【はじめてのイラレ】Illustratorのダイレクト選択ツールの使い方

Illustrator ダイレクト選択ツール ツール

この記事はIllustratorのダイレクト選択ツール使い方についての記事です。

  • Illustratorダイレクト選択ツールの使い方を知りたい
  • ダイレクト選択ツールでオブジェクトを変形できない時の対処法は?

そんな方に向けて、分かりやすいように数秒の動画をつけてやさしく解説していきます。

1.Illustratorの選択ツールとは

ダイレクト選択ツールはオブジェクトの一部を選択するのに使うツールです。

ダイレクト選択ツールはツールパネルにあります。

2.ダイレクト選択ツールのショートカットキー

選択ツールのショートカットキーは「A」です。

Illustratorの画面でキーボードのAを押すと選択ツールに切り替わります。

3.ダイレクト選択ツールの使い方

①オブジェクトを変形する

オブジェクトのアンカーポイントを選択しドラッグする。


②複数のアンカーポイントを選択する

選択したいアンカーポイントをドラッグで選択する。


③アンカーポイントを削除する

アンカーポイントを選択し、deleteキーを押す。


④アンカーポイントを繋げる

繋げたいアンカーポイントを選択し、キーボードのcommandを押しながらJを押す

4.変形できない時の対処法

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを変形できない時は、バウンディングボックスを表示すると変形できるようになります。

メニューバーの表示からバウンディングボックスを表示を選択する。

※バウンディングボックスのショートカットキーは「command+shift+B」(mac)です。

Illustratorの画面でキーボードのcommandとshiftを押しながらBを押すとバウンディングボックスの表示と非表示を切り替えることができます。

5.選択できない時の対処法

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択できない原因は2つあります。

  • レイヤーにロックがかかっている
  • オブジェクトにロックがかかっている

①レイヤーのロックを解除する

レイヤーパネル鍵マークをクリックするとレイヤーのロックが解除されます。


②オブジェクトのロックを解除する

メニューバーのオブジェクトからすべてをロック解除を選択するとロックが解除されます。

※すべてをロック解除するショートカットキーは「command+option+2」(Mac)です。

Illustratorの画面でキーボードのcommandとoptionを押しながら2を押すとオブジェクトのロックを解除することができます。

6.アンカーポイントが表示されない時の対処法

オブジェクトを選択してもアンカーポイントが表示されない時があります。

※この時はオブジェクトを選択しても、選択できないような状態になります。

通常はこのようにアンカーポイントが表示されている

そんな時は境界線が隠れているので、表示させると解決します。

境界線を表示させる

メニューバーの表示から境界線を表示を選択すると、通常通り選択できるようになります。

※境界線の表示のショートカットキーは「command+H」(Mac)です。

Illustratorの画面でキーボードのcommandを押しながらHを押すと境界線の表示・非表示を切り替えることができます。

7.選択ツールとダイレクト選択ツールの違い

選択ツールとダイレクト選択ツールの違いは別記事にて解説しています。

選択ツールとダイレクト選択ツールの違いの記事はこちら

選択ツール ダイレクト選択ツール 違い

8.まとめ

  • ダイレクト選択ツールはオブジェクトの一部を選択するのに便利
  • アンカーポイントの調整に使える
  • アンカーポイントが表示されていない時は、メニューバーの表示から境界線を表示を押す