【デザイナーの面接に!】無料のポートフォリオ作成ツール4選

ポートフォリオ 作成ツール ポートフォリオ

この記事ではデザイナーの面接に必要なポートフォリオを作成できる便利なツールを紹介していきます。

  • 面接まで時間がない
  • ポートフォリオをじっくり作る時間がない
  • ポートフォリオの作成におすすめなツールを知りたい

そんな方に時間をかけずにサクッと作れる便利なツールを紹介していきます。

1.無料のポートフォリオ作成ツール

デザイナー
比較表MATCH BOXAdobe PortfolioBehancePORTFOLIOBOX
利用料金無料無料無料無料(PRO版は有料)
利用条件マイナビクリエイターの無料会員登録Adobeのソフトの使用googleかFacebookの会員登録PORTFOLIOBOXの無料の会員登録
紙のポートフォリオ×××
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★★☆★★★★☆

①MATCH BOX

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用
Shota Nakaji / 中地 章太

1番おすすめのポートフォリオ作成ツールはMATCH BOX

MATCH BOXはマイナビクリエイターが提供していて、使用するにはマイナビクリエイターの無料会員に登録する必要があります。

Shota Nakaji / 中地 章太

MATCH BOXでは、紙とWEBのポートフォリオを同時に作れます。

履歴書も作れて、マイナビクリエイターの求人にそのまま応募することもできるので、時間を大幅に短縮することができます。

マイナビクリエイターではクリエイティブ専門の担当者から

Shota Nakaji / 中地 章太

就活のアドバイスやポートフォリオのチェックをしてもらうことができます。

ポートフォリオを作りたいだけでも、専門の担当者が

Shota Nakaji / 中地 章太

ポートフォリオの作り方について、無料で教えてくれる機会は貴重なので

ぜひアドバイスを受けて合格できるポートフォリオを作成してください。

学校などに通っておらずポートフォリオについてアドバイスをもらったことがない人には必見のサービスです。

Shota Nakaji / 中地 章太

他にもデザイナーの就職に役立つイベントが開かれているので

デザイナーになりたいならマイナビクリエイターはおすすめです。

MATCH BOXの詳細
利用料金無料
利用条件マイナビクリエイターの無料会員登録
紙のポートフォリオ
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★★

実際にMATCH BOXで作ったポートフォリオを紹介していきます。

✔︎表紙&プロフィール

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

✔︎作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はマイナビクリエイターより引用

MATCH BOX上記のようにポートフォリオに必要な項目が作成できるので、

Shota Nakaji / 中地 章太

ポートフォリオの作り方に詳しくない人にも作りやすいツールです。

  • 面接まで時間もない
  • ポートフォリオに関してあまり知識がない

上記のような人にはMATCH BOXがおすすめです。

ポートフォリオ作成ツールのMATCH BOXを使いたい方は、マイナビクリエイターの公式サイトからどうぞ→マイナビクリエイター

②Adobe Portfolio

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用

Adobe PortfolioはAdobeが運営しているサイトでIllustratorなどのAdobeのソフトを使っているなら無料で使用できます。

Shota Nakaji / 中地 章太

Adobe Portfolioではポートフォリオサイトを作れる

独自ドメイン(ホームページのURL)を取得してポートフォリオサイトを作ることができるので、いつでも確認してもらうことができます。

Shota Nakaji / 中地 章太

作り方はテンプレートを選んで、自分の作品をアップしていくだけ

Adobe Portfolioでは画像・動画・音声などの作品をアップできます。

クリエイター専用ポートフォリオ型SNSの『Behance』とも連携できるので、世界に向けて自分の作品を発信したい人には特におすすめです。

Adobe Portfolioの詳細
利用料金無料
利用条件Adobeのソフトの使用
紙のポートフォリオ×
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★☆

✔︎ポートフォリオサイト

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用

✔︎作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はAdobe Portfolioより引用
Shota Nakaji / 中地 章太

Adobe Portfolioはポートフォリオ用のWEBサイトをカンタンに作れる

ので、面接でポートフォリオサイトが必要で急いで作らないといけないといった時に便利です。

無料で独自ドメインを入手できるので、QRコードを作成してポートフォリオに貼り付けるのもありだと思います。

ちなみにQRコードはこちらのサイトにURLを入力するだけかんたんに作れますよ→https://qr.quel.jp/design.php

Adobe Portfolioは先ほど紹介したMATCH BOXと併用すれば、

Shota Nakaji / 中地 章太

紙と独自ドメインのWEBポートフォリオサイトの両方を作ることができます。

Adobe PortforioはIllustratorなどのAdobeのソフトを使っているなら無料で利用できるので、ぜひ使用してみてください。

Adobe Portforioの使い方は別記事で紹介しているので、興味がある方はどうぞ⬇︎

✔︎Adobe Portfolioの使い方の記事はこちら

③Behance(ビーハンス)

ポートフォリオ 作成ツール
画像はBehanceより引用
Shota Nakaji / 中地 章太

Behanceは、クリエイター向けのポートフォリオSNSです!

ポートフォリオとSNSが合体していて、『自分のファンを作ったり』『仕事を受注する』こともできます。

Shota Nakaji / 中地 章太

個人やフリーランスに便利なポートフォリオツールです。

Adobe Portfolioと連携すれば、Adobe Portfolioで作成したポートフォリオがそのままBehanceにも反映されます。

Behance(ビーハンス)の詳細
利用料金無料
利用条件googleかFacebookの会員登録
紙のポートフォリオ×
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★☆

✔︎作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はBehanceより引用

Behanceは海外のクリエイターが主に使っているポートフォリオSNSなので、海外進出や海外の企業に就職を考えている人におすすめです。

Adobe Portfolioと連携すればAdobe Portfolioで作成したポートフォリオがそのままBehanceにも反映されるので、Adobe Portfolioでポートフォリオを作った方にはBehanceも活用するのがおすすめです。

④PORTFOLIOBOX

ポートフォリオ 作成ツール
画像はPORTFOLIOBOXより引用

PORTFOLIOBOXはクオリティの高いポートフォリオサイトを無料で作ることができます。

PORTFOLIOBOXの特徴は『EC機能が付いていること

Shota Nakaji / 中地 章太

つまりポートフォリオサイトで自分の作品を販売することができます。

本格的にポートフォリオサイトを運用したいならPRO版にアップグレードすることもできるので、本格的に運用したいと思っているのならPORTFOLIOBOXがおすすめです。

デザインテンプレートも豊富でかんたんにクオリティの高いポートフォリオサイトが作れます。

PORTFOLIOBOXの詳細
利用料金無料(PRO版は有料)
利用条件PORTFOLIOBOXの無料の会員登録
紙のポートフォリオ×
WEBポートフォリオサイト
おすすめ度★★★★☆

✔︎ポートフォリオサイト

ポートフォリオ 作成ツール
画像はPORTFOLIOBOXより引用

✔︎作品紹介

ポートフォリオ 作成ツール
画像はPORTFOLIOBOXより引用

✔︎作品販売ページ

ポートフォリオ 作成ツール
画像はPORTFOLIOBOXより引用

PORTFOLIOBOXはEC機能まで付いているので、

Shota Nakaji / 中地 章太

作品を販売したい人におすすめのポートフォリオサイトです。

クオリティの高いポートフォリオサイトが作れるので、作りこめば面接でも良い印象を与えられると思います。

PORTFOLIOBOXは海外のサイトなので、英語が苦手な方は少し使い辛いかもしれません。

同じような機能を日本のサイトで使いたい場合はBASEがおすすめです。

2.無料のポートフォリオ作成ツールのまとめ

ポートフォリオは本来時間をかけて作り込むものです。

  • 面接まで時間がない
  • はじめてポートフォリオを作る人

上記のような人はポートフォリオ作成ツールを利用してポートフォリオを作る方が時間もかけずに、クオリティの高いポートフォリオを作成することができます。

Shota Nakaji / 中地 章太

ポートフォリオ作成ツールを使っても内容は自分で考えないといけません。

  • ポートフォリオにはどんな内容を入れればいいのか?
  • はじめてポートフォリオを作る注意点は?

などは別の記事まとめているので、ポートフォリオの内容が分からない方は読んでみてください⬇︎

✔︎この記事のまとめ

〆ポートフォリオ関連記事はこちら

ポートフォリオ 作り方 デザイナー
ポートフォリオ 表紙 デザイン
ポートフォリオ 本
ポートフォリオ 参考
ポートフォリオ 自己紹介

ポートフォリオ サイト 参考

✔︎ポートフォリオ作りをプロから本気で学びたい人はこちら!

ポートフォリオ講座
画像はWEBデザイナー講座より引用