【Illustratorの乗算の使い方!】透明パネルや描画モードを解説!

イラレ 乗算 パネル
ナカジ

この記事ではIllustratorの透明パネルの使い方について解説しています。

  • イラレの乗算の使い方は?
  • 描画モードについて知りたい!
  • 透明パネルってどうやって使うの?

そんな方にIllustratorの透明パネルの使い方と描画モードについて解説していきます。

Illustratorと画像の準備

まずはIllustratorと画像が必要です。
持っていない方は下記よりどうぞ↓

  • 7日間無料で試してみる↓
    Illustratorの無料体験はこちらから!
  • 画像を10点無料でダウンロードする↓
    AdobeStockの無料体験はこちら

乗算の使い方

⑴長方形ツールに切り替える
⑵画像と同じサイズの長方形をつくる

⑶透明パネルの描画モードを乗算に変更する

※透明パネルの表示方法は後ほど紹介。

Illustratorの透明パネルとは?

ナカジ

透明パネルには、オブジェクトの不透明度や描画モードを変更する機能があります。

カンタンに言えばオブジェクトどういう感じで透けさせるかを調整することができます↓

透明パネルはどこにあるの?

透明パネルはIllustratorのパネルにあります。

Illustrator ワークスペース

透明パネルがない場合の対処法

透明パネルがない場合は、

ナカジ

ウィンドウから透明を選択すると表示されます。

透明パネルと描画モード詳細

透明パネルでは大きく3つの機能があります↓

  • 描画モードの変更
  • 不透明度の変更
  • マスクの作成
Illustrator 透明パネル
透明パネル
Illustrator 透明パネル
透明パネル内の描画モード

描画モード

オブジェクトの透過の仕方を変更することができます。

描画モードとは重なる色の合成方法を指定する機能です。

不透明度

オブジェクトの透明度を変更することができます。

マスクの作成

オブジェクトの一部を透過させることができます。

マスクの作成(透明マスク)については別記事でも解説しています↓

イラレ 透明マスク

不透明度の調整方法

⑴オブジェクトを選択する
⑵不透明度を任意の数値にするとオブジェクトが透過される

※透過具合がわかりやすい用に長方形オブジェクトを画像の上に重ねました。

次ページからは、描画モードについて解説していきます↓