【まとめ】デザイナーになるには?必要なことすべてを解説!

デザイナーになるために必要なこと デザイナーになる方法

この記事は「今からデザイナーになろうと決意した人」に向けて、デザイナーになるまでの工程をすべて解説していきます。学生〜社会人までデザイナーになりたいと思う時は人それぞれなのでどんな人でもデザイナーになるために必要なことがわかるように丁寧に解説していきます。

▼この記事の内容

1.デザイナーになるには?

プロのデザイナーになるために必要なことは以下の通りです。進学する学校・デザインソフト・資格はデザインの種類によって変わってきますので、自分のなりたいデザイナーをまず決めることが大事です。


  1. なりたいデザイナーの職種を決める
  2. 専門学校・美術大学に進学or独学
  3. デザインソフトの習得
  4. 資格の取得
  5. ポートフォリオの作成
  6. 面接
  7. 就職
  8. フリーランス

❶なりたいデザイナーの職種を決める

単純にデザイナーという響きがかっこいいなぁと思ってデザイナー志望の人もいるかもしれませんが、デザインの職種は幅広いです。勉強する内容も変わってくるので、まだ目指すべきデザイナー像が決まっていない方はまずは自分が目指すデザインが何かを知ることからはじめてください。


✔︎それぞれのデザイナーの特徴や参考作品・年収をまとめた記事があるので、参考にどうぞ!


❷専門学校・美術大学に進学or独学

なりたいデザイン像が決まればあとは勉強方法ですが、個人的なオススメはやはり美大・専門学校に行くべきだと思います。独学でもなれるデザイナーはありますが、確率も低くプロになれてからもセンスや技術が追いつかずクライアントの希望に応えれず辞めていく人も多いです。


✔︎独学でなりやすいデザイナー・独学では厳しいデザイナーまとめの記事をどうぞ!


どの学校が自分にあっているか分からない場合はスタディサプリというサイトが便利で、自分にあった学校が探しやすいです。学費が心配で通えないという方は国からの補助金を使って通うのがオススメです。学校は自分の将来を左右することなので、補助金に関してはしっかり調べて自分にあったものを見つけてください。


スタディサプリでの学校の探し方や補助金に関することをまとめた記事はこちら


それでも独学で勉強したいという方は、資格やオンライン講座、本、ブログ、学習プラットフォームなど勉強法は色々あります。自分にあった勉強法を見つけてしっかり勉強してください。


✔︎デザイナーの勉強方法に関してまとめた記事があるので参考にどうぞ!


❸デザインソフトの習得

デザイナーにはデザインソフトが必須です。そして職種によって使用するソフトは大きく変わってきます。ただポートフォリオを作る為にもIllustratorとPhotoshopは、どのデザイナーでもほぼ必須です。


✔︎職種別のデザイナーが使うソフトに関してまとめた記事があるので参考にどうぞ!


❹資格の取得

デザインソフトの勉強は資格が便利です。操作は覚えれるし、履歴書にも書けるので一石二鳥です。デザイナーにも1つだけ国家資格がありますが、WEBデザインの資格なのでWEBデザインをしたい方にはオススメです。


✔︎職種別のデザイナーの資格に関してまとめた記事があるので参考にどうぞ!


❺ポートフォリオの作成

デザイナーにはポートフォリオが必須です。ちなみに学生によってはポートフォリオを4年かけて作ったりするほど重要なものです。「ポートフォリオが何か分からない」「どうやって作るの?」「参考のポートフォリオを知りたい」と言った方の為にすべて記事にまとめておきました。


✔︎ポートフォリオに関してまとめた記事はこちらをどうぞ!


❻面接

美大や専門学校を卒業してもデザイナーになれない人も多くいます。就職率が高い学校は企業とのコネを持っているので採用されやすいのですが、それでもポートフォリオのクオリティや面接の対応で企業に合わないと判断されれば採用されません。


✔︎面接官はどんなところを見ているのか何が重要なのかをまとめた記事があるので参考にどうぞ!


❼就職

就職に関してですが、例えばグラフィックデザイナーなら「広告代理店」「デザイン事務所」「印刷会社」などどの会社に就職するかで仕事の内容や働き方も変わってきます。


✔︎それぞれの会社の特徴をまとめた記事はこちらをどうぞ


✔︎デザイナー別の就職先や進路に関してまとめた記事も参考にどうぞ!


❽フリーランス

就職してある程度実績を積めばフリーランスとして活躍する人もいるでしょう。就職せずにそのままフリーランスになる人もいます。フリーランスでも稼ぎ方は様々です。クライアントから依頼を受けてデザインを作成したり、デザイン素材を販売する方法もあります。


✔︎クラウドソーシングやストックフォトに関してまとめた記事はこちらをどうぞ


フリーランスでの仕事が慣れてくるとファンがついたり固定のクライアントができたりします。そんな時はクラウドソーシングなどを通さずに直接取引することで自分の適正価格でデザインをすることが可能です。


✔︎直接仕事を受けるメリットに関してまとめた記事はこちらをどうぞ

2.この記事のまとめ

今は個人がいきなりデザイナーになれる時代です。ですがデザインは本当に難しい。なんちゃってデザイナーではクライアントの厳しい要望に答えることができません。この記事ではプロのデザイナーになるまでの道のりをすべてまとめたつもりですが、ゴールへのたどり着き方は人それぞれです。


学校を出ようがきちんと熱意を持って勉強しなければ、いいデザインはできないでしょう。独学の場合は学校に通っている人の何倍もの厳しい道のりです。この記事では様々な勉強方法も紹介しているので、しっかり勉強して自分がなりたいと思っている1流のデザイナー目指して頑張ってください。


  • デザインは本当に甘くない、しっかり学校に通って勉強してデザイナーになるのがオススメ
  • 勉強方法は幅広いので独学の場合は自分にあった勉強方法でしっかり勉強する
  • 就職するためにポートフォリオの作り込みが重要です。どこまで作りこめるかというのもデザイナーにとっては大切な素質ですから