【おすすめのグラフィックデザインソフト】グラフィックデザイナーが使うソフトは?

グラフィック デザイン ソフト デザインソフト
ナカジ

この記事では、グラフィックデザインのソフトについて解説していきます。

  • 無料のデザインソフトはあるの?
  • グラフィックデザインができるソフトは?
  • グラフィックデザイナーが使うソフトは?

そんな方に、グラフィックデザインにおすすめのソフトを紹介していきます。

グラフィックデザインにおすすめのソフト

グラフィックデザインにおすすめのソフトは主に3つです。

グラフィックデザイナーはデザインによってソフトを使い分けたり、併用しています。

デザインソフトは公式サイトで無料体験できたり、基本操作を学べるので興味がある方は公式サイトを確認してください。

Illustrator

Illustrator 無料

単体:2,728円(月額)

\7日間の無料体験はこちら/
Illustratorを無料体験する

Illustratorの公式サイトはこちら
  • レイアウト
  • ロゴ・アイコン
  • グラフィック(WEB)

Illustratorはグラフィックソフトの定番でグラフィックデザインをする時にもっとも使われているソフトです。

ナカジ

ロゴやイラスト、パッケージなどのデザインができます。

Photoshop

photoshop 無料 版

フォトプラン:1,078円/月
単体プラン:2,728円/月

\7日間の無料体験はこちら/
Photoshopを無料体験する

Photoshopの公式サイトはこちら!
  • レタッチ(画像編集)
  • バナー(WEBパーツ)
  • アート表現(ブラシカスタム)

Photoshopは、画像編集、合成、ペインティングやアニメーションなどに使われます。

グラフィックデザインでは、主に画像編集や合成に使うので画像編集の機能に関して学ぶといいでしょう。

InDesign

indesign 無料

単体:2,728円(月額)

\7日間の無料体験はこちら/
InDesignを無料体験する

InDesignの公式サイトはこちら!
  • ページレイアウト
  • 電子書籍制作
  • 文字組

InDesignはレイアウトソフトです。

ナカジ

本、電子書籍、ポスターなどに使われます。

本や雑誌のデザインがやりたいなら必須です。

グラフィックデザインにおすすめのパソコン

ナカジ

上記で紹介したソフトは、クリエイター用のパソコン以外ではスムーズに動きません。

クリエイター用といっても最近のパソコンはかなり低価格です。

もしデザイン専用のパソコンを持っていないなら、まずはパソコンを購入しましょう。

おすすめはMacBook proです。

MacBook Pro

デザイン 勉強

★★★★☆ 4.5
amazon:199,289

\解説ページはこちら/
MacBook Proの商品ページ

グラフィックデザイナーを目指すなら、WindowasよりMacがおすすめです。

グラフィックデザイナーが就職する会社のほとんどがMacを使用しているからです。

グラフィックデザインに使える無料のソフトやアプリ

無料でデザインしたいなら、デザインアプリやモバイル用のデザインソフトがおすすめです。

デザインアプリなら技術的な勉強をせずに簡単にデザインできます。

おすすめのデザインソフトはCanvaです。

Canva

canva

フリープラン:0
PROプラン:1,500円/月

\CanvaProを無料で試してみる!/
Canvaの無料体験はこちらから

Canvaならプロが作ったデザインテンプレートを使って、クオリティの高いデザインを作ることができます。

プロのデザイナーを目指すならプロ用のソフトがいいですが、自営業でポスターやDMを作りたいといった程度ならデザインの知識がなくても作れるアプリの方がいいでしょう。

プロ用デザインソフトの代わりのソフトが知りたい!

初心者

オリジナルデザインがしたいけど、有料のソフトは嫌だ!

という方は無料の代用ソフトがいいでしょう。

プロを目指す方にはおすすめしませんが、個人使用なら無料ソフトでもいいと思います。

無料でプロ用のデザインソフト使いたい

初心者

プロ用のソフトはモバイル版なら無料で使えることが多いです。

例えば有名なデザインソフトPhotoshopはモバイル版でもかなりのデザインができます。

最終的にはパソコン版のPhotoshopで仕上げた方がいいのですが、とりあえずプロ用のデザインソフトを触りたいなら、無料体験かモバイル版を使うといいでしょう。

グラフィックデザインソフトを使ったデザイン例

販促デザイン

グラフィックデザインでは、平面、立体どちらも制作します。

ポスターやロゴのイメージが強いかもしれませんが、

ナカジ

今は立体物も作れないとグラフィックデザイナーとしてやっていけません。

僕は少し前まで販促系のグラフィックデザイナーでした。

ちなみに今のグラフィックデザイナーの仕事は販促デザインがほとんどです。

ここからは僕が過去に作ったものを参考に、どんなソフトが使われたかを解説していきます。

壁面パネル

マリオ 壁面パネル

こちらはマリオオデッセイ発売時に、設置された壁面パネルです。

ナカジ

使用ソフトはIllustratorとPhotoshopです。

キャラクターやゲームの背景、ロゴなどは支給されました。

イラストや背景は『キャラククターデザイナー・キャラクターモデラー・コンセプトアーティスト』などのゲームデザイナーの仕事です。

グラフィックデザイナーはこれらの要素を使ってどのように訴求するかを考えます。

このデザインは企画段階からなので、

ナカジ

スケッチやアイデアをまとめるところから始まります↓

初期段階のラフスケッチ
マリオ 壁面パネル ラフスケッチ

上記のようにグラフィックデザイナーにはスケッチを描く能力も必要になってきます。

ナカジ

スケッチを描く能力はデッサンや遠近法を勉強すればいいでしょう。

他にもデッサンや遠近法が勉強できる本は別記事にまとめているので、参考にどうぞ。

エディトリアルデザイン

雑誌 デザイン

雑誌のデザインはエディトリアルデザイナーの仕事と思うかもしれませんが、最近ではグラフィックデザイナーが担当することが多いです。

ナカジ

使用ソフトは、主にInDesignです。

ただこのページに関してはIllustratorとPhotoshopで作りました。

通常はInDesignが必須なので、雑誌のデザインをやりたいなら勉強しておきましょう。

WEB商品ページデザイン

商品ページ デザイン

上記はECサイトの商品ページデザインです。

ナカジ

使用ソフトは、IllustratorとPhotoshopです。

商品ページのデザインは、クラウドソーシングなどで個人から受ける仕事が多いです。

他にもグラフィックデザインにおすすめのソフト

グラフィックデザイナーは、イメージパースが描けると会社に重宝されます。

イメージパースとは下記のようなものです。

おすすめのソフトはAUTOCADです。

ただグラフィックデザイナーの多くは3DのスケッチをIllustratorで描いています。

ですので、余裕がある方や3Dに興味があるなら勉強する程度でいいと思います。

AUTOCAD

デザイナー ソフト

利用料:8,800円(月額)

\30日間の無料体験はこちら/
AUTOCADを無料体験する

  • 建築・製品設計
  • 学生は無料(学割)
  • 2D作図・3Dモデリング

他のデザインソフトも別記事でまとめているので、興味があるようでしたら参考にどうぞ。

グラフィックデザインにおすすめのソフトまとめ!

グラフィックデザインにおすすめのソフトは、Illustrator、Photoshop、InDesignです。

おすすめというより現役のデザイナーが使っているソフトです。

余裕があれば3DCADソフトで、イメージパースが描けるようになると仕事で重宝されます。

初心者

デザインを勉強したい・・・

そんな方に別記事でデザインの勉強方法をまとめているので興味がある方は、そちらも参考にしてください。

✔︎他にも役立ちそうな記事はこちら

グラフィックデザイン 独学
イラスト 写真 販売
デザイン大学 おすすめ