【Illustratorの長方形ツールが使えない時の対処法と使い方】

イラレ 長方形 ツール 使え ない Illustrator
ナカジ

この記事はIllustratorの長方形ツールについて解説しています。

  • 長方形ツールが使えない…
  • 長方形ツールが斜めになる…
  • Illustratorの長方形ツールの使い方を知りたい

そんな方に、長方形ツールが使えない時の対処法や使い方について解説していきます。

Illustratorの準備

まずはIllustratorが必要です。
持っていない方は下記よりどうぞ↓

Illustratorの長方形ツールが使えない時の対処法

長方形ツールが使えない時は、レイヤーパネルのレイヤーがロックされています。

レイヤーパネルでレイヤーの✔︎を外すと長方形ツールが使えるようになります。

Illustratorの長方形ツールが斜めになる時の対処法

長方形ツールが斜めになるのは、遠近グリッドになっているからです。

上記の状態になった時は、遠近グリッドを非表示にすると元に戻ります。

遠近グリッドを非表示にする方法

⑴キーボードのshift+command+Iを同時押しします。すると遠近グリッドのアイコンが消えます。

⑵遠近グリッドがなくなれば、長方形ツール通常に戻ります。

メニューバーから表示タブ > 遠近グリッド > グリッドを隠すでも正常に戻すことができます。

Illustratorの長方形ツールの使い方

長方形ツールはツールパネルにあります。

Illustrator 長方形ツール

※キーボードのMを押すと、簡単に長方形ツールに切り替わります。

角丸の長方形を作る方法

⑴長方形ツールの状態でドラッグして長方形ツールを作成する

⑵選択ツールで長方形の角を内側にドラッグすると角丸の長方系の完成

透明の長方形を作る方法

長方形の塗りを無しにする

長方形を選択し、ツールパネルで塗りの色を無しにする

長方形の透明度を下げる

長方形を選択し、透明パネルの不透明度を下げる。

長方形ツールで正方形を作る方法

shiftを押したままドラッグする

キーボードのshiftを押したままドラッグする

shift+optionを押したままドラッグする

キーボードのshiftとoptionを押したままドラッグすると、十字カーソルを中心に正方形ができる

長方形オプションで数値を入力する

長方形ツールの画面をクリックすると長方形オプションが表示されるので、数値を入力して長方形(正方形)を作る

長方形ツールが消えた時の対処法

ツールパネルをリセットする

初期状態では長方形ツールはツールパネルにあるので、ツールパネルをリセットすることで長方形ツールは戻ります。

⑴ツールパネル下部の…をクリックする
⑵すべてのツールのオプションを開き、「リセット」を押すとツールパネルが初期状態に戻ります。

長方形ツールを追加する

⑴ツールパネル下部の…をクリックする
⑵すべてのツールが表示されるので、長方形ツールをドラッグ&ドロップでツールパネルに加えると元に戻ります

上記のやり方でも長方形ツールは戻りますが、ツールの順序が変わってしまいます。

Illustratorの長方形ツールが使えない時の対処法と使い方まとめ

長方形ツールが使えない時は、レイヤーにロックがかかっていないか確認してください。

長方形ツールが斜めになっている時は、遠近グリッドを解除しましょう。

初心者

Illustratorの使い方がよく分からない。もっと勉強したい!

という方におすすめの本や講座をまとめているので、興味がある方は参考にどうぞ。

✔︎他にも役立ちそうな記事はこちら

デザイン 勉強
デザインスクール 社会人
デザイン 本