【勉強すればなれる!?】30代の未経験がデザイナーに転職する方法

30代 転職 未経験 デザイナー デザイナーの就職・転職

この記事では業界未経験の30代がデザイナーに転職するには、どうすればなれるのかについて解説していきます。

  • 30代の未経験者がデザイナーになるには厳しいって聞いたけど本当?
  • どうやってデザイナーを目指したらいいか分からない
  • デザイナーになるのに必要なモノってあるの?

そんな方に向けて、30代の未経験者がデザイナーに転職するための方法を解説していきます。

1.30代で未経験からデザイナーに転職する方法はたった1つ

Shota Nakaji / 中地 章太
30代の未経験者がデザイナーに転職する確実な方法は1つしかありません。そもそもデザイナーになるのは難しいのです。30代未経験ならさらに難しいです。

ただそんな30代未経験でもデザイナーになれる確実性のある方法を紹介していくので絶対デザイナーになりたいという方は少し長いですが読んでみてください。

通常デザイナーになるには学生の頃から勉強をして美大に合格し作品作りをして、その作品を持って面接にいき採用されればデザイナーになります。

聞いたことがあるかも知れませんが、デザイナーの面接には職務経歴書と履歴書以外にポートフォリオが必要です。

ポートフォリオ 参考
ポートフォリオの例(画像はビビビットより引用)

ポートフォリオはデザイナーの面接でもっとも重視されるものです。(ポートフォリオとは自分の作品集やPRをまとめたものです。どんなものか気になる方はこちらの記事をどうぞ→ポートフォリオの参考例の記事

本題に入りますが30代からデザイナーになるには基本的にはWEBデザイナーがもっともなれる確率が高いです。

他のデザイナーは難易度が高すぎて勉強しても転職できる可能性はだいぶ低いです。

デザイナーは狭き門です。その門をくぐるには工夫が必要です。

先に結論から話しますが未経験者がデザイナーになるための1番の方法は実績のあるデザインスクールに通うことです。

この方法が1番確実です。今からその理由について解説していきます。

どうしてもWEBデザイン以外のデザインがしたい方は、自分の求めているデザインの講座があるデザインスクールがおすすめです。

例えば

・キャラクターデザイナー→ヒューマンアカデミーのイラスト・キャラクターデザイン講座
・3DCGデザイナー→デジハリ・オンラインの3DCG・映像講座

などスクールによって受けれる講座が変わってきます。

基本的には就職しやすいWEBデザインに対応しているスクールが多いですが、上記で紹介したような実績がある有名なスクールではWEBデザイン以外の講座も幅広く扱っています。

デザインを教えるノウハウがしっかり蓄積されているからです。

2.30代で未経験からデザイナーに転職する確実な方法がデザインスクールの理由

先ほども話しましたが、そもそもデザイナーになる為に普通の人は学生の頃から必死に勉強しています。超高倍率な受験を受けて超高い学費を払って青春を捨ててまで勉強したりデザインのセンスを磨くのです。

30代 転職 未経験 デザイナー
通常のデザイナーになるまでの道のり

若い頃から何年もデザインに時間を費やして、ようやく面接にたどり着いてプロのデザイナーになります。そこまで頑張ってもプロのデザイナーになれない人がゴロゴロいるような世界です。

そんな人達と肩を並べて面接を受けて合格することがいかに難しいかが分かると思います。だから未経験者がデザイナーになれる確率は少ないのです。もしそんな人たちと面接が一緒になったら面接官は確実に学生から頑張ってきた人を採用します。

ただデザインスクールからWEBデザイナーを目指す場合に限っては事情が変わってきます⬇︎

  • ①WEBデザインの仕事が大量に溢れていて業界が人材不足
  • ②美大にいく学生でWEBデザイナーを目指している人が少ない
  • ③WEBデザインはトレンドの移り変わりが早い

①WEBデザインの仕事が大量に溢れていて業界が人材不足

人材不足の会社なら勉強不足やセンス不足でもある程度のことが出来れば採用してくれる可能性が高まります。

それでも採用してくれる可能性のある会社を探すこと自体が難しいのですが、デザインスクールだと企業を紹介してくれたり、就職・転職のサポートをしてくれたりします。

✔︎デザインスクールのサポートについて

デザインスクールのサポートではデザイナーに1番重要なポートフォリオを見てもらえてアドバイスをもらうことができます。

通常は学校の先生や企業の人事担当者に見てもらってポートフォリオのクオリティを上げていきますが、その機会がない未経験者はスクールでポートフォリオの添削をしてもらうしかありません。

ちなみに間違っても自分の判断でポートフォリオを提出しないでください。

高確率でチラ見されて終わりです。デザインは本当に難しいです。デザインができる人に必ず悪いところを直してもらってクオリティを上げてください。

②美大にいく学生でWEBデザイナーを目指している人が少ない

そもそもWEBデザイナーを目指すなら情報系の学校にいく可能性が高いです。

WEBデザイナーはデザイナーというよりプログラマーに立ち位置が近いので、デッサンや作品作りができなくても仕事をこなすことができます。

もちろんいいデザイナーになるならデッサンや作品作りは必須です。ですが未経験からデザイナーを目指すならそこは実践しながら磨くのが一番効率がいいです。

③WEBデザインのトレンドの移り変わりが早い

どのデザインもそうですが、必ずトレンドがあって今のデザインは古くなっていきます。WEBデザインは特にそのサイクルが早いので後から参入しても新しいトレンドを学んでいるというメリットが出てきます。

④未経験者にはWEBデザイナーがおすすめの理由

30代 転職 未経験 デザイナー

上記で説明したように未経験の30代にはWEBデザイナーがおすすめです。

10代や20代前半なら他のデザインでも今から勉強すれば間に合うのですが、30代は年齢のリミットを考えなければいけません。

ですが1度デザイナーとしての実績が作れれば転職しやすいのがデザイナーのいいところ。門が狭い分入ってしまえばあとはラクです。

実績で学べたら、その知識や経験は他の業界でも必ず役に立ちます。

WEBデザイナーのあとにグラフィックデザイナーになったりキャラクターデザイナーになったりする人もいるので自分の希望の職種がある場合は次の転職で考えるのもありです。

3.未経験からデザイナーに実際になれた例

デザインスクールの口コミや実績を見てみると未経験からデザイナーになれた人の口コミが見れます。

『 ゼロから、プロに。』

Webの知識がゼロだった私ですが、いまでは、単純にWebサイトを構築するだけではなく、クライアントにサイトを作る意義や詳細の説明がしっかりできるようになりました。

ヒューマンアカデミー卒業生 齋藤 咲さんのコメント

『 好きなデザインを仕事にしたい』

私ははじめから「プロを目指す!」と決めて受講をしていたので、ぜひ厳しめに添削をお願いしますと伝えていました。

希望通り厳しい添削をして頂きました。プロの方に自分の作品をみてもらう機会はなかなかないですからね。

デジハリ・オンライン卒業生 浦川さんのコメント

有名なデザインスクールでは0からデザイナーを目指す人が実績を残しているので、気になるデザインスクールがあったら口コミや実績をみてみてください。

自分の状況に近い人がいれば自分でも今からデザイナーになれるんだと確信がもてます。

4.未経験者がデザインスクールに通うメリットとデメリット

未経験者がデザインスクールに通うメリットとデメリットについて説明していきます。しっかり考えてデザイナーを目指すか検討してみてください。

①デザインスクールのメリット

  • ⑴デザイナーになれる確率が格段にあがる
  • ⑵プロにポートフォリオを見てもらえる
  • ⑶デザインで仕事をするための知識やスキルを最低限学べる

✔︎⑴デザイナーになれる確率が格段にあがる

デザイナーの求人サイトでは未経験不可の求人がほとんど。そんななか未経験OKの場合でも専門学校やスクールの卒業を条件にしている場合が多いです。

独学の場合まずここにひっかかって面接を受ける機会をもらうこともできませんが、デザインスクールを卒業したらその心配はありません。

さらにデザインスクールでは直接企業を紹介してもらえる場合も多いのでエスカレーター式に就職が決まる場合もあります。

✔︎⑵ポートフォリオを見てもらえる

ポートフォリオに関しても個人で制作するには限界があります。デザインが分からないのにどうやってポートフォリオの良い悪いを判断するのでしょうか?

他人なら素人でもある程度の評価はできますが、自分で自分の作品を評価するには一定レベルのセンスが必要です。デザインスクールではポートフォリオの添削は基本的にプロがしてくれるので安心です。

✔︎⑶デザインで仕事をするための知識やスキルを最低限学べる

当然ですがデザインの教育機関なのでデザインに必要な最低限の知識が学べます。最低限と書いたのは本来デザインはもっと時間をかけて学ぶものだからです。

美大を受ける予備校生の勉強時間は1日12時間です。美大に入ってからも作品作りやデザインに関して毎日勉強します。それを4〜5年人によってはもっと勉強しているので、デザインスクールに通った程度では全然勉強が足りません。

ですがデザインスクールの場合は、最低限だけ学んであとは実践しながら学ぶので効率はとても良いです。

②デザインスクールのデメリット

  • ⑴費用がかかる
  • ⑵実践でデザインレベルが足りずに悩む
  • ⑶自分の学びたいデザインがない

✔︎⑴費用がかかる

学校である以上はお金がかかってきます。

自分の予算に合わせたスクール選びが必要になってきますが、予算がない人でも国の補助金を使ってスクールに通えば低予算で通えるので安心してください。(例:ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座/月額3,000円)

※補助金は教育訓練給付金制度ですが、これはスクールや受講したいコースによって使えないこともあります。

せっかく使える補助金があるので自分がいきたいスクールにこの制度が適用されているか確認してみてください。

教育訓練給付金制度に関してはヒューマンアカデミーのサイトで詳しく説明してくれています。

ヒューマンアカデミーは教育訓練給付金制度が使えるスクールなので興味があれば確認してみてください。

✔︎⑵実践でデザインレベルが足りずに悩む

30代 転職 未経験 デザイナー

これは必ずあると思います。例えば僕の働いていたデザイン事務所や取引先の会社でも何人かいましたが、『デザインが出来ないと感じてデザイン事務所を退職したり』『デザイナーから営業に転身したりする』人がいます。

ちなみに僕の後輩はデザインが出来ずにクビになってしまいました。

美大を卒業した人は自分の作品を評価されることに慣れていますが、そうではない人が仕事で自分の作品を酷評されるとカナリきついものがあります。

僕も新人の頃、あまりにひどいデザインを提出して取引先の編集長にデザインを酷評され、どれだけ悪いデザインかをメールで社内の人間すべてに送られたことがあります。

そのあと徹夜で修正してオッケーをもらえたのですが、精神的にキツイものがありました。

デザインが出来ないのに仕事でやらなければいけないというのは本当にキツイです。だからみんな逃げ出してデザインを諦めてしまいます。

ですのでデザインスクールで自分の作品をしっかり講師の方に見てもらうのがおすすめです。自分の作品を見られることに慣れておくと、仕事で酷評付きの修正が入っても普通に対応できます。

✔︎⑶自分の学びたいデザインがない

30代を過ぎてから専門学校に通うことは日本ではあまり一般的ではありません。仕事をやめないといけないし、若い人に混じって学ぶ勇気もいります。

学費もデザインスクールの比ではありません。

アパレルや建築などの専門性の高いデザイナーになるのは諦めるしかありません。

もちろん過去には

  • 40歳で医者からデザイナーに転職したアルマーニ
  • アパレルの店員から自分で服を作った方がいいと思ってデザイナーになったポールスミス
  • ボクサーから建築デザイナーに転職した安藤忠雄

上記のような偉人はいますが、文字通り偉人なのであまり参考になりません。

ただデザインスクールでもある程度のデザイナーは目指すことが出来るので、自分がやりたいデザインを学べるスクールがあるか調べるのがおすすめです。

下の記事では『就職・転職に強いデザインスクール』を紹介しているので、自分にあったデザインスクールがあるか興味があれば探してみてください⬇︎

5.未経験の30代がデザイナーになる方法の結論

ここまで説明してきたように30代の未経験者がデザイナーになるためには実績のあるデザインスクールでデザインを学ぶのが1番の方法です。

『デザインスクールは費用面で心配・・・』そんな方でも厚生労働省の教育訓練給付金制度が使えるスクールを選べば低予算(月額3,000円)で受講することができます。

他にもスクールの中には指定の企業に入社するなら受講費用が0円になるスクールもあります。自分で探すのがめんどくさいといった方におすすめのスクールを紹介しておきます。

①おすすめのデザインスクール

僕の1番のおすすめのデザインスクールは→ヒューマンアカデミーです。

WEBデザイナー・動画クリエイター・キャラクターデザイナーまで様々なコースがあります。

✔︎ヒューマンアカデミーの特徴

  • 歴史と実績があるので安心できる
  • 教育訓練給付金制度が使える
  • 月々の費用が(月額3,000円〜)と安い

他にも就職サポートがあるなどメリットは色々あるのですが、それはホームページで確認してみてください→https://haa.athuman.com/

②その他のおすすめのデザインスクール

先ほど説明した指定の企業に入社することで受講費用が0円になるスクールは侍エンジニア塾です。なんとただでデザインが学べます。すごいですよね。僕のブログもただでデザインを学べるように配慮していますが、企業でそれを実現しているのはすごいと思います。

侍エンジニア塾が受講費用0円になる理由は企業と提携しているからです。企業側も人材不足に悩んでいて、デザインの知識をもっている求職者を探すのは大変です。

そこで侍エンジニア塾と提携して人材を送ってもらって企業が侍エンジニアにお金を支払っています。

だから受講者は無料で受講できて就職先も決まるのでWin-Winの関係ができています。

就職先を選べないデメリットはありますが、それよりもメリットの方が大きいです。

・お金がない
・絶対デザイナーになりたい

といった人にはとてもいいスクールだと思います。

上記のようにデザインスクールは人によって選ぶべきスクールが変わってきます。WEBデザイナーが1番なれる可能性が高いのでWEBデザイナーをおすすめしていますが、3DCGを絶対やりたいといった人もいるでしょう。

そんな人にはデジハリ・オンラインがおすすめですし、そこは個人の選択です。

社会人におすすめのデザインスクールを厳選した記事があるので、こちらで自分にあったデザインスクールを探してみてください⬇︎

  • 自分がなりたいデザイナーに今からなれるの?
  • どうやって自分のなりたいデザイナーになれるのか知りたい!

といった方は未経験からデザイナーを目指す方法の記事で各デザイナーのなり方を載せているので参考にしてみてください⬇︎

✔︎フリーランスを考えている方へ

今はココナラなどのサイトで仕事が受けれるし、自分はフリーランスでやっていくんだと考えている方も多いと思います。

試しに仕事を受けてみても良いと思いますが、高確率でクライアントに迷惑をかけます。

仕事の内容にもよりますが、『印刷に関する知識はあるのでしょうか?WEBに関する知識は?データ入稿となった際に入稿データは作れるのでしょうか?』デザインはやって終わりではありません。クライアントが使える形になってはじめて納品できます。

トラブルになって賠償責任になることもデザインの世界では多いのです。むかし僕の働いていたデザイン事務所で作成するサイズを間違えて入れる予定の場所に入らないといったことがありました。

賠償額は数百万・・・仕事に関わった全ての会社で折半して支払ったのですが、個人でそんなことがあったら最悪です。

ですので知識がないうちはフリーランスになろうと気軽に思わない方がいいでしょう。

もしどうしてもフリーランスしか道がないという人は賠償責任保険にだけは入っておいた方がいいです。保険なんてお金がかかると思うかもしれませんが、GMOが運営しているフリーナンスというサービスなら保険は無料です。

別記事で詳しく解説しているので、フリーランスになる方は読んでみてください⬇︎

フリーランス サービス

6.この記事のまとめ

  • 30代未経験がデザイナーを目指すにはデザインスクールがおすすめ
  • 未経験がデザイナーになるにはWEBデザイナーがなりやすい
  • おすすめのデザインスクールは実績のあるヒューマンアカデミー