【0からはじめる】子育て主婦がWEBデザインを副業にする1番おすすめの方法

主婦 副業 デザイン 副業

この記事では子育て主婦がWEBデザインの勉強をして副業にするまでの1番おすすめの方法を紹介していきます。

  • 家計がギリギリで辛い
  • 子育てしながらの在宅ワークの実情を知りたい
  • 在宅できるスキルが欲しい

そんな方に0からプロのデザイナーになって現在はフリーのデザイナーとして生活している私の経験を踏まえて、主婦がWEBデザインを勉強する上での注意点や副業にするまでの1番いい方法を解説していきます。

1.子育て主婦がWEBデザインで副業するための1番いい方法

子育て中の主婦がWEBデザインを副業にするには色々工夫する必要があります。

例えば家でデザインの勉強をする時に「子供が暴れてデザインの勉強に集中できない」とかデザインができるようになっても「子供の面倒が大変で在宅ワークがこなせない」など色々問題がでてきます。

主婦 副業 デザイン

デザインをするには集中力が必要なので環境を整えることが1つの課題になってきます。単純作業のような仕事と違うので環境はクリエイターにとっては命取りになります。

その前提を踏まえて結論だけを先に話しますが、未経験の主婦がこれからWEBデザインの勉強をして副業にする1番の方法は主婦向けのデザインスクールに通うことです。通うと書きましたがオンラインで自宅で学ぶスクールが一般的です。

理由に関してこれから説明していきますが、デザインはスーパーの販売員やコンビニのレジ打ちとは違います。通常人生の前半すべてをかけて学ぶものなので、独学でサクッと勉強できるようなものではありません。

それでも主婦がWEBデザイナーになれたりするのには理由があるのです。他のデザイナーには基本的になれません。WEBデザイナーだからなれるのです。そこを念頭においてこれからの解説を読んでいただけると助かります。

2.主婦向けのデザインスクールで学ぶのがおすすめの理由

まず通常の人はどのようにデザイナーになるのかを説明していきます。

通常デザイナーになるには学生の頃から必死に勉強して超高倍率な受験を受けて美大に合格し作品作りをして、その作品を持って面接にいき採用されればデザイナーになります。

みんなデザイナーになる為に高い学費を払って青春を捨ててまで勉強してデザインのセンスを磨くのです。

30代 転職 未経験 デザイナー
通常のデザイナーになるまでの道のり

若い頃から何年もデザインに時間を費やして、ようやく面接にたどり着いてプロのデザイナーになります。そこまで頑張ってもプロのデザイナーになれない人がゴロゴロいるような世界です。

そんな人たちに混ざってデザインを副業にしていくのは、そもそも大変です。それを独学でなんとかなると考えている人はデザイナーになるのがどれだけ大変かを知らない人でしょう。

ちなみに私もそんな1人でした。スクールにも通わず独学からデザインをはじめましたが、まったくデザインが出来ませんでした。

結局プロに教えて貰って有名な会社の仕事をするようになり、5年ほど働いてようやくある程度のデザインができるようになりました。

独学のままなら一生稼ぐことなんて出来なかっただろうなと思います。

そんな厳しいデザイン業界ですが、唯一デザインスクールを利用すればWEBデザイナーになって稼ぐことができます。

理由はこのあと話しますが、「デザインスクール→稼ぐコツや就職のコネを習得→WEBデザインで稼げる」この流れ以外で大人になってからデザイナーとして稼ぐのは相当ハードルが高いです。

  • ①主婦専用のWEBデザインスクールはメリットが大きい
  • ②WEBデザインは業界が人材不足
  • ③美大にいく学生でWEBデザイナーを目指している人が少ない
  • ④WEBデザインはトレンドの移り変わりが早い

①主婦専用のWEBデザインスクールはメリットが大きい

主婦 副業 デザイン
画像はFammより引用

✔︎主婦専用のデザインスクールのメリット

  • 子供を気にせず勉強できる
  • 参加している他の人も主婦で子持ちの未経験が多い
  • 仕事を受注するまでサポートしてくれる

主婦専用のWEBデザインスクールなら子供がいても集中できる環境を整えることができます。忙しい主婦のために1ヶ月の短期と決めているスクールが多いのも特徴です。

さらにデザインスクールを卒業することでプロのデザイナーになれる可能性が格段に上がります。

デザインで副業するといっても週2,3日だけ企業に勤めて働く人や在宅で仕事をする人など様々ですが、企業に勤める場合はデザインスクールを卒業していることが採用の条件の1つになることが多いです。

例えば求人サイトで未経験でも応募できるデザイナーの求人があったとしても、応募条件として専門学校やスクールを卒業していることが必須になる場合があります。

独学の場合はここで引っかかって面接を受けることすら出来なくなるので、スクールを卒業するとそこをパスできるのも大きなメリットです。

✔︎主婦専用のWEBデザインスクールのデメリット

  • 費用がかかる(ベビーシッター付きの場合はさらに高額)
  • 短期で学ぶので基礎しか学べない

費用がかかるのはスクールなので仕方ありません。

予算が気になる場合は主婦専用のスクールではなく、もっと費用の安いオンラインで受けれるデザインスクール(例:ヒューマンアカデミー/月額3,000円〜)でもいいでしょう。

ちなみに上記のスクールは実績のある有名なスクールで年間19,000名が学んでる学校なのでおすすめです。

②WEBデザインは業界が人材不足

主婦 副業 デザイン

今はWEBデザインの仕事が溢れていて仕事を発注しやすかったり、WEBデザイナーの求人が多い状況です。コロナも後押しとなっているので、この傾向はしばらく続くでしょう。

1度スキルさえ身につけてしまえば、あとはセンスを磨くだけで仕事に困ることはないので安心です。

③美大にいく学生でWEBデザイナーを目指している人が少ない

そもそもWEBデザイナーを目指すなら情報系の学校にいきます。

WEBデザイナーはデザイナーというよりプログラマーに立ち位置が近いので、デッサンや作品作りができなくても仕事をこなすことができます。

もちろんいいデザイナーになるならデッサンや作品作りは必須ですが、時間のない主婦がデザイナーを目指すなら実践しながらセンス磨くしかありません。

④WEBデザインのトレンドの移り変わりが早い

どのデザインもそうですが、必ずトレンドがあって今のデザインは古くなっていきます。

WEBデザインは特にそのサイクルが早いので後から参入しても新しいトレンドを学んでいるというメリットがあります。

3.未経験から主婦がWEBデザイナーになれた実際の例

主婦専用のデザインスクールの口コミや実績を見てみると未経験からデザイナーになれた人やフリーランスとして副業で稼げるようになった人の口コミが見れます。

スクールの口コミを見ることで自分と同じような状況の人が卒業後どのような生活をしているのかがわかるので自分の将来を想像しやすいです。

✔︎口コミの一例

『 短期間でもキャリアチェンジは可能』

今はずっと憧れだったWEBデザイナーとして活動できていて、毎日が本当に楽しいです。

デザインスキルを身につけた今は、場所や時間を選ばずに仕事ができるようになりました。

SHElikes卒業生 千葉 はなさんのコメント

在宅Webデザイナーとしての基礎と自信

専門学校などでWebデザイン講座はたくさんありますが、多くは数ヶ月のコースがほとんどです。

小さな子供がいると、病気などの突発的な事態でスケジュールも左右されるために、長期の予定を立て辛く、通いづらいと感じてしまう部分もあります。

Fammのスクールは1ヶ月と短期でありながら、講師の手厚い指導や、未経験者にとって学びやすいカリキュラム、オンラインでの質問対応など、Webデザイン未経験者でも安心して学べる環境が整っていて、予定の心配もせずに徹底的にWebデザインの基礎を学ぶことができました。

Famm卒業生 芝 悠子さんのコメント

4.主婦専用のデザインスクールに通うメリットとデメリット

ここからは主婦専用のデザインスクールに通うメリットとデメリットについて説明していきます。

①主婦専用のデザインスクールのメリット

  • ⑴子供と一緒に学べる
  • ⑵デザインで仕事をするための知識やスキルを最低限学べる
  • ⑶プロのデザイナーになれる確率が格段にあがる

⑴子供と一緒に学べる

主婦 副業 デザイン
画像はFammより引用

子育て中の主婦が1番ネックになるのが子供をどうするかです。

主婦専用のWEBデザインスクールではシッター制度がありますが、子供をシッターに預けるのが心配な人は子供と一緒にオンラインで講座を受けるという選択肢もあります。

他にも主婦ならではの悩みを共有するためにコミュニティがあったりと主婦がWEBデザインを学ぶのに最適な環境を提供してくれます。

⑵デザインで仕事をするための知識やスキルを最低限学べる

当然ですがデザインの教育機関なのでデザインに必要な最低限の知識が学べます。最低限と書いたのは本来デザインはもっと時間をかけて学ぶものだからです。

美大を受ける予備校生の勉強時間は1日12時間です。美大に入ってからも作品作りやデザインに関して毎日勉強します。それを4〜5年人によってはもっと勉強しているので、デザインスクールに通った程度では全然勉強が足りません。

ただ主婦の場合はそんな1日12時間も時間を取れないので、主婦専用のデザインスクールでは最低限だけ学んであとは実践で学びながら仕事をするというスタイルをとっています。

⑶プロのデザイナーになれる確率が格段にあがる

主婦 副業 デザイン

主婦が副業するといっても在宅でするか企業に勤めるかは個人の選択ですので自由に選択すれば良いのですが、個人でなかなか稼げないとなった時は企業に勤める選択肢も必要になってきます。

デザイナーの求人サイトでは未経験不可の求人がほとんど。そんななか未経験OKの場合でも専門学校やスクールの卒業を条件にしている場合が多いです。

独学の場合、まずここにひっかかって面接を受ける機会をもらうこともできませんが、デザインスクールを卒業したらその心配はありません。

さらにデザインスクールではお仕事サポートがあり働く企業を紹介してもらえたり、フリーランスになる方のための実績作りとしてはじめの仕事をお願いしてくれるスクールもあるので、スクールは卒業したけど仕事がないといった事態をなるべく防いでくれます。

②デザインスクールのデメリット

  • ⑴費用がかかる
  • ⑵実践でデザインレベルが足りずに悩む
  • ⑶最低限のことしか学べない

⑴費用がかかる

学校である以上はお金がかかってきます。

自分の予算に合わせたスクール選びが必要になってきますが、予算がない人でも国の補助金を使ってスクールに通えば低予算で通えるので安心してください。(補助金が使えるスクールの例:ヒューマンアカデミー/月額3,000円)

国の補助金とは教育訓練給付金制度ですが、これはスクールや受講したいコースによって使えないこともあります。

補助金が使えるかどうかはスクールやコースによって変わってくるので自分がいきたいスクールにこの制度が適用されているか確認してみてください。

教育訓練給付金制度に関してはヒューマンアカデミーのサイトで詳しく説明してくれています。

ヒューマンアカデミーは教育訓練給付金制度が使えるスクールなので興味があれば確認してみてください。

⑵実践でデザインレベルが足りずに悩む

30代 転職 未経験 デザイナー

これは必ずあると思います。例えば僕の働いていたデザイン事務所でも何人かいましたが、『デザインが出来ないと感じてデザイン事務所を退職したり』『デザイナーから営業に転身したりする』人がいます。

ちなみに僕の後輩はデザインが出来ずにクビになってしまいました。

美大を卒業した人は自分の作品を評価されることに慣れていますが、そうではない人が仕事で自分の作品を酷評されるとカナリきついものがあります。

私も新人の頃、取引先の編集長にデザインを酷評され、どれだけ悪いデザインかをメールで社内の人間すべてに送られたことがあります。今思い出しても精神的にキツイです。。。

デザインが出来ないのに仕事でやらなければいけないというのは本当にキツイです。だからみんな逃げ出してデザインを諦めてしまいます。

ですのでデザインスクールで自分の作品をしっかり講師の方に見てもらうのがおすすめです。自分の作品を見られることに慣れておくと、仕事で酷評付きの修正が入っても普通に対応できるようになります。

⑶最低限のことしか学べない

デザインスクールでは仕事ができる最低限までしか教えてくれません。まぁ基礎を学べるだけでも独学より断然いいなのですが、きっちり学ぼうと思えば専門学校に通う必要があります。

主婦が専門学校に通うことはあまり一般的ではありませんし、そもそも忙しくて通えません。若い人に混じって学ぶ勇気もいります。学費もデザインスクールの比ではないので現実的ではありません。

デザインは基本が大事なので、最低限のルールとソフトの使い方や言語などを覚えれば後は自分の学ぶ姿勢の問題です。

スクールを卒業してぐんぐん伸びる人もいれば、努力しないで伸び悩む人もいます。基礎以外のことは結局自分次第です。

あと美大や専門学校ではデッサンや自分の作品作りに多くの時間を使いますが、そのあたりのスキルはWEBデザインに限ってはなくてもやっていけます。

もちろんデッサンもやった方がデザインセンスは伸びますが、とりあえず副業で稼ぎたい位のレベルならやりながらでも勉強すれば良いと思います。

デッサンは本でも勉強できます。おすすめのデッサン本をまとめた記事をあげておくので、デッサンを学びたいと思っている方はどうぞ⬇

5.子育て主婦がWEBデザインで副業するための1番いい方法の結論

ここまで説明してきたように子育て主婦がWEBデザインで副業するためには主婦専用のWEBデザインスクールでデザインを学ぶのが1番の方法です。

あとはどんなスクールを選ぶかです。

①子育て主婦に1番おすすめのWEBデザインスクール

社会人 デザイン スクール

1番のおすすめはSHElikesです。

副業やフリーランスのためのお仕事サポートがついて、予算も現実的な範囲です。(SHElikes月5回プラン/月額8,167円〜)

クリエイター転身率97%で実績もしっかりしていて、自分がなりたい未来像に合わせてコースを組み合わせることができるので、自分が学びたい部分だけを効率よく学べます。

例えば、WEBデザインで副業してちょっとでも家計の足しにしたいぁと考えているなら

  • WEBデザインコース
  • 副業・フリーランスコース

上記の2つを組み合わせたりできます。いくら組み合わせても月額の料金が変わらないので、たくさん学びたい方はたくさんのコースを受けることができます。

授業を無料で体験することもできて無理な勧誘も一切ありません。体験だけでやめても大丈夫です。それだけ自信があるということなので、気になる方は無料体験を試してみてからの方が安心です。

SHElikesの無料体験はこちら→https://shelikes.jp/

②子供を預けたい主婦に1番おすすめのWEBデザインスクール

web デザイン スクール 社会 人

子供を預けて勉強に集中したい方は、シッターサービスのあるFammがおすすめです。

Fammは子育てのママのためのサービス支援をしている会社なので、どこのデザインスクールよりもママのことに詳しいです。

さらにプロのベビーシッターが子供を預かってくれるので安心して勉強に集中することができます。

子供が心配なママのためにシッターさん常駐のキッズスペースが設置してあるので、いつでも子供の姿を確認することができますし、講義スペースで一緒に参加することもできます。

1ヶ月の短期スクールで負担を極力減らそうと考えてくれています。

スクールでは通常離脱する人がでてきますが、Fammではなんと離脱者が0人なのでスクールを受けたけど納得できないといったことが起こりません。

教室は全国にありますが、教室に通うのはちょっと抵抗があるという場合はオンラインで受講することもできます。

ホームページやyoutubeでもFammのスクールについて調べればでてくるので、どんな感じなのか入る前に色々調べたい方にはおすすめです⬇︎

Fammの詳細はホームページで確認してみてください→https://famm.us/ja/school

上記2つの主婦専用のWEBデザインスクールに関しては別の記事でまとめているので詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。ここでは書ききれないサービスやメリットについても書いています⬇︎

webデザインスクール 主婦

③予算が少ない主婦に1番おすすめのWEBデザインスクール

予算が少ない人にはオンラインで学べるデザインスクールがおすすめです。

web デザイン スクール 社会 人

自宅で学べるので子供を見ながら勉強できます。

子供の世話をしながら勉強をするのは大変なので何か対策が必要です。「親に世話をお願いする。誰かに子供を見てもらう。子供が静かになるようゲームやおもちゃを用意する。」など工夫しましょう。

予算が少ない人におすすめのデザインスクールはヒューマンアカデミーです。国の補助金がおりて月額3,000円から受講できます。

国が補助金を出すスクールは限られているので、デザインスクールを選ぶ時のひとつの基準にするといいと思います。

④WEBデザイン以外を学びたい時

デザインで副業したいけど、WEBデザインはそこまで興味ないという人もいるでしょう。そんな人はWEBデザイン以外の講座があるスクールを選ぶのがおすすめです。

先ほど紹介したヒューマンアカデミーではWEB以外にも様々な講座があります。キャラクターデザインやイラストの講座、グラフィックデザインの講座もあります。

WEBに比べると難易度は格段に上がりますが、自分が1番やりたいと思うものでなければ続かないので自分の好きなデザインを学ぶのがいいと思います。

この辺は生活との兼ね合いがあるので、一刻も早く稼ぎたい場合はWEBデザインの方が良いでしょう。

そんなオンラインのデザインスクールを他にも記事にまとめているのでオンラインで受講したいという方はこちらの記事を見て自分にあったデザインスクールを探してみてください⬇︎

デザイン オンラインスクール

6.デザインスクールを卒業したあとはどうすればいいの?

副業でデザインするにしてもデザインスクール卒業後の動きは人によって変わってきます。

大体の流れを解説していくので、フリーランスで注意しなければいけないデザインの賠償責任のことや就職できる確率が上がる求人サイトについて今から解説していきます。

  • ①スクールが仕事場を紹介してくれる
  • ②フリーランスとして働く
  • ③自分で職場を探す

①スクールが仕事場を紹介してくれる

スクールによっては就職先を斡旋してくれる場合があります。通常ではなかなか未経験からデザイナーに就職することは難しいのですが、コネがあるスクールなら企業との繋がりがあるので可能です。

もし紹介してくれるといった話が出た場合は子供を保育所に預けるなども視野に入れて考えることをおすすめします。プロのデザイナーになれるチャンスはなかなかありません。

プロとして数年働くだけで、その後のキャリアは安泰です。

逆にデメリットもあります。

自分で就職先を選べないことです。紹介してくれる会社が良い会社ならいいのですが、未経験が欲しいような会社は大手ではないのでブラックの可能性もあります。

ちなみに電通のニュースでも有名になりましたが、デザインなどのクリエイティブな職場は日本ではブラック率が高いです。

だいぶ改善されましたが、基本はブラックと頭に入れておいてください。

そこも考えて今後のキャリア選択すると良いと思います。(このあとの「③自分で職場を探す」で会社の選び方についても解説します。)

②フリーランスとして働く

フリーランスで働く場合のメリットをお話します。

  • ⑴どこでも自由に働ける
  • ⑵子供の体調や急な予定に合わせてスケジュールを変更できる
  • ⑶工夫次第で大きく稼げる

⑴どこでも自由に働ける

どこでも自由で働けるのは、みんな憧れますよね。空いた時間で好きな場所で働ける。それがフラーランスのいいところです。

今はクラウドソーシングサービスが充実しているのでネット上で個人が仕事を受注することができます。

クラウドソーシングサービスではCrowdWorksが有名ですが、初心者の主婦にはココナラがおすすめです。

主婦 副業 デザイン

ココナラは他のクラウドソーシングサービスより初心者に使いやすく設計されているので、はじめて使う方におすすめのサービスです。

ただ単価はCrowdWorksの方が高い傾向にあるので慣れてくればCrowdWorksに移行するかスケジュール管理ができるなら併用しても良いでしょう。

⑵子供の体調や急な予定に合わせてスケジュールを変更できる

お子さんがいる場合はどうしても仕事より子供を優先しなければいけない場合があります。そんな時に仕事のスクジュールを自分で調整できるのは大きいです。

会社だとどうしても他の同僚に気を使うので、人に頼みごとをしずらい性格の人は自分でスケジュールが管理できる方がのびのび仕事できるのでフリーランスになって家で仕事をする方が合うでしょう。

⑶工夫次第で大きく稼げる

主婦 副業 デザイン

これは副業というかデザイン自体の話ですが、デザインができると色々な働き方ができます。

例えば私は自分のオリジナルブランド(FOX FOUND)を持っていてamazonなどのECサイトで販売していますが、商品ページや商品のタグ、商品そのものなどすベて自分でデザインしています。

そういった物販だけでなく、PIXTAなどの素材サイトでデザイン素材を販売したり学べばいくらでも仕事にできます。

✔︎副業で働く場合のデメリット

  • ⑴仕事が受注できない
  • ⑵仕事の単価が安い
  • ⑶賠償責任を個人で負わなければいけない

⑴仕事が受注できない

これはあるあるですが、実績のないデザイナーに仕事を頼んでくれる人はなかなかいません。なんの工夫もしなければ本当にデザインを学ぶだけで終わりです。

しかし子育て主婦におすすめしたSHElikesなどのデザインスクールでは、実績を作るために卒業後にはじめの仕事を依頼してくれます。

出品ページや作品集に自分の実績を1つ載せるだけでも反応はまったく変わってきますので、そういったサービスを利用して仕事の受注にいかすのがおすすめです。

SHElikesなら副業でどうやって稼いでいくかも教えてくれるので、受講するなら稼ぎ方に関してもしっかり学んでおくことをおすすめします。

⑵仕事の単価が安くてあまり稼げない

クラウドソーシングサービスの中にはプロや飛び抜けてうまい人もいます。そんな中に素人が入って仕事を取るには価格の単価を下げるしかありません。

もちろん実績と評価を積み上げたり、自分のファンや顧客を増やすことでだんだん単価は上がっていきますが今すぐ稼ぎたい人にはあまり向いていません。

そんな人には自分の生活スタイルに合わせて週2〜3で会社に勤めながら副業する方法がおすすめです。

デザイナーとして会社に勤める方法に関しては後ほど解説しますが、デザイン業界に関して何も知らない人がいきなり勤めれるほどデザインの世界は甘くありません。

ただ私の知っている限りの知識でデザイナーにつける確率がもっとも高い方法をあとで紹介するので、会社に勤めることも視野に入れている人は読んでみてください。

⑶何か失敗した時の賠償責任を個人で負わなければいけない

TVで主婦がフリーランスですごく稼いでると話題にもなってるので、フリーランスに憧れている方が多いですがTVはデメリットに関しては話しません。

うまくいった人のことばかり話して失敗した人のことは話さないのです。

まずデザインで何かミスした時には賠償責任があります。

ある大手の中華料理店の上部にあるポスターの依頼があって制作したのですが種類も多く全国に店舗があるので数が多い仕事です。

ポスターを何千枚も印刷してから気づいたのですが、サイズが間違っていて店舗から額に入らないと報告がありました。

後ほど調べると依頼内容を伝えにきた広告代理店がサイズを間違えて伝えていたのです。もちろん制作側で賠償することになりました。賠償額は数百万…結局関係した会社で折半しました。

上記のようなことが個人で起これば最悪破産まであります。ここまでいかなくても賠償額が何十万なんていうのはたまにある話なので、気軽にフリーランスが儲かるというTVは個人的にはどうかと思います。

素人の場合「どういった場合に賠償が発生するのか」「何に注意しなければいけないか」が分かりません。

企業に勤めてプロのデザイナーを何年か経験すれば失敗もするし会社で教育されるので「ここが危ない」とか「ここのデータは絶対触らない方がいい」などがある程度わかるようになるので危険を回避することができます。

そんなこと言っても会社に今から勤めてがっつりプロとしてなんて働けないという主婦の方がほとんどでしょう。そんな人にはフリーランス専用の保険に入っておくのがおすすめです。

「保険とかお金がかかるし」と思っている方もいるでしょうが、GMOがフリーランス向けに無料の保険を出しています。副業を考えている方は絶対に入っておきましょう。

気になると思うので先に保険が無料の理由を話しておきます。

上記の保険を利用するにはフリーナンスの口座を開設してクラウドソーシングなどで稼いだお金を受け取る口座に指定する必要があります。

自分がいつも使っている口座ではないので使いづらいというデメリットがありますが、その分保険料を節約できるのは大きいです。

口座開設も無料で一切お金がかからないので保険にお金をかけたくない方にはおすすめです。

保険のことは重要なので少しだけフリーナンスについて解説します。

✔︎フリーナンスのメリット

  • ⑴あんしん保証(損害賠償保険)
  • ⑵無料の保険
  • ⑶即日支払い(早めにお金が必要になった時に先に支払ってくれる)

⑴あんしん保証

無料の保険なのにしっかり保証してくれるので、事故があった時にも安心です。

主婦 副業 デザイン

⑵即日支払い

フリーランスで仕事がしたことがない人は理解しずらいかも知れませんが、デザインしてクライアントが受け取ってもお金がすぐに振りこまれるわけではありません。

振込みされる時期は基本的に決まっているので、今やった仕事の収入が来月、再来月になることもあります。そんな時にフリーナンスの即日支払いサービスを利用すれば手数料がかかりますが、すぐにお金を受け取ることができます。

主婦 副業 デザイン

ただ即日支払いサービスは手数料がかかるので、個人的には相当お金に困っている時以外は使わなくていいかなと思います。そんなサービスがあるんだと知っているだけで、ピンチを乗り越えられることがあるので頭の片隅にはおいてください。

フリーナンスに関して詳しく知りたい方は別記事で紹介していますので、フリーランスを考えている方は見ておくことをおすすめします⬇︎

フリーランス サービス

②会社に勤めて働く場合

子供を預けるなどして会社に勤める場合はデザイナーの求人が見つかりやすいサイトで求人を探さなければ見つかりません。(デザイナーの求人が見つかるサイトはマイナビスタッフですが後ほど解説します。)

スクールを卒業すればデザイナーとして勤められるわけではありません。それでも工夫すればデザイナーとして働くことができます。

私個人の考えですが、まずは会社に勤めてプロのデザイナーとして働くことをおすすめします。

今から会社に勤める場合のメリットとデメリットを説明していくので、それを見た上で会社勤めできる状況のかたは就職を目指すかフリーランスにするかを考えてみてください。

会社に勤めるメリット

  • ⑴プロとしての実績ができる
  • ⑵収入が安定する
  • ⑶大失敗しても会社が責任を負ってくれる

⑴プロとしての実績ができる

この恩恵は相当大きいです。企業によりますが、企業が担当する仕事と個人の仕事ではデザインする商品やサービスの大きさが違います。

例えば私の場合は過去に任天堂のマリオオデッセイの壁面パネルデザインなどを担当しましたが、フリーで仕事をしていて「マリオオデッセイのパネルデザインを担当しました。」といって実績を見せるとクライアントも安心して仕事をお願いしてくれます。

担当した壁面パネル

こういった有名企業の仕事は企業でないと発注できません。それにプロとして実績があるだけで転職もしやすくなります。それは今読んでいるあなたも分かるのではないでしょうか?

なんかよくわからないフリーランスのデザイナーが書いているブログ記事より大手の仕事をこなしてきた実績のあるプロのデザイナーの記事の方が信頼できると思います。

それとある程度実績を積んで年収1,000万円以上を目指したいとなった時にプロとしての実績が必ず必要になってきます。

デザイナーが1,000万円以上稼ぐ方法はまだ知らなくて良いと思いますが、知識として知っておきたいかたは別記事で紹介しているので、この記事を読んだあとに時間があるなら読んでもいいと思います⬇︎

デザイナー 収入

⑵収入が安定する

なんのためにデザインを学ぶかというと基本は稼ぐためです。それなのに副業を始めたのはいいけど「仕事がこない」「安定しない」となると本末転倒でお金だけが消えることになります。

デザインをするためのデザインソフトも無料ではありません。ですので理想は週2.3で会社で働きながら副業でデザインをして副業が安定してきたら会社をやめるという流れがベストです。

私の周りで独立後も安定して働いている人はこのやり方が多いです。ただ主婦の場合は夫の収入の額にもよるので夫の稼ぎが安定してるなら初めから副業に集中した方が早く副業で稼げるコツを掴める可能性があります。

⑶大失敗しても会社が責任を負ってくれる

私を含め多くのデザイナーが失敗を経験したことがあると思います。「入稿データを作るときの注意点、著作権の問題」などデザイナーは多くのことに注意して仕事しないといけません。

新人の頃はなにも分からずに失敗することが多いです。会社では怒られますが収入には影響ありません。会社のお金で失敗を経験できるのです。

ただ個人では失敗がそのまま破滅に繋がる可能性があるので、保険にも入らずに仕事をしているならギャンブルと変わりません。デザインには賠償責任が生じることを必ず頭に入れておいてください。

未経験からフリーランスをやるなら先ほど紹介した無料の保険(フリーナンス)に最低限でも入っておきましょう。自分にあった保険が他にあるならその保険で構いません。賠償責任の保証があるものでしたら問題ありません。

✔︎会社に勤めるデメリット

  • ⑴自由が効かない
  • ⑵そもそも採用されない
  • ⑶未経験の主婦に厳しい

⑴自由が効かない

子育て主婦にとって1番大事なのは子供の時間を取れるかどうかです。会社に勤めると収入が安定するのですが、時間が拘束されます。

先にいっておきますが、デザイン業界は女性の割合が多い上に育休なども取りやすい業界です。理由としては女性でデザインができる人は会社にとって貴重だからです。

昔の取引先の女性もよく育休で休んでいましたが、会社全体でフォローするので職場復帰もしやすい業界です。化粧品とか女性特有のデザインはやはり男性は敵いませんからね。

子供の時間をとるために週3日くらいの会社を見つけるとか、フルリモートの会社を見つけることができれば良いのですが実績がない人を良い条件で雇ってくれる会社は少ないのが現状です。

ただ私の友人は未経験から少しだけ会社で働いてあとはフルリモートという条件で現在働いてるので可能性はあるので探してみてください。後ほど未経験でもデザインの求人が見つかるおすすめの求人サイト(マイナビスタッフ)について紹介します。

⑵そもそも採用されない

主婦 副業 デザイン

もともとデザイナーは狭き門です。何十年も勉強してきた人がプロになれないような世界ですが、はじめに説明した通りWEBデザイナーなら可能性はあります。

求人の見つけかたさえ知って入ればなんとかなる可能性があるので、のちほど未経験のデザイナーのための求人サイトについて書いているので読んでみてください。

⑶未経験の主婦に厳しい

ある程度実績があれば女性にはかなりやさしい業界ですが、逆に実績がなければ相当厳しいです。今の時代はまだマシですがデザインには納期があるので締め切り間際などは私生活を捨てて仕事をする状況も多々でてきます。

大手の会社なら他の社員がフォローしてくれるのですが、大手は美大出身の新卒か相当実績があるひとでないと入社できません。

未経験の人は中小企業が限界でそうなると1人のデザイナーへの負担はかなり大きいです。経営者の立場からすると子供の面倒を見なければいけない主婦はなかなか雇いにくいのが現状です。

知り合いに保育園に子供を預けて働くママもいますが、保育園の費用と自分が働く給料が相殺されて何の為に働いているかわからないという話を聞きます。

そういう現状も踏まえて生活とのバランスを考えて、どこに比重をおくのか最終的に自分はどうなりたいのかを考えてデザイナーとしてどう稼いでいくかを考える必要があります。

先ほども説明しましたが個人的に生活が一番安定して将来につながる働き方は週2.3で働きながら副業をするのが1番良いと考えています。

そして未経験がプロのデザイナーとして働くには求人を見つけるコツを知っていれば確実にプロとして働ける可能性は上がります。

今からそのデザイナーの求人を見つける方法について解説していきます。

7.未経験の主婦がデザイナーの求人を探す方法

クリエイティブ専用の求人サイトはいくつか存在しますが、代表的なものでいえばマイナビクリエイターなどが有名です。ちなみにマイナビクリエイターはデザインの実績がある人向けのサイトです。

ですが素人ではどこのサイトが未経験向けの求人サイトでどこが実績のある人向けの求人サイトかはわかりません。

実はあまり知られていないですが、未経験がデザイナーの求人を探せるサイトは1つしかありません。

もちろん他の求人サイトでもデザイナーの求人は探せるのですが、未経験のデザイナーの求人に絞っていて求人数も他のサイトに比べて断然多いのがマイナビスタッフです。

デザイナー 未経験 求人

上記のグラフを見てもらえればわかりますが、クリエイティブの求人数は圧倒的です。

ただ自分に合う求人はどこの求人サイトにあるのか分からないので、マイナビスタッフで探しつつ他の求人サイトも併用すると確率があがります。

未経験者におすすめの求人サイトは別記事で紹介しているので、デザイナーとしての就職を考えているかたは確認してみてください⬇︎

デザイナー 転職 サイト

8.この記事のまとめ

  • 子育て主婦がデザインを副業にするには、まず主婦専用のデザインスクールに通うのがおすすめ
  • おすすめのデザインスクールはSHElikes
  • 予算がない場合はヒューマンアカデミー(月額3,000円〜)がおすすめ