【パッケージデザイナーになるには?】プロが教えるパッケージの作り方!

パッケージデザイン 作り方 デザイナーになるには
ナカジ

この記事はパッケージデザイナーになりたい人向けの記事です。

  • パッケージデザイナーになるにはどうすればいいの?
  • パッケージデザインの作り方は?
  • なにを勉強すればいいの?

そんな方に向けてパッケージデザイナーのなり方や作り方のコツなどを解説していきます。

パッケージデザイナーになるには?

ナカジ

パッケージデザイナーになりたいなら、グラフィックデザインを学ぶ必要があります。

学校の中にはパッケージデザイン専攻のある学校もありますが、

ナカジ

基本的にはグラフィックデザインにパッケージデザインが含まれると考えてください。

そして自分がどんなパッケージデザインをやりたいかによって、就職先や作る工程も変わってきます。

ナカジ

僕は過去にデザイン事務所で色々な企業のパッケージを担当してきました。

現在は独立して自社の商品のパッケージを作っているのですが、

ナカジ

デザイン事務所と自社のパッケージの作り方や流れは少し違います。

パッケージデザインの作り方は後ほど解説していきます。

グラフィックデザインを学ぶ理由って何?

パッケージを作るには色々な知識が必要です。

ナカジ

パッケージデザインを独学で学ぶことは難しいでしょう。

パッケージデザインには最低でも下記のような知識が必要です↓

  • 印刷の知識
  • 版下の作り方
  • 設計の知識
  • デザインの知識
  • 色の知識

だから未経験からパッケージデザインを作りたいと思うなら学校でデザインを学び、

ナカジ

企業にデザイナーとして入社するのがおすすめです。

パッケージデザインの作り方は現場で学ぶのが1番身につくからです。

有名企業のパッケージデザインを担当するには?

『有名な企業のパッケージデザインをやりたい』と思うなら、

ナカジ

有名美大を卒業して大手の広告代理店などに入社する必要があります。

有名美大を卒業しないと、大手の企業には就職できません。

さらに入社できたとしても、どんな仕事が割り振られるかは運です。

だからパッケージデザインがやりたくても、

ナカジ

自分にパッケージの仕事が回ってこないこともあります。

それでもポートフォリオや面接でパッケージデザインをやりたいことをアピールすれば、パッケージデザインの仕事をまわしてくれるかもしれません。

どうしてもパッケージデザイナーになりたい場合は?

ナカジ

求人によっては、パッケージ専門で募集している企業もあります。

上記のようにパッケージデザイン専門の場合は、インハウスのデザイナーの募集が多いです。

インハウスデザイナーは自社のデザインにしか携わらないので、

ナカジ

色々な会社のパッケージデザインに携われないというデメリットがあります。

※インハウスデザイナーとは自社の商品やサービスのデザインを担当するデザイナーのことです。

逆にデザイン製作会社の場合は色々な仕事が経験できるので

ナカジ

様々な企業のパッケージデザインに当たることも多いと思います。

ただ大手や有名なデザイナーの製作会社とかでない限り、みんなが知っているような有名企業のパッケージデザインに携わることは難しいでしょう。

自分が絶対にやりたいパッケージデザインが決まってるなら、自分の志望する求人を探せばいいと思います。

ナカジ

例えば、文房具のパッケージデザインがやりたいなら文具メーカーの求人を探せば良いと思います。

ただそれでピッタリの求人が見つかっても採用される可能性は低いと思います。

基本的にデザイン業界は実績重視なので、経験者が採用試験を受けていればその方が採用されるからです。

ナカジ

だからまずは大手企業の新卒枠を目指して有名美大を卒業することを目標にするのがいいと思います。

社会人からパッケージデザイナーになりたい場合は?

社会人からパッケージデザイナーを目指す場合は年齢が22歳までなら、

ナカジ

美術予備校→有名美大→デザイナーとして就職という流れがおすすめです。

美術予備校に関しては別記事を参考にしてください→【社会人におすすめの美術予備校!】美大受験・デッサンで人気の予備校は?

ですが、22歳以上だと美大を卒業してから就職するので、年齢的に就職が難しい可能性もあります。

ナカジ

年齢的に美大進学が難しい場合は、社会人向けの専門学校やデザインスクールがおすすめです。

ヒューマンアカデミーの総合デザイン専攻

ヒューマンアカデミー以外の社会人向けのデザインスクールは別記事にまとめているので詳しく知りたい方はどうぞ→【プロが解説!】社会人におすすめのデザインスクール!

個人でパッケージデザインをしたい!

ナカジ

なんの知識もなく個人でパッケージデザインを作るのは難しいです。

デザイン未経験者で仕事でパッケージが必要な場合は、素直にデザイナーに任せたほうがいいでしょう。

ですがこれからパッケージデザイナーになりたい人が、

ナカジ

試しに自分で作ってみるのはおすすめです。

だから未経験者でもできるパッケージデザインの作り方を解説していきます。

ナカジ

まず個人で作るには大きく2つの方法があります。

  • 既存のものにシールを貼る
  • オリジナルパッケージを製作する

既存のものにシールを貼る

パッケージデザイン 作り方
引用:ラベル印刷シール印刷.com
ナカジ

上記のように既存の瓶や箱などにシールを貼り付ける方法が簡単でおすすめです。

費用も少なくて済むので、製造する数が少ない商品はこの方法で作るのがいいでしょう。

作り方はシールのデザインデータを作り印刷会社に依頼してシールを作り、既存の箱や瓶に貼り付けるだけです。

シールのデータはIllustratorで作るのが一般的ですが、

印刷会社によってはパワーポイントや画像でも入稿できるので、

ナカジ

初心者向けのデザインアプリを使えばカンタンに作ることもできます。

初心者向けのデザインアプリは別記事で紹介しています→【無料のデザインアプリ4選!】初心者でも簡単にデザインできる!

ナカジ

シール印刷におすすめの会社を紹介します。

小ロットから生産できて、手軽にネット注文できます。

画像やパワーポイントにも対応している会社なので、Illustratorが使えなくてもシール製作が可能です↓

ラクスル

ネット印刷のラクスル

A4冊子:499円〜/1部

\無料会員登録でクーポンGET/
ラクスルの公式サイト

オリジナルパッケージを製作する

パッケージデザイン 作り方
引用:紙箱・化粧箱.net
ナカジ

オリジナルパッケージを作りたい場合は、紙箱専門の印刷会社に依頼します。

オリジナルのデータを作るのは設計の知識が必要なので、

個人的には定型の紙箱にオリジナルのグラフィックをデザインするのがおすすめです。

ナカジ

ただ定型の紙箱でも入稿データを作るには専門の知識が必要です。

入稿データがどうしても作れない場合は別途料金が必要ですが、印刷会社に依頼することもできます。

オリジナルのパッケージを作るには最低ロット数が決まっている印刷所が多いです。

ナカジ

だから個人の場合は小ロットから作ってくれる紙箱の印刷会社がいいでしょう。

おすすめの会社は紙箱・化粧箱.netです。

さらに紙箱・化粧箱.netでは、

ナカジ

作りたい箱を送ると送った箱のデータを作ってくれるサービスもあります。

箱の図面(型データ)さえあれば、あとはそのデータにデザインを入れればパッケージの完成です。

ただ図面にデザインを入れる際には塗りたしや、白版などの専門的な知識が必要です。

ナカジ

素人が0から作るのはなかなか難しいと思います。

どうしても自分で作りたいなら、Illustratorをダウンロードしましょう。

Illustratorのダウンロード

Illustrator 無料

単体プラン 月額利用料:2,728

\7日間の無料体験はこちら/

Illustratorをお得にダウンロードする方法は別記事でまとめているので、よければ参考にしてください→『Illustratorの体験版を無料で使い続けたい人』に知っておいて欲しいこと

パッケージデザインの作り方を学ぶ

オンライン学習サービスのUdemyではパッケージデザインの作り方〜入稿までを学べる講座があるので、参考にしてみるのもおすすめです。

Udemyのパッケージデザイン講座

Udemyの【初級〜上級】Adobe Illustratorでパッケージデザインをしよう!台紙・トムソン・箱のデータ作成〜入稿まで!

★★★★☆ 4.6
SALE価格:2,000
受講料:18,800

\Udemyで人気のパッケージデザイン講座/
【初級〜上級】Adobe Illustratorでパッケージデザインをしよう!台紙・トムソン・箱のデータ作成〜入稿まで! icon

プロの世界ではどうやってパッケージをデザインするの?

ナカジ

プロの世界ではパッケージデザインの作業は分担して行います。

  • パッケージの形状を考える→プロダクトデザイナー
  • グラフィックを考える→グラフィックデザイナー
  • 耐久性や設計を考える→コンストラクションデザイナー

上記のようにそれぞれ専門のデザイナーがいますが、グラフィックデザイナーが形状から考えることもあります。

実際に僕のいたデザイン事務所でのパッケージデザインを作成する流れは、下記の通りです↓

  1. クライアントから依頼が来る
  2. 依頼されたパッケージデザインのイメージを製作
  3. コンストのデザイナーがイメージに合わせて図面(型データ)を作成
  4. 図面にデザインを入れて試作品を作る
  5. クライアントからOKが出れば生産開始!

カンタンに説明しましたが、この間にヒアリングや修正作業も入ります。

図面はコンストのデザイナーが作りますが、それ以外はグラフィックデザイナーの仕事でした。

ヒアリングも『クライアントから直接聞く場合』『仕事を取ってきた広告代理店の営業マンから聞く』こともあります。

ナカジ

上記のように1つのプロジェクトには何人もの人間が関わります。

営業、ディレクター、コンストデザイナー、クライアント、印刷の担当者など。

他にもイラストレーターやカメラマンが関わる場合もあります。

デザイン業界では社内・社外関係なく協力してひとつのプロジェクトを完成させることも多いです。

だからデザインに関する知識の他にも

ナカジ

営業力やコミュニケーション能力も必要になってきます。

もし自分が営業ならと考えてください。

せっかく一生懸命とってきた仕事を『喋りにくいデザイナー』『腕のないデザイナー』に依頼するでしょうか?

有名なグラフィックデザイナーの原研哉さんも

原研哉

デザイナーは営業力が大事

とおっしゃっています。

営業力のないデザイナーに仕事はこないし、仕事が来なければデザインの実力も伸びません。

ナカジ

会社に入社したからといって、自然と仕事が集まるわけではないのです。

はじめは先輩の仕事を手伝ったりして仕事を回してもらえますが、いつまでも自分に仕事が来ないなら、

ナカジ

会社に居ずらくなってやめることになります。

デザイナーは職人のような立ち位置ですが、職人気質な性格ではうまくいきません。

だからこそ日頃からコミュニケーション能力も鍛えておきましょう。

パッケージデザインのポートフォリオ

パッケージデザイン  ポートフォリオ
引用:ビビビット
ナカジ

上記のポートフォリオは実際にパッケージデザイン会社に内定した学生のポートフォリオです。

ポートフォリオとは簡単に言えば作品集のことです。

ポートフォリオについては別記事でまとめているので、参考にどうぞ→【ポートフォリオとは?】デザイナーの面接や美大の推薦入試で合格する方法!

デザイナーの採用試験を受けるにはポートフォリオが必須ですが、

ナカジ

パッケージデザインの会社に見せるポートフォリオはパッケージを前面に押し出すべきです。

未経験者

パッケージデザインがどうしてもやりたい!

という気持ちが伝わるようなポートフォリオを作れると企業側も採用したくなると思います。

製作物は学校で製作したものや入賞作品など極力クオリティの高いものだけを載せてください。

パッケージデザイン ポートフォリオ
引用:ビビビット

ポートフォリオを作れるデザインソフトは?

上記で紹介したポートフォリオはIllustratorとPhotoshopを使って作られています。

Illustrator

Illustrator 無料

単体プラン 月額利用料:2,728

\7日間の無料体験はこちら/

Photoshop

photoshop 無料 版

フォトプラン:1,078円/月
単体プラン:2,728円/月

\7日間の無料体験はこちら/

ナカジ

他にもポートフォリオはアプリで作ることもできます。

ポートフォリオの作り方に関しては別記事を参考にしてください→【ポートフォリオの作り方!】デザイン未経験でも作れるカンタンな方法は?

パッケージデザイナーになる方法まとめ

ナカジ

パッケージデザイナーになりたいなら、グラフィックデザインを学ぶ必要があります。

学校の中にはパッケージデザイン専攻のある学校もありますが、

ナカジ

基本的にはグラフィックデザインにパッケージデザインが含まれると考えてください。

年齢がまだ若ければ有名美大を卒業して大手企業を目指すのがおすすめです。

社会人の場合は、夜間・週末の専門学校やデザインスクールに通って、

ナカジ

就職サポートを受けて就職を目指してください。

✔︎関連記事はこちら

プロのデザイナーが使うデザインソフトをまとめた記事のトップ画像
グラフィックデザインが学べる本をまとめた記事のトップ画
社会人におすすめのデザインスクールを紹介いた記事のトップ画像