するといいでしょう。

ただページ数の多いポートフォリオでも採用されることはあるので、あくまでも目安です。

作品の数が多く、クオリティも高いなら全て見てもらって熱意を伝えてもいいと思います。

作品の羅列にしない

ナカジ

作品の見せ方や紹介の仕方も工夫しましょう。

下記の参考のように作品の展示方法や写真の撮り方にもこだわるといいでしょう。

ポートフォリオ 参考 例
画像はビビビットより引用

実績を書く

未経験でも何かの実績がある方が評価されやすいです。

実績が何もないなら、作るのもいいでしょう。

ナカジ

実績作りには、クラウドソーシングサービスがおすすめ!

ただ実力がなければ迷惑をかけるので、無理な仕事は受けないように注意してください。

ポートフォリオの作り方を学ぶ!

ナカジ

ポートフォリオの作り方は、本や講座でも学べます。

予算がなく独学したい人には本やオンライン講座で学ぶといいでしょう。

就職を目指すなら、スクールなどで講師から学ぶのがおすすめです

ポートフォリオを本で学ぶ

ポートフォリオの本には参考例や採用されるコツなどが掲載されています。

【内容サンプル】

ポートフォリオ 本
画像はポートフォリオ見本帳より引用

デザインスクールや講座で学ぶ

ナカジ

ポートフォリオを1人で作るのは難しいです。

独学だとアドバイスがもらえないからです。

そんな時はデザインスクールのポートフォリオ講座を受けるといいでしょう。

ポートフォリオのアドバイスをもらう

ナカジ

完成したポートフォリオは、プロに見てもらいましょう!

クリエイター専用の求人サイトではプロのアドバイザーが無料でアドバイスをくれます。

ポートフォリオの添削もしてくれるので必ず利用しましょう。

デザイン未経験でも作れるポートフォリオの作り方まとめ!

ポートフォリオには色々な作り方があります↓

時間がなかったり、自力で作れない場合は専用のアプリを使うといいでしょう。

時間が取れるなら、オリジナルのポートフォリオを作るのがおすすめです。

✔︎この記事のまとめ

✔︎ポートフォリオ関連の記事

ポートフォリオ 印刷
ポートフォリオ 表紙 デザイン
ポートフォリオ ブログ