【Photoshopのトンボの作り方】画像にトリムマークをつける方法

Photoshop トンボ 作り方 Photoshop
ナカジ

この記事ではPhotoshopのトンボについて解説しています。

  • Photoshopでトンボを付けたい!
  • 画像の入稿データの作成方法は?

そんな方に、Photoshopを使ったトンボの作り方について解説していきます。

Photoshopと画像の準備

作業の解説に入る前にPhotoshopや画像素材のダウンロードが必要な方は、無料体験ができるAdobe公式サイトでのダウンロードがおすすめです。

Photoshopの基本操作なども無料で学べます。

  • 7日間の無料体験ができる↓
    Photoshopの公式サイトはこちら!
  • 素材を10点無料でダウンロードできる↓
    AdobeStockの無料体験はこちら

Photoshopでトンボを作る方法

Photoshopでトンボを作るもっともカンタンな方法は、プリント設定を使ってPDFで保存する方法です。

具体的な方法を解説していきます。

Photoshopのプリント設定でトンボを作る手順

⑴ファイル→プリント

⑵トンボとページ情報を開き、コーナートンボ、センタートンボにチェックを入れプリント設定をクリック

⑶左下のプルダウンメニューから、『PDFとして保存』を選択して保存する

上記の方法でトンボの付いたPDFデータが保存されているので、あとはpsdやjpegなど任意の形式で保存すれば完成です。

トンボが枠内に入らない場合は、画像サイズやプリント設定の用紙サイズを変更して調整してください。

Photoshopで画像サイズを変更する方法が分からない方はこちらの記事を参考にしてください。

Photoshopでトンボを作る必要はない

上記の方法でトンボを作成できますが、基本的にPhotoshopではトンボを作る必要はありません。

通常トンボは入稿データを作る際に必要になってきますが、入稿データを作る際に使うソフトはIllustratorです。

Illustratorでトンボを作る方法や入稿データを作る方法は別記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

Illustratorで入稿データを作る方法→記事はこちら

Photoshopでトンボを作る方法まとめ

Photoshopでトンボを作るにはプリント設定でトンボを付けてPDFに保存する方法がカンタンです。

ただ基本的にPhotoshopはトンボをつけるためのソフトではないので、トンボを付けたいならIllustratorを使った方がいいでしょう。

初心者

Photoshopをもっと勉強したい!

そんな方におすすめの本や講座を別記事で解説しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

✔︎他にも役立ちそうな記事

web デザイン スクール
デザイン 勉強
web デザイン 学ぶ
デザインソフトを無料で体験する

・AdobeのSALEページ
・デザインソフトを無料体験

『WEB・グラフィックデザイン』
・7日間無料で体験する↓
・Illustrator
・Photoshop
・InDesign

『イラスト制作』
・3ヶ月間無料で体験する↓
・CLIP STUDIO PAINT PRO

素材を無料でダウンロードする
・素材を10点無料でダウンロード↓
・AdobeStock
・shutterstock

ABOUT US

グラフィックデザイナー
関プロ(現ニューデザイン)デザイン事務所のグラフィックデザイナーとして5年間勤務。任天堂などの販促デザインを担当。退職後フリーのデザイナーに。デザイン歴は10年目。