面白い・センスあるキャッチコピー5選で学ぶ【コンセプトの作り方】

デザイン

1.コンセプトとは?

「誰に?」「何を?」「どうやって?」提供するのかを決めることです。

2.キャッチコピーの例とコンセプト

①カラダにピース。

出典カルピス公式サイト

▶︎カルピスコンセプト

「おいしく、健康に役立ち、ピュアで自然に由来し、家計を圧迫しないこと。

誰に?:世界中の人に
何を?:健康・平和・笑顔を
どうやって?:乳酸菌飲料で

誰かを待つ時間。美味しいコーヒーがあれば、誰かを想う時間になる

https://www.instagram.com/p/Bva7VZOHsrH/?utm_source=ig_web_copy_link

▶︎スターバックスのコンセプト

職場でも自宅でもない第3の空間を

誰に?:特別な空間を必要としている人に
何を?:職場でも自宅でもない第3の空間を(サードプレイス)
どうやって?:コーヒーと美しい店舗で

みんなのキゲンがよくなれば、きっと世界はうまくいく。

出典グリコ公式サイト

▶︎グリコのコンセプト

「おいしさと健康」

誰に?:みんなに
何を?:健康・平和・喜びを
どうやって?:グリコのお菓子のおいしさで

出典inゼリー公式サイト

④人生は夢だらけ

出典youtube

▶︎かんぽ生命のコンセプト

簡易な手続きで、国民の基礎的生活手段を保障する

誰に?:頑張る人に
何を?:困った時に生活を支える役目を
どうやって?:保険で

⑤10秒チャージ、2時間キープ

▶︎ウイダーinゼリーのコンセプト

「いつでもどこでも、短時間で小腹が満たせてエネルギーや栄養素が補給できるゼリー」

誰に?:忙しい人やスポーツマンに
何を?:エネルギーやビタミンを
どうやって?:片手で手軽に摂取できるゼリー飲料で

3.コンセプトの作り方

コンセプトを作るには「誰に?」「何を?」「どうやって?」を明確にしなければ人には伝わりません。

①誰に?

コンセプトを作る際はペルソナを作ることをオススメします。

ペルソナとは?
ターゲットの「性別・年齢/ライフステージ/価値観/これまでの人生経験/悩み/こだわり/何を一番大切だと感じているのか/何を実現したいと考えているのか」などを把握・類推し、あたかも「目の前に現れて話し始めるかのように」詳しく人物像を描き出すこと

出典Mission Driven Brand

つまりペルソナとは、ターゲットの人物像をかなりくわしくイメージすることです。

例えば、ウィダーinゼリーの場合のペルソナは

30歳独身の広告代理店勤務の営業マン 激務で朝ご飯を食べる時間もなく自分の健康に関しても心配している プレッシャーのかかる案件を多く抱えているが、なんとか元気にこなしていきたいと考えている 休日はストレスと運動不足解消の為にジムに通っている

とかいった感じでしょうか?これに人物像のイラストや写真があればイメージがより浮かんで良いと思います。

じゃあこの人の問題を解決するようなモノやサービスについて考えようっていうのが次の何を?です。

②何を?

バリバリ仕事をこなすには、エネルギーが必要です。それなのに時間がなくて朝食も食べれない。

じゃあ10秒で食べれる栄養がとれる朝食を作ろう。

③どうやって?

10秒で食べるには硬いものは厳しいから食べやすいゼリー状のものにしよう。カンタンに持ち運べるパックがベストだね。

ってことでウィダーinゼリーのコンセプトの完成です。

「いつでもどこでも、短時間で小腹が満たせてエネルギーや栄養素が補給できるゼリー」


以上がコンセプトの作り方でした。もっと詳しくいえば「市場に必要とされているか」などのマーケティングも必要でしょうが、基本的な考え方は、

「誰に?」「何を?」「どうやって?」を明確にすることです。

コンセプトをもっと詳しく勉強したい方はこちらの書籍がオススメです⬇︎