【ポートフォリオ作成ツール!】無料で使えるおすすめのソフトやアプリは?

ポートフォリオ 作成ツール ポートフォリオ
ナカジ

ポートフォリオ作成ツールについて紹介していきます。

  • 急ぎでポートフォリオが必要!
  • ポートフォリオを自力で作れない…
  • ポートフォリオ作成のおすすめツールは?

そんな方にポートフォリオに便利な作成ツールを紹介していきます。

1.ポートフォリオ作成ツール!

デザイナー

クリエイターは様々な時にポートフォリオが必要になってきます↓

  • 就職や転職
  • 学校の推薦入試
  • フリーで仕事をする時

中には働きながらの転職など、ポートフォリオを作る時間がない人も多いでしょう。

ナカジ

そんな時に便利なのがポートフォリオ作成ツールです。

作成ツールは、作品の画像をアップするだけでカンタンにポートフォリオが作れます。

おすすめのツールはMATCH BOXです。

無料ですぐに作れるので時間がない方にも安心です↓

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

さらにMATCH BOXなら、下記の3つを同時に作ることができます↓

  • 履歴書
  • 紙のポートフォリオ
  • WEBのポートフォリオ

求人にそのまま応募できるので、時間も大幅に短縮することができます。

MATCHBOXを利用するにはマイナビクリエイターで無料の会員登録をする必要があります。

マイナビクリエイターに登録すると、

ナカジ

就職や転職の相談やサポートまでしてくれます。

ポートフォリオについても専門のアドバイザーが無料でアドバイスしてくれるので、

クリエイターに就職したい人におすすめです。

MATCH BOXの詳細
利用料金無料
利用条件マイナビクリエイターの無料会員登録
紙のポートフォリオ
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★★
公式サイトマイナビクリエイター

実際にMATCH BOXで作ったポートフォリオを紹介していきます↓

【表紙&プロフィール

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

【作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

MATCH BOXを利用するには、公式サイトからどうぞ→マイナビクリエイター

2.WEBポートフォリオサイト

WEB系のデザイナーなら、WEBで見て欲しい作品もあるでしょう。

ナカジ

そんな時はポートフォリオサイトがおすすめです。

カンタンに作りたいなら、Adobe Portfolioを利用するのがいいでしょう。

Adobeのデザインソフトを契約しているなら無料で使えます。

①Adobe Portfolioについて

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用

Adobe Portfolioでは、無料でオリジナルドメインのサイトを作ることができます。

ナカジ

作り方もテンプレートを選んで作品をアップするだけ。

画像・動画・音声の作品をアップできます。

『Behance』とも連携できるので、世界に向けて作品を発信したい人にもおすすめです。

※Behanceはクリエイター専用のポートフォリオ型SNSです。

APの詳細
利用料金無料
利用条件Adobeソフトの利用
紙のポートフォリオ×
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★☆
公式サイトAdobe Portfolio

Adobe Portfolioで作ったポートフォリオサイトを紹介していきます↓

【ポートフォリオサイト

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用

【作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用

Adobe Portforioの使い方は別記事で紹介しているので、興味がある方はどうぞ↓

アドビポートフォリオ 使い方

3.クオリティの高いWEBポートフォリオを作るには?

①WordPressで作るWEBサイト

オリジナルのポートフォリオサイトを自分で作れるならテンプレートは必要ありません。

初心者

自分ではポートフォリオサイトを作れない!

と思うならWordPressのテンプレートを使うのといいでしょう。

クオリティも高く、コスパ的にもいいです。

ポートフォリオ専用テンプレートもあります↓

ポートフォリオ テンプレート
画像はLIQUID PRESS PORTFORIOより引用

WordPressを使ったWEBポートフォリオについては別記事で解説しています↓

ポートフォリオ テンプレート

4.ポートフォリオを作る方法!

ポートフォリオを作るには、まずは下記のことをしましょう↓

  • ①デザインソフトの使い方を知る
  • ②ポートフォリオの作り方を本で学ぶ
  • ③採用された人のポートフォリオを見る

①デザインソフトの使い方を知る

まだデザインソフトの使い方を知らない方は、

ナカジ

はじめにデザインソフトの使い方を学びましょう。

デザインソフトは作品やポートフォリオを作るのに必須です。

はじめて使うならAdobeの公式サイトで無料で試してみるのがいいでしょう↓

上記の2つは全デザイナーほぼ必須ですが、

ナカジ

職種によって使うデザインソフトは変わってきます。

自分に合ったデザインソフトが分からない場合は別記事を参考にどうぞ↓

デザイナー ソフト

②ポートフォリオの作り方を本で学ぶ

ナカジ

ポートフォリオは本で学ぶこともできます。

基本を本で学んでから、学校の先生や企業の人事などにアドバイスをもらいましょう。

ポートフォリオにおすすめの本については別記事で紹介しているので参考にどうぞ↓

ポートフォリオ 本

③採用された人のポートフォリオを見る

採用されたポートフォリオを見てみましょう。

  • どの程度のクオリティのポートフォリオが必要なのか?
  • どんな風に作品をまとめればいいのか

などがよく分かります。

他人のポートフォリオを見ることで、参考にできることも多いでしょう。

ポートフォリオの参考例に関しても別記事にまとめているので、そちらをどうぞ↓

ポートフォリオ 参考 例

2.ポートフォリオにおすすめの作成ツールまとめ!

クリエイターが採用試験を受けるには、ポートフォリオが必須です。

ただポートフォリオを作る時間がない人も多いでしょう。

ナカジ

そんな時に便利なのがポートフォリオ作成ツールです。

おすすめはツールはMATCHBOXです。

利用料は無料で、ポートフォリオに関する知識が少なくてもカンタンに作れます。

ぜひ試してみてください。

✔︎この記事のまとめ

✔︎ポートフォリオ関連記事はこちら

ポートフォリオ 表紙 デザイン
ポートフォリオ 自己 紹介
ポートフォリオ 作り方 未経験

✔︎ポートフォリオ作りをプロから学びたい!