【入稿データの作り方!】Illustrator初心者でもカンタンに作れる方法!

入稿データ 作り方 Illustrator
ナカジ

この記事では入稿データの作り方を解説していきます。

  • 入稿データってカンタンに作れないの?
  • 入稿データの作り方を学びたい!
  • デザインを印刷したい!

そんな方に向けて、入稿データの作り方を0からでも分かるように解説していきます。

1.Illustrator初心者におすすめの入稿データの作り方!

初心者

入稿データを初心者がカンタンに作るには、テンプレートを利用するのがおすすめです。

入稿用のテンプレートはネット印刷の会社などで配られています。(後ほど紹介)

ナカジ

テンプレートを使っても知識がないと作るのは難しいと思います。

カンタンに作れないからこそ、DTPオペレーターなどの専門家がいるのです。

※DTPオペレーターとはデザイナーやクライアントの指示のもと、印刷物をレイアウトする専門職です。

これから入稿データ作成の手順を紹介します。

ナカジ

ただ最低限の知識がないと理解できないかもしれません。

  • デザインソフトの知識が全くない
  • 印刷や色の知識がない
  • デザインの知識がない

そんな方が すぐにでも印刷物を作りたいなら、

ナカジ

デザインアプリを使うことをおすすめします。

おすすめの無料デザインアプリ→Canva Pro

ナカジ

入稿データはDTPオペレーターだけでなく、デザイナーにも作る技術が求められます。

もしプロのデザイナーを目指しているなら基本的なことは就職前に学び、

複雑な処理は現場で教えてもらうのがいいでしょう。

ナカジ

僕自身もそうやって入稿データの作り方を覚えました。

入稿データは印刷会社によって規定が変わるので、規定に合わせて作成してください。

基本的な入稿データの作り方を覚えておけば、

ナカジ

少し複雑なデータでも現場や印刷会社の方に質問すれば作れると思います。

2.入稿〜印刷までの流れ

デザイナー
ナカジ

まずは印刷までの大体の流れを説明していきます。

デザイン~入稿データの作成までがデザイナーの仕事です。

以降は、印刷会社のDTPオペレーターが引き継ぎます↓

入稿データ 作り方
画像は刷ったもんだ!より引用

上記のようにデザイナーが入稿した後の流れも知っておいた方が、役に立つので覚えておいて損はないです。

ナカジ

PDF校正や本紙校正というのは、刷る前に仕上がりを確認する作業です。

  • PDF校正は文字通り、仕上がりをPDFで確認します。
  • 本紙校正は、本刷りに近い紙で印刷して実際の完成に近づけた状態で確認します。

本来は本紙校正でしっかり確認した方がいいのですが予算や納期の問題があるので、

実際に本紙校正を行うのは『数多く刷る場合』や『ハイクオリティな仕事』の時くらいです。

ここからは実際に入稿データを作る準備をしていきます。

3.入稿データを作るのに必要な準備!

ポイント

デザインソフトを持ってない方はそもそも作業できないので、

もし持っていないのでしたら、まずはデザインソフトを入手してください↓

趣味で作るからデザインソフトはいらないという方は、

ナカジ

無料で使えるデザインアプリがいいでしょう↓

Canva Pro

4.Illustratorで入稿データを作る方法

デザイナー

今回はラクスルのテンプレートを使って、入稿データの作成手順を解説していきます。

テンプレートを使わず、0から入稿データを作りたい方はこちら!

個人でデザインをするときには、ネット印刷が安くて便利です。

ナカジ

ネット印刷のテンプレートだと、通常よりも簡単に入稿データを作れます。

①テンプレートのダウンロード

ナカジ

カンタンな名刺の印刷で説明していきます。

まずはラクスルで名刺用のテンプレートをダウンロード(無料)します。

公式サイトはこちら→ラクスル

⑴名刺印刷→『通常サイズ名刺印刷』を選択

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

⑵右下のテンプレートをクリック

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

⑶データ作成テンプレートはこちらを押す

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

⑷通常サイズ名刺がダウンロードされる

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

⑸ダウンロードしたaiファイル(meishi_yoko.ai)を開く

入稿データ 作り方

上記のようなテンプレートが出てきます。

  • ピンク→カット位置
  • シアン(ブルー)→デザインする範囲
  • グリーン→塗り足し

※塗り足しの意味が分からなければこちらをご覧ください。

②デザインをはめ込む

デザインをテンプレートにはめていきます。

この説明では分かりやすいようにAdobeのサンプルデータを使用します。

入稿データ 作り方
画像はAdobe公式サイトより引用

⑴選択ツールで名刺のデザインを選択
⑵編集からグループ化する

※選択ツールの使い方が分からない方はこちらをどうぞ

⑶編集からカット(コピーでも可)を選択し、テンプレートのaiに移動する

⑷レイヤーパネルの制作レイヤー選択
⑸編集からデザインをペースト

⑹整列オプションを開き『アートボードに整列』を選択

⑺水平中央に整列→垂直中央に整列を押して、アートボードの中央にデザインを整列する

デザインがずれると印刷結果に影響がでるので、整列パネルを使ってきちっと中央に揃えてください。

整列パネルの使い方を詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています。

⑻選択ツールで背景をグリーンの線まで伸ばして完成です

上記の動画では選択ツール使用中に『command+option』を押して、グループ選択ツールに切り替えて背景だけを選択しています。

背景だけを選択した状態で選択ツールでoptionを押しながら背景の縁を掴んでドラッグすると、背景を左右対称に伸ばすことができます。

制作レイヤーをレイヤーパネルの最下部に持って来ると、デザインが枠線内にきちっと収まっていることやカット位置が確認できます↓

5.データを入稿して印刷する方法

入稿する前にテンプレートにある入稿規定を確認しましょう↓

入稿データ 作り方

上記を確認して問題なければ入稿しましょう。

今回はアウトライン化がまだできていないので、文字にアウトラインをかけていきます。

⑴メニューバーの選択→すべての選択
⑵メニューバーの書式→アウトラインを作成

⑶ファイルから『別名保存』を選択

⑷ファイル名のあとに『_ol』を足して、保存をクリック

⑸Illustrator オプションの『圧縮を使用のみ』にチェックを入れOK

ファイル名のあとに_olを足すのは、『これはアウトライン済みのaiファイルですよ』と見る人に伝えるためです。

保存する時のオプションの意味やアウトラインができているかを確認する方法は別記事で書いているので、こちらで確認してください。

6.データをラクスルに入稿する方法

⑴名刺印刷→通常サイズ名刺印刷を選択

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

⑵名刺の用紙や色に関して指定していきます。

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

よく分からなければ、デフォルトのままでもいいでしょう。

依頼された仕事ならクライアントに希望を確認してください。

今回は片面しかデザインがないので、片面カラーを選択します。

⑶発行部数を選択していきます。

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

発行部数が多く、納品の日にちに余裕があるほど、価格が安くなります。

例えば100部で翌日の仕上がりなら1,265円ですが、3日後にすれば半額以下の550円になります。

1枚あたりの単価も価格の下に書いています。(@12.6円など)

⑷あとはカートに入れて、先ほど作成した入稿データを納品して完成です。

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

今回は名刺のデザインを使ったので名刺印刷にしましたが、

ラクスルなら紙系の印刷は、ほぼ全て揃っているので自分が作りたい印刷物のテンプレートをダウンロードしてみてください↓

入稿データ 作り方
画像はラクスルより引用

ラクスルをはじめて使う方には1,000円〜10,000円のクーポンがでるので、無料や格安で印刷できる可能性が高いです。

ナカジ

僕も個人の仕事でラクスルはよく使います。

ネット印刷にはじめて挑戦する人にはピッタリのサイトです→ラクスルの無料印刷サンプルご請求はこちらから

7.入稿データの作り方まとめ!

ポイント

入稿データを初心者がカンタンに作るには、テンプレートを利用するのがおすすめです。

テンプレートを使えば、まったく知識が無くても入稿データを作れる訳ではありません。

  • デザインソフトの知識
  • 印刷や色の知識
  • デザインの知識
ナカジ

上記のような知識が最低限必要です。

自分で0から入稿データを作りたいなら、まずは勉強しましょう。

勉強方法はこちらで紹介しています。

✔︎この記事のまとめ

✔︎他にも役に立ちそうな記事はこちら

デザイン アプリ 無料
デザイン ソフト
フォトショップ 無料 有料 違い
Illustrator 本
デザイン 本
デザイン勉強方法
デザインソフトを無料で体験する

・AdobeのSALEページ
・デザインソフトを無料体験

『WEB・グラフィックデザイン』
・7日間無料で体験する↓
・Illustrator
・Photoshop
・InDesign

『イラスト制作』
・3ヶ月間無料で体験する↓
・CLIP STUDIO PAINT PRO

素材を無料でダウンロードする
・素材を10点無料でダウンロード↓
・AdobeStock
・shutterstock

ABOUT US

グラフィックデザイナー
関プロ(現ニューデザイン)デザイン事務所のグラフィックデザイナーとして5年間勤務。任天堂などの販促デザインを担当。退職後フリーのデザイナーに。デザイン歴は10年目。