【ポートフォリオとは?】デザイナーの面接や美大の推薦入試で合格する方法!

ポートフォリオとは ポートフォリオ
ナカジ

この記事ではポートフォリオについて解説していきます。

  • ポートフォリオって何?
  • ポートフォリオはどうやって作るの?
  • どんなポートフォリオが採用されるの?

そんな方にクリエイターのポートフォリオについて解説していきます。

1.ポートフォリオとは?

疑問

ポートフォリオとは、

ナカジ

カンタンに言えば作品集付きの自己紹介本です。

実績やスキルなどをファイルや冊子にまとめて、企業や学校に提出して自分を知ってもらうためのものです。

学生

なんで美大生やデザイナーはポートフォリオが必要なの?

ポートフォリオが必要な理由は、クリエイターの実力を測るのに便利だからです。

一般的な大学や企業は資格や学歴・学力だけでも採用の判断ができますが、クリエイターはそうはいきません。

ナカジ

実力がないと授業や仕事についていけないからです。

2.ポートフォリオってどんなもの?

ポートフォリオには2つのタイプがあります↓

  • ①紙でつくるもの
  • ②WEBでつくるもの

①紙でつくるポートフォリオ

紙でつくる場合は、冊子かファイルにまとめて提出する場合が多いです。

冊子のポートフォリオ↓

ポートフォリオとは
画像はビビビットより引用

ファイルのポートフォリオ↓

ポートフォリオとは
画像はビビビットより引用

②WEBでつくるポートフォリオ

ポートフォリオとは
画像はAnju Kishi’s portfolioより引用

WEBポートフォリオは、

ナカジ

オリジナルでつくるか、ツールを使って作ります。

オリジナルのポートフォリオサイトを作るにはプログラミングの知識が必要です。

サイトを作る知識がなければ、

ナカジ

ポートフォリオサイト用のテンプレートを利用しましょう。

ポートフォリオのテンプレートに関しては別記事を参考にどうぞ↓

ポートフォリオ テンプレート

③デザイナーにポートフォリオが必要な理由

ポートフォリオが必要な理由はデザイナーの実力を測るのに便利だからです。

履歴書や職務経歴書だけでは、その人のクリエイティブな実力がわかりません。

ナカジ

デザイナーはセンスや知識がいる仕事です。

一定以上のセンスや専門知識がないと入社後に仕事を覚えることすらできません。

だから採用担当者はポートフォリオを見て、採用するかどうかを考えるのです。

2.どんなポートフォリオを作れば採用されるの?

デザイン オンライン スクール

一概には言えませんが、

ナカジ

ポートフォリオのクオリティが高いことが最低条件です。

希望する学科や職種にあった作品をメインで見せることも重要です。

例えばWEBデザイナーになりたいなら、WEB上でも作品を用意する方がいいでしょう。

最近ではWEBデザイナー以外でも紙とWEB両方のポートフォリオを作る人が多いです。

①WEBポートフォリオ

WEBポートフォリオでは、

  • 紙のポートフォリオに載せれなかった作品
  • WEBでしか表現できない作品

を掲載できる利点があります。

ナカジ

採用担当者がポートフォリオを見る時間は短いです。

学生

自分が一生懸命作ってきた作品はたくさん見て欲しい。

そんな時は、紙のポートフォリオにWEBポートフォリオへの導線を作っておきましょう。

QRコードやURLを記入しておくと面接のあとでも見てくれるかもしれません↓

ポートフォリオ 作り方 未経験
画像はビビビットより引用

②採用されるポートフォリオの作り方

採用されるポートフォリオを作るには、

ナカジ

まずは実際に採用された人のポートフォリオを見るのがいいでしょう。

採用されたポートフォリオを見ることで、どのくらいのレベルが合格点なのかが分かります↓

ポートフォリオとは
画像はビビビットより引用

企業に採用されたポートフォリオを別記事でまとめているので、そちらも参考にどうぞ↓

ポートフォリオ 参考

③ポートフォリオのクオリティを上げる方法!

ポートフォリオが完成したら、

ナカジ

学校の先生や企業の人事担当の方に見てもらいましょう。

センスや知識のある人に見てもらうことで、自分では気づけない修正点が見つかります。

学校に通っていない人は、専用のアドバイザーにアドバイスをもらいましょう。

クリエイター専用の求人サイトに登録すると無料でアドバイスをもらうことができます↓

クリエイター専用の求人サイトは別記事でも紹介しているので、確認してみてください↓

デザイナー 未経験 求人

3.ポートフォリオには何を書くの?

ポートフォリオに載せる内容は主に4つです↓

  • 目次
  • プロフィール
  • 作品紹介
  • 連絡先・SNS・ブログ情報

その中でも自己紹介と作品紹介は重要なので、解説しておきます。

①ポートフォリオの自己紹介

ナカジ

自己紹介では、自分がどんな人間かをひと目で伝える工夫が必要です。

採用された人の自己紹介を見ると、よくわかります↓

ポートフォリオ 自己紹介
画像はビビビットより引用

スキルや実績、どんな人間かがパッと見て分かる自己紹介がいいでしょう。

ポートフォリオの自己紹介に関しても別記事で紹介しているので、参考にどうぞ↓

ポートフォリオ 自己紹介

②ポートフォリオの作品紹介

ポートフォリオは、

ナカジ

作品をただ羅列しても採用されません。

作品の見せ方や自己紹介の仕方もデザイナーとしての資質を測る重要な要素です。

ナカジ

面接官や見るひとが疲れないような工夫が必要です。

適度に余白を作って文字量も抑える方がいいでしょう↓

ポートフォリオとは
画像はビビビットより引用

4.ポートフォリオとはまとめ!

ポートフォリオとは、

ナカジ

カンタンに言えば作品集付きの自己紹介本です。

実績やスキルなどをファイルや冊子にまとめて、企業や学校に提出して自分を知ってもらうためのものです。

試験や面接に合格するにはクオリティの高いポートフォリオが必要です。

ポートフォリオに関してしっかり学んで、いいポートフォリオを作ってください。

✔︎この記事のまとめ

✔︎本のおすすめサービス

✔︎オンライン講座で学ぶ

✔︎デザインスクールで学ぶ

ナカジ

スクールならデザインと同時に学べます。

✔︎専門学校で学ぶ

専門学校なら先生からポートフォリオと就職のアドバイスがもらえます。

✔︎ポートフォリオの関連記事はこちら

ポートフォリオ 作成ツール
ポートフォリオ 本
ポートフォリオ 表紙 デザイン
ポートフォリオ ブログ