【カンタン解説!】 Illustratorのオブジェクトとは?

Illustrator オブジェクト Illustratorの使い方


この記事はIllustratorのオブジェクトについての記事です。


  • Illustratorのオブジェクトってなに?
  • Illustratorを使い始めたばかりで用語がよく分からない・・・

そんな方にIllustratorのオブジェクトについて、短い動画を使ってやさしく解説していきます。




※0円でIllustratorの講座を体験してみる

これからIllustratorを学ぼうと考えている方は、Illustratorも学べるヒューマンアカデミーのWEBデザイナー入門講座で基礎を学ぶ方が早いかも知れません。ヒューマンアカデミーでは無料の体験セミナーがあり講座を無料で体験できるので、これを使って基礎を学ぶのもありですね。

ヒューマンアカデミーのWebデザイナー講座

(※Illustrator・Photoshopの講座も含まれています。)






Illustratorのオブジェクトとは?

オブジェクトとはカンタンに言えばIllustratorであつかう全てのモノのことです。

例をあげると下記のモノをIllustratorではオブジェクト呼びます。

  • 文字
  • 画像
  • パス
  • 図形



① 文字

Illustratorでは文字のことをテキストオブジェクトと呼んだりもします。

Illustrator オブジェクト
文字



② 画像

Illustrator オブジェクト
画像



③ パス

Illustrator オブジェクト
パス



④ 図形

Illustrator オブジェクト
図形



⑤ イラスト

Illustrator オブジェクト
イラスト(出典:ババアさん

以上がIllustratorのオブジェクトについての解説でした。




「Illustratorのことをもっと勉強したい」そんな方は、逆引き辞典や入門書を読みながらIllustratorを操作するのがおすすめです。


Illustratorの勉強に便利なオススメの本を3冊紹介しておきます。




Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

逆引き辞典は僕が初めて入社したデザイン事務所でも常に最新版が置かれていて、WEBで調べても出てこないマニアックなことは逆引き辞典で調べていました。




Illustrator しっかり入門 増補改訂 第2版 【CC完全対応】[Mac & Windows 対応]

Illustratorを始めたばかりの方は、まだ何が分からないかすら分からずにWEBで検索することも出来ないので順序立ててやさしく説明してくれる入門書はうってつけです。




デザインの学校 これからはじめる Illustratorの本[2020年最新版]


無料で参考書を読む方法

無料で参考書を読みたいという方はKindle Unlimitedがオススメ!


amazonの読み放題サービスは、Kindle Unlimitedは30日間無料体験つきの電子書籍読み放題サービスです。

※ちなみにKindleはアプリさえダウンロードすれば、タブレットがなくてもスマホで本を読むことができます。


Kindle Unlimitedで無料で読めるオススメの本は、やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本です⬇︎




▼関連記事はこちら