Photoshopのワークスペース(編集画面)の名称と解説について

Photoshop ワークスペース Photoshop

この記事では「Photoshopのワークスペースの見方が分からない」


「Photoshopの参考書を読んでいてツールパネルなどの名称が出てくるが、どれがツールパネルなのか分からない」といった方に


Photoshopのワークスペースの各部名称について解説していきます。


ワークスペースの名称を覚えておかないと参考書などを読んでもさっぱり分からないと思うので、ぜひ覚えておいてください。


1.Photoshopのワークスペース(編集画面)の各部名称について

Photoshop ワークスペース
ワークスペースの各部名称

①ツールパネル

ツールパネルにはツールが格納されていて、ツールはここから選択して使います。


ツールパネル内の各アイコンを右クリックすると、そのアイコンの中にもさらにツールが隠れています。

右クリックで格納されているアイコンを表示する

②メニューバー

メニューバーではフィルターなどの効果を使用することができます。

フィルター効果を使って画像にモザイクをかける

③コントロールパネル

コントロールパネルではツールの詳細設定などができます。

コントロールパネルでブラシツールの調整をする

④パネル

パネルではパネルの使用や詳細を設定できます。

※パネル内にないパネルに関してはメニューバーのウィンドウから追加することができます。

メニューバーのウィンドウからアクションパネルを追加する

以上がPhotoshopのワークスペース(編集画面)の各部名称についての解説でした。


「この記事を読んでもイマイチPhotoshopの使い方が理解できていない」「Photoshopのことをもっと勉強したい」と言う方は、逆引き辞典や入門書を読みながらPhotoshopを操作するのがおすすめです。オススメの本を3冊紹介しておきます。


・逆引き辞典は僕が初めて入社したデザイン事務所でも常に最新版が置かれていて、WEBで調べても出てこないマニアックなことは逆引き辞典で調べていました⬇︎

Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応] (ああしたい。こうしたい。)

・Photoshopの入門書は今からPhotoshopを始める方や初心者にオススメです。Photoshopを始めたばかりの方に順序立ててやさしく説明してくれる入門書を2冊紹介しておきます⬇︎

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本 [2020年最新版]
Photoshop しっかり入門 増補改訂版 【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

無料でPhotoshopの参考書を読む方法

無料で1冊まるごと読みたいという方はKindle Unlimitedがオススメです。



amazonの読み放題サービスは、Kindle Unlimitedは30日間無料体験つきの電子書籍読み放題サービスです。



※ちなみにKindleはアプリさえダウンロードすれば、タブレットがなくてもスマホで本を読むことができます。



Kindle Unlimitedで無料で読めるオススメの本はやさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくPhotoshopの教本です。


▼関連記事はこちら

デザインソフトを無料で体験する

・AdobeのSALEページ
・デザインソフトを無料体験

『WEB・グラフィックデザイン』
・7日間無料で体験する↓
・Illustrator
・Photoshop
・InDesign

『イラスト制作』
・3ヶ月間無料で体験する↓
・CLIP STUDIO PAINT PRO

素材を無料でダウンロードする
・素材を10点無料でダウンロード↓
・AdobeStock
・shutterstock

ABOUT US

グラフィックデザイナー
関プロ(現ニューデザイン)デザイン事務所のグラフィックデザイナーとして5年間勤務。任天堂などの販促デザインを担当。退職後フリーのデザイナーに。デザイン歴は10年目。