Photoshopで人物を背景に自然になじませて合成する方法

Photoshop 人物 背景 合成 基本操作

この記事では「Photoshopで人物を背景に合成したい」「Photoshopで自然になじませて合成する方法を知りたい」といった方に

Photoshopのフィルターやレイヤーパネルの描画モードを使って画像の合成が自然に見えるような合成方法について解説していきます。

1.Photoshopで人物を背景に自然になじませて合成する方法

photoshop 人物 背景 合成
完成イメージ

⑴まずは人物の背景を切り抜きます。

切り抜きイメージ

背景の切り抜き方が分からない方はこちらの2つの記事をどうぞ⬇︎

人物の背景をキレイに切り抜く方法
人物の髪の毛を切り抜く方法

⬇︎

⑵レイヤーパネルのレイヤーを右クリックして、レイヤーを複製を選択する

⬇︎

⑶レイヤーの複製先を人物画像のファイルにする

⬇︎

⑷複製してきた背景のレイヤーを選択する

⑸キーボードのcommand+Jを同時押ししてレイヤーを複製する

⬇︎

⑹複製したレイヤーを選択しメニューバーのフィルターからぼかし→平均を選択する

※平均は画像の全体の色を足して均一にする機能です。

⬇︎

⑺平均した画像を人物レイヤーの上に移動する

⬇︎

⑻人物レイヤーのサムネールを選択し、キーボードでcommandを押しながらクリックする

すると人物の形状の選択範囲が作成されます。

⬇︎

⑼キーボードのcommand+shift+Iを同時押しして選択範囲を反転する

⬇︎

(10)キーボードのdeleteキーを押して選択範囲を削除する

⬇︎

(11)レイヤーの描画モードをオーバーレイにする

⬇︎

(12)レイヤーの不透明度の%を下げて調整すれば合成の完成です。

※今回は描画モードはオーバーレイを使いましたが、画像の明るさや色味を見ながら他の描画モードがよければ他の描画モードで合成して見てください。


以上がPhotoshopで人物を背景に自然になじませて合成する方法でした。


「この記事を読んでもイマイチPhotoshopの使い方が理解できていない」「Photoshopのことをもっと勉強したい」と言う方は、逆引き辞典や入門書を読みながらPhotoshopを操作するのがおすすめです。オススメの本を3冊紹介しておきます。


・逆引き辞典は僕が初めて入社したデザイン事務所でも常に最新版が置かれていて、WEBで調べても出てこないマニアックなことは逆引き辞典で調べていました⬇︎

Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応] (ああしたい。こうしたい。)

・Photoshopの入門書は今からPhotoshopを始める方や初心者にオススメです。Photoshopを始めたばかりの方に順序立ててやさしく説明してくれる入門書を2冊紹介しておきます⬇︎

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [2020年最新版]
Photoshop しっかり入門 増補改訂版 【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

無料で参考書を読む方法

無料で1冊まるごと読みたいという方はKindle Unlimitedがオススメです。



amazonの読み放題サービスは、Kindle Unlimitedは30日間無料体験つきの電子書籍読み放題サービスです。



※ちなみにKindleはアプリさえダウンロードすれば、タブレットがなくてもスマホで本を読むことができます。



Kindle Unlimitedで無料で読めるオススメの本はやさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくPhotoshopの教本です。


▼関連記事はこちら