【デザイナーって稼げないの?】デザインで安定して稼ぐ方法!

デザイナー 稼げない デザイナーになるには
ナカジ

この記事はデザインで稼ぐ方法をまとめた記事です。

  • デザイナーって稼げないの?
  • デザインで稼ぐ方法を知りたい!
  • どの職種のデザインが1番稼げるの?

そんな方にデザインで稼ぐ方法や働き方を解説していきます。

デザイナーって稼げないの?

デザイナーも就職すれば一般の社員と給料は基本的には同じです。

ナカジ

就職するなら収入に関して心配することはないでしょう。

問題はフリーランスです。

基本的にデザイナーがフリーランスになる時は、就職して何年か働いて実績や繋がりができてから独立する流れが多いです。

そういった人はフリーランスになる前に地盤が固まっているので困ることは少ないでしょう。

ただ実績がない人がいきなりフリーランスになるのは大変です。

仕事の流れも分からないでしょうし、ツテも無いので多くの人が失敗して再就職することになります。

そうならないように、この記事では初心者がデザインで稼ぐ方法やコツを解説していきます。

よければ参考にしてください。

まずはデザイナーの実績を積む

デザインで稼ぎたいと思うなら、まずはプロになって実績を積むことをおすすめします。

仕事の流れやコツも学べますし、何よりプロの現場で仕事をすることでセンスを磨けたり、難しい処理なども一通り学べます。

ただプロのデザイナーになるには、いろいろ勉強することがあります。

勉強の仕方は社会人と学生で変わってくるので、プロになるためのデザインの勉強方法は別記事を参考にしてください。

フリーランスのデザイナーが稼ぐ方法

実績のない初心者の場合、はじめから対人でデザインすることは避けた方がいいでしょう。

ナカジ

知識やセンスが足りないと問題が起こりやすいからです。

初心者におすすめの稼ぎ方を順に紹介していきます。

初心者デザイナーにおすすめの稼ぎ方

素材販売

まずは素材販売がおすすめです。

素材販売は、素材を作って販売する仕事です。

上記のような素材を作って、素材サイトを使って販売します。

販売できる素材は、デザイン・イラスト・写真・動画など何でも販売できます。

ナカジ

リスクも無く、はじめるのにお金もかかりません。

趣味で撮影した写真でも販売できるので、はじめにやる仕事としてはかなりおすすめです。

素材販売については別記事におすすめのサイトや必要なものをまとめているので、確認してみてください。

デザイン中級者におすすめの稼ぎ方

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスは、WEB上で不特定多数から仕事を受けれるサービスです。

フリーランスといえば頭に思い浮かべる人が多いサービスですが、安定して稼げるようになるまでにはかなりの時間がかかります。

ただコンペ形式といって、たくさんの人からデザインを募集して選ばれたデザインに対価が支払われるサービスがあります。

デザインを選ぶのはクライアントなので、トラブルも少なく勉強にもなるのでおすすめです。

クラウドソーシングサービスについても別記事におすすめをまとめているので、興味があれば参考にしてみてください。

デザイン上級者向け! 年収1,000万円超えできる稼ぎ方

デザインだけで年収1,000万円以上を目指すなら、案件紹介サービスしかありません。

案件紹介サービス

案件紹介サービスは、フリーランスのデザイナーと企業を繋いでくれるサービスです。

数ヶ月や年単位で雇用契約を結んで働きます。

ナカジ

メリットは安定することと高年収なことです。

企業との間に専属のアドバイザーがはいるので、不満があればすぐに改善してくれます。

デメリットというか条件ですが、基本的にプロの実績がないと仕事は紹介してくれません。

だからプロとして働いていて独立を考えている人におすすめのサービスです。

案件紹介サービスに関して詳しく知りたい方は別記事を参考にしてください。

上記以外でもデザイン事務所を立ち上げれば可能ですが、ただのデザイナーがフリーで1000万円以上もらうのは中々難しいです。

デザインを利用して自分で仕事を作ったり、工夫した働き方が必要です。

例えば自分でブランドを立ち上げたり、オリジナルのサービスを作るといいでしょう。

デザインを使ってモノやサービスを販売する

デザインができるようになるとWEBサイトが作れたり、商品ページを自分で作れるようになります。

ナカジ

そうなるとモノやサービスを販売する際の金銭的リスクが下がります。

自分でデザインできるので、デザイン費用がかからないからです。

今はSTORESなど0円から商品やサービスを販売できるネットショップもあります。

0円ではじめれるので、リスクも少なく商品が売れてくれば、もっと便利な有料プランに切り替えられるのでおすすめです。

STORES

stores

フリー:0
スタンダード:2,178

\STORESで販売したい!/
無料でネットショップをはじめる

フリーランスのデザイナーになる方法と注意点

仕事が取れればフリーランスのデザイナーになれますが、デザインには著作権問題やミスで大損害を被るようなことがあります。

何も知らずにデザインを仕事にすると色々問題が起きる可能性が高いです。

ナカジ

会社の社員なら損害は会社が肩代わりしてくれますが、個人では全責任が自分に降りかかります。

もしフリーのデザイナーとして稼げるようになりたいなら、案件の取り方まで教えてくれるスクールで学ぶのがいいでしょう。

オススメは、女性専用スクールのSHElikesです。

SHElikes

web デザイン スクール

月々:10,047
料金:60,280

\オンラインで試してみる!/
無料体験レッスンはこちら

SHElikesではフリーランスを目指す女性のコースが豊富にあってコスパもいいのでおすすめです。

ただ女性専用なので男性でも学びたいという方は、おすすめのデザインスクールを別記事にまとめているので参考にしてみてください。

フリーのデザイナーにおすすめのサービス

ナカジ

フリーランスでもっとも大きな問題が保険です。

特にデザインなどの損害賠償が発生する可能性のある仕事は保険が必須です。

ただはじめから保険にお金をかけることができる余裕のある人はほとんどいないでしょう。

そんな人におすすめなのが、無料で入れる保険フリーナンスです。

この保険は僕自身も入っているおすすめの保険です。

フリーナンス

フリーナンス

★★★★★
利用料:0

\無料の損害賠償保険に入りたい!/
フリーナンスの無料会員登録はこちら

  • 最高5,000万円の保証
  • 請求書を即日現金化
  • 自己負担金0円

稼げる職種のデザイナー

ゲームデザイナー

今もっとも年収が高いデザイナーはUX/UI・3DCG系のゲームデザイナーです。

ナカジ

年収が高い理由はゲームアプリの会社が今1番儲かっているからです。

ただ3DCGのソフトはグラフィックデザインソフトなどに比べて5倍〜10倍の値段がするので気軽に勉強できません。

ですが学生の場合は無料で使えますし、社会人でもスクールに通えば無料で使えます。

3DCGをお得に学ぶ方法

社会人が3DCGを学ぶならデジハリのデザインスクールがおすすめです。

ナカジ

デジハリは3DCGに強く、ソフトも無料で使えるのでお得に学べます。

デザイン 稼げない

★★★★★
月々:6,500円〜/一括:322,300
(3DCGクリエイター講座 8ヶ月)

\無料で資料がもらえる/
デジハリの資料請求はこちら

  • 奨学金制度あり
  • 完全オンライン制
  • 無料で3DCGソフトが使える

デザインで安定して稼ぐ方法まとめ

ここまで解説してきましたが、デザインで安定して稼ぐには就職するのがおすすめです。

ナカジ

何の実績もなしにいきなり独立してもうまくいかない可能性が高いからです。

いきなりフリーのデザイナーとして稼ぎたいなら、リスクのない素材販売からはじめるのがおすすめです。

✔︎他にも役立ちそうな記事はこちら

ポートフォリオとは
デザイナー 未経験 求人
副業 女性