【イラストや写真素材を販売する方法!】副業におすすめの素材販売とは?

おすすめの素材販売サイト解説記事のトップ画像 デザイナーになるには
ナカジ

この記事では素材販売について解説しています。

  • 素材販売ってなに?
  • クリエイターにおすすめの副業は?
  • 自分で撮影した写真や描いたイラストを販売したい!

そんな方にイラストや写真を販売して副業にできる素材販売について解説していきます。

素材販売とは?

素材販売とは、イラストや写真を素材サイトにアップして販売する仕事です。

まずは素材サイトの仕組みについて解説していきます。

素材サイトの仕組み

素材サイトは自分がアップロードした素材が購入されれば売上が受け取れるサービスです。

素材が購入されたら売れた額の数%〜数十%が報酬として入金されます。

素材 販売

実際に素材サイトで販売されている写真がこちらです↓

有料素材のおすすめの画像素材

報酬率:22%〜
最低入金額:1,068

素材販売をはじめる/

素材の販売価格は下記のような価格帯が多いです↓

イラスト 写真 販売

写真やイラストの需要は多く、デザイナーや教師、編集者など色々な人が素材を購入しています。

私も仕事柄よく素材を購入するのですが、今月だけでも20点近くの素材を購入しました。

最近では音楽や動画の販売も盛んで、趣味を仕事にしたい人にも人気です。

素材販売におすすめのサイトは?

ここからは素材を販売できるおすすめの素材サイトを紹介していきます。

この記事で紹介している素材サイトでは、月に数十万円〜数百万円稼ぐ事も現実的に可能です。

そこまで到達するには、なかなか大変ですが、イラストや写真が趣味の人なら今まで作成したものを販売できるので、意外とすんなり収入を得られるかもしれません。

Adobe Stock

おすすめの有料素材サイトadobestockの写真素材

報酬率:33%〜
最低入金額:3,750

\素材販売をはじめる/
AdobeStockのクリエイター登録

ナカジ

Adobe Stockは、初心者におすすめの素材サイトです。

素材の著作権が自分にあるので、他の素材サイトでも同じ素材を販売できます。

最低報酬率33%と高いので、はじめに登録するサイトにおすすめです。

shutterstock

シャッターストックのふきだし素材

報酬率:15%〜
最低入金額:35ドル

\素材販売をはじめる/
クリエイティブ販売パートナ登録

ナカジ

shutter stockは、世界最大の素材サイトです。

販売作品数3億6000万点と2位のAdobeStockの6000万点と比べても規模が桁違いです。

写真やイラストの他に音楽やエフェクトも販売できます。

最低報酬率は15%ですが、画像の販売数や出品数によって報酬率は40%まで上がるので、たくさん出品するほど収入は上がっていきます。

素材の著作権が自分にあるので、他のサイトでも同じ素材を販売できます。

PIXTA

有料素材のおすすめのイラスト素材

報酬率:22%〜
最低入金額:1,068

\素材販売をはじめる/
PIXTAのクリエイター会員登録

ナカジ

PIXTAは日本の素材サイトです。

英語は分からないし、海外サイトは不安。という方はPIXTAがおすすめです。

素材の著作権が自分にあるので、他のサイトでも同じ素材を販売できます。

最低報酬率は22%ですが専属契約を結んだり、素材をたくさん販売してランクを上げれば最大58%まで報酬率が上がります。

素材販売で大きく稼ぎたい人におすすめのサイトです。

ACワークス(イラストACなど)

ナカジ

ACワークスは無料の素材サイトです。

報酬は格安ですが、素材がダウンロードされやすく審査も通りやすいです。

著作権を譲渡しないといけないので、他の素材サイトで同じ素材を販売できません。

他の素材サイトで売れない素材や審査に通らなかった素材を販売するのにもおすすめです。

素材を販売する手順

素材を販売する具体的な手順を解説していきます。

この記事ではAdobe Stockでの素材販売の手順を解説していますが、他の素材サイトも同じような手順なので参考にできると思います。

Adobe Stockで素材を販売する方法

⑴まずはAdobe Stockのサイトでクリエイター登録をしてください。ちなみに登録は無料なので、安心してください。

おすすめの有料素材サイトadobestockの写真素材

報酬率:33%〜
最低入金額:3,750

\素材販売をはじめる/
AdobeStockのクリエイター登録

⑵登録後ダッシュボードからアップロードをクリック

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

⑶青い丸円の中に販売したい画像やファイルをドラッグ&ドロップする

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

⑷アップロードページにて、ファイル形式、カテゴリー、入力言語について記入していく(赤線で囲った部分)

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

画像に人物が写ってる場合は『特定できる人物またはプロパティですか?』の質問に「はい」をしてモデルリリースを提出する必要があります。

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

モデルリリースとは、写真の被写体が写真を公表することを許諾する書類のことです。

モデルリリースのダウンロード

素材販売サイト adobe stockのモデルリリース

報酬率:33%〜
最低入金額:3,750

\モデルリリースをダウンロードする/
AdobeStockのモデルリリース解説ページ

⑹次にタイトルとキーワードを設定します。
キーワードはカンマで区切って記入しましょう。提案キーワードから選ぶこともできます。

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

素材を購入する人はキーワードで画像やイラストを検索するので、キーワードは素材に合ったものをしっかり書いておきましょう。

キーワードをできる限り記入しておくことが、売上をあげる重要なポイントです。

⑺すべて記入し「審査に提出」ボタンが緑に変われば、ボタンをクリックする

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

⑻素材を選択している状態で「提出」をクリックすると素材の審査に進み、審査に合格すれば販売がスタートします

素材販売サイト adobe stockで素材を販売する方法

素材の審査には1日〜10日ほどかかります。

販売が却下される場合のほとんどは解像度不足やピントのズレなので、画像販売の場合は、カメラの性能をしっかり調べて購入しましょう。

iPhoneでも最新のものなら、却下されることも少ないと思います。

素材作りに必要なもの

素材販売では動画や音楽も販売できますが、この記事では写真とイラストを作成する為に必要なものを紹介していきます。

写真販売に必要なもの

素材サイトで写真を販売するには解像度の高い写真が撮れるカメラが必要です。

iPhoneなどのスマホの写真でもいいのですが、解像度が低いと大きいサイズの素材を販売できないので利益が低くなります。

ちなみに僕が使っているのはCanonの一眼レフですが、入門用で使いやすいのでおすすめ↓

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10

このカメラで撮影した写真↓

素材 販売
画像はInstagramより引用

イラストの販売に必要なもの

ナカジ

イラストにはペイントソフトが必要です。

販売用のイラストが描けるおすすめのペイントソフトをいくつか紹介しておきます。

CLIP STUDIO PAINT PRO

Adobeのペイントソフト一覧

素材販売が副業におすすめの理由!

  • 素材をアップするほど資産になる
  • 購入者とのトラブルがない
  • 素材の販売が自動

素材をアップするほど資産になる

素材販売の1番のメリットは働いていない時にも収入が発生することです。

さらに素材を作るほど自動的に入る収入も増えるので、やればやるほど成果がでます。

購入者とのトラブルがない

クリエイターの仕事にはリスクがつきものですが、素材販売にはリスクがありません。

例えばデザイナーの場合は、デザイン提出後にイメージが違ったり、仕事のミスで損害賠償が発生することがあります↓

素材 販売

その点、素材販売ならクリエイターは素材をアップした後は放置でも大丈夫なので上記のようなトラブルがありません。

仕事も自分のペースでできるので副業にピッタリです。

素材の販売が自動

素材販売では素材サイトが自動で素材を販売してくれるので、作った後は売れるのを待つだけです。

時間がある時に素材を作ってアップするだけなので収益化がラクにできます。

素材販売で稼ぐ方法まとめ!

素材販売は、イラストや写真を素材サイトにアップして販売する仕事です。

素材をアップするだけで自動的に報酬が入ってくるので、場所を選ばずに仕事をしたい人にはピッタリの仕事でしょう。

✔︎関連記事はこちら

絵が上手くなるイラスト勉強法の記事のトップ画像
プロのデザイナーが使うデザインソフトをまとめた記事のトップ画像
ココナラの稼ぎ方の記事のトップ画像