【未経験からイラストレーターになる!】新卒におすすめの就活の方法とは!?

イラストレーター 未経験 デザイナーになるには

この記事では新卒や未経験者がイラストレーターになるために1番いい方法を紹介していきます。

  • イラストレーターになるにはどうすればいいの?
  • 未経験者でも就職できるの?
  • 採用されやすい就活の方法はあるの?

そんな方にイラストレーターになるためのオススメの就活や学習方法を解説していきます。

1.未経験からイラストレーターになる!

デザインソフト無料体験

よく勘違いされますが、イラストレーターの求人に書いている未経験でも応募可能っていうのは

ナカジ

一般的な職業の未経験可とは意味が全く違います。

クリエイターの求人の未経験可というのは

ナカジ

美大などで勉強はしてきたけど、社会での実績がないという人も応募してOKということです。

学生

なんの知識も実力もなく未経験から会社が育ててくれるんだ!

と思っている人がたまにいますが、そんなことはありません。

ナカジ

そういった人は認識を改めなければいけません。

クリエイターになるには、学生の頃から何年も絵の勉強をして受験を乗り越え

ナカジ

知識とスキルと学歴を身につけて就活にのぞみます。

何年も勉強する理由はそれくらい勉強しないと仕事ができないからです。

ナカジ

だから企業はそういった勉強してきた人を採用します。

クリエイターの学歴はしっかり学んできた証でもあります。

ナカジ

企業が欲しいのは生徒ではなく一緒に働く仲間です。

クリエイターの仕事はコンビニのアルバイトみたいに少し学べば身につくものではありません。

ナカジ

何年もかけて学ぶ必要があるからみんな美大や学校で学ぶのです。

だからイラストレーターなどのプロのクリエイターになるには

ナカジ

学校に行く必要があります。

できれば有名美大を卒業できればいい就職先に就ける確率が高くなります。

この辺は一般企業とそれほど変わりません。

2.美大卒以外にイラストレーターになる方法は?

学生

じゃあ美大以外の大学を卒業したりした人が、社会人から中途採用される方法はないの?

そんなことはありません。

美大に比べれば就職率はだいぶ下がりますが、

ナカジ

戦略を持って学習と就活をすることでイラストレーターになることはできます。

①美大以外の人がイラストレーターとして就職するには?

疑問

なんの知識も実力もない人が就職するのは不可能なので、まずは勉強しなければいけません。

ナカジ

勉強方法は専門学校やスクールに通った上で、さらに独学することをオススメします。

学校に通う理由は勉強の他にも学校独自の就職サポートがあるからです。

美大以外の人が就職するには

ナカジ

学校の就職サポートをフルに使わないと就職できる可能性はかなり低いです。

独学も併用して行う理由は専門学校やスクールの勉強だけでは、とても仕事ができるレベルにならないからです。

特にほとんどのスクールは仕事ができる最低ライン(主にソフトの使い方)くらいまでしか教えてくれません。

お金がなくて働かないといけない場合でも

ナカジ

働きながら学べる学校が今は豊富なので、そういった学校を選びましょう。

例えば実際にオンラインスクールで学んでいる社会人のスケージュールを見てみると↓

上記はWEBデザインの生徒ですが、仕事以外はみっちり勉強に使っています。

こんな感じで働きながら学ぶ必要がありますが、これくらい頑張る気にならないとイラストの仕事にはつけません。

そしてイラストレーターといっても『商業用のイラスト』や『ゲーム・アニメのイラスト』などで学習する内容や就職先も変わってきます。

なりたい職種が定まっていないのでしたら、

ナカジ

いろんな学校の作品を見て学ぶ先を決めてください。

いくつかイラスト系の講座を紹介するので、自分にあったものがあるか確認してみてください↓

上記はキャラクターデザインやゲームデザインなどですが、もっと商業系のイラストレーターをやりたい方は

ナカジ

独立して有名になるしかありません。

基本的に商業デザインとかに使われるイラストは独立している有名なイラストレーターが手がけることが多いです↓

上記のような本の表紙などがやりたいなら

ナカジ

自分のイラストレーターとしての認知度をあげていく必要があります。

イラストレーターの認知度の上げかたに関しては別記事に書いているので参考にどうぞ↓

3.イラストレーターに就職するコツはあるの?

デザイン オンライン スクール

①採用に重要なものはポートフォリオ

学校やスクールで学んだ方はわかると思いますが、

ナカジ

イラストレーターに就職するにはポートフォリオが必要です。

これがなければほぼ100%書類審査には通りません。

もしポートフォリオを知らないのでしたら、別記事に実際の合格者のポートフォリオなどを載せているので参考にしてください↓

ポートフォリオのクオリティが高くないと企業には採用されないので、

ナカジ

しっかり学校の先生や企業の人事担当にアドバイスをもらいましょう。

企業の人事担当にアドバイスをもらう方法はこれから紹介します。

②イラストレーターの就職活動には専用のアドバイザーが必要

依頼

イラストレーターの就職活動を普通の求人サイトで行なっても就職できる確率は低いです。

ナカジ

イラストレーターはクリエイター専用の求人サイトを使って就職活動をする必要があります。

おすすめは下記の2つのサイトです。

クリエイター専用の求人サイトを使う理由は、

ナカジ

専門のアドバイザーが就職をサポートしてくれるからです。

はじめに言いましたが、クリエイターの就活は特殊です。

一般的な求人サイトの担当者では

ナカジ

ポートフォリオのアドバイスなどがもらえません。

やはり専門のアドバイザーがいるクリエイターだけの求人が集まったサイトで就活するのがもっとも効率が良いです。

先ほど紹介したマイナビクリエイターでは就活イベントをよく開催します。

未経験でも参加できるイベントがあるので、それに参加して企業の人事と接点をもち

ナカジ

ポートフォリオのアドバイスをもらえると採用率はさらにあがるでしょう。

4.イラストレーターに必要なソフトは?

デザイナー

イラストレーターに必要なソフトはやりたい内容によって変わってきます。

最低限下記のソフトは使える必要があります↓

上記のソフトはイラストレーターになるなら必須なので、

ナカジ

使ったことがない方は無料体験できるので触ってみることをおすすめします。

さらにゲームデザインなどで3DCGなども描きたいなら

なども必要ですが、上記のソフトは高価なので本格的にやりたいと思ってから購入する方がいいと思います。

ちなみにデジハリに入学すれば無料で使えるので、

ナカジ

3DCG系がやりたいならデジハリがお得です。

ソフトについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ↓

5.未経験からイラストレーターになる!まとめ

ポイント

はじめに書きましたが未経験からイラストレーターになるために1番いい方法は

ナカジ

有名な美大・芸大を卒業することです。

『どんなイラストを描きたいのか』『どんな仕事に携わりたいか』によって就職先は変わりますが、

有名美大を卒業していればどんな会社にも就職は決まりやすい

ナカジ

基礎能力も充分に鍛えられているので、社会に出てからも成長していけると思います。

今まで美術系の道に進んでいない人が社会にでてからイラストレーターになりたいと思ったら、

『専門の学校やスクールに通う』か『副業としてイラストを仕事にして徐々に知名度をあげる』のがおすすめです。

ナカジ

どちらにしろ勉強はかなりしないといけません。

ただクリエイターの仕事はやりがいがあるので頑張る価値はあると思います。頑張ってください。

✔︎この記事のまとめ

✔︎関連記事はこちら

イラストレーター 仕事 取り方
デザイナー イラストレーター 違い
デッサン 本 おすすめ
ポートフォリオ 参考
ポートフォリオとは
ポートフォリオ 作り方 デザイナー