【すぐに始められる!】初心者のためのパースの練習方法

パースの練習方法の記事のトップ画 デザインの勉強方法
ナカジ

この記事ではパースの練習方法をまとめています。

  • パースが理解できない。
  • パースが上手くなる方法は?
  • パースってどうやって練習するの?

そんな方にパースの練習方法について3D制作も担当していたグラフィックデザイナーがシンプルに解説していきます。

パースとは?

パースとは一言でいえば『遠近法』です。

デザイン業界ではパースは、『立体表現』として使われることが多いです。

例えば、「この図面のパース作って(立体におこして)」とか言われます。

パースが理解できない…

パースが理解できない人は、参考例を見ると分かりやすいでしょう。

パースの参考例

真上からパンケーキを見た絵を描くと、こんな感じで平面に見えます。

それを斜め上から描くと立体に見えます。

こうやって立体に見えるように描くことがパースです。なんとなく理解できましたか?

初心者向けのパースの練習方法

パースがざっくりと理解できたら、次に練習方法です。

パースが完全に理解できなくても、練習で描いているうちに段々と理解できるので安心してください。

早速パースを描いていきましょう。

一点透視図法の描き方

パースには色々な技法があります。

もっとも理解しやすい一点透視図法から練習していきましょう。

一点透視図法で机を描く

⑴まずは線を引いて、消失点を描く。

⑵机の側面を描き、図のように消失点に向かって線を引く。

⑶補助線内に机の側面をもう一つ描く。

⑷完成形はこちら

上記のように簡単なパースを描く練習から始めるのがおすすめです。

パースには他にも『アイレベル』や『2点透視図法』などの専門用語や技法もありますが、言葉から入ると混乱するので、参考書に描かれている方法を真似して順にやってみるのがいいでしょう。

パースが上手くなる方法

パースを上達させるおすすめの方法がデッサンです。

パースを描くのが上手い人はパースのくるいにスグに気がつきます。

それは観察力があるからです。

観察力はデッサンで鍛えることができます。

デッサンの勉強方法は別記事でまとめているので、興味がある方は参考にしてください→デッサンの勉強方法まとめ

パースを学ぶ方法

パースを学ぶ方法は色々あります。

ここからはパースを学べるおすすめの本や講座を紹介していきます。

パースについて学べる本

全くの初心者ならデッサンの基本から学べる『鉛筆一本ではじめる光と陰の描き方』がおすすめです。

鉛筆一本ではじめる光と陰の描き方

上記の本はamazonのKindle Unlimitedで無料で読めます。

会員でない人も無料体験で0円で読めるので、予算をかけずに読みたい方におすすめです。

建物&街角スケッチパース

本格的に学びたいなら『建物&街角スケッチパース』がおすすめです。

パースの基本は知ってるけど、もっと上手くなりたいという方にいいでしょう。

パースを学べる講座

パースをオンラインで学べる講座もあります。

オンライン講座は手を動かしながら学べるので、動画の方がよく学べると思う人におすすめです。

ゼロからパーススケッチが描けるようになる講座

パースの練習方法

★★★★☆ 3.9
受講料:4,900

\このコースをプレビューから!/
講座の無料サンプル動画はこちら

上記の講座ではパースの基本やIllustratorを使ったパースの描き方を学ぶことができます。

デザインの勉強の為にパースを学ぶ方におすすめの講座です。

Illustratorを持っていないなら公式サイトで1週間無料体験できるので、試してみるのもいいでしょう→Illustratorの公式サイト

建築インテリア業界に特化したphotoshop講座(初級編)

パースの練習方法

★★★(5)
受講料:3,000

\講座の詳細ページはこちら/
建築インテリア業界に特化したphotoshop講座(初級編)

上記の動画では、パースをPhotoshopで作る際のコツを直接講師(オンライン・オフライン両方可)から学ぶことができます。

パースの実践的な使い方を学びたいと思っている人におすすめです。

Photoshopを持っていないなら公式サイトで1週間無料体験できるので、試してみるのもいいでしょう→Photoshopの公式サイト

どんな職業にパースが役立つの?

パースはクリエイティブな職種のほとんどに役立ちます。

デザイナー、建築家、イラストレーター、漫画家など立体を描く職業の人には必須の知識です。

いくらデザインソフトが高度になっても使用するクリエイターにパースの知識がなければ、いい立体表現をすることはできません。

パースが使えるデザインソフト

職種別にパースが使えるデザインソフトも紹介しておきます。

  • デザイナー→IllustratorPhotoshop
  • 建築家→AUTOCAD
  • CGクリエイター→Maya
  • 漫画家、イラストレーター→CLIP STUDIO PAINT PRO

職業別に使うソフトを詳しく知りたいなら別記事を参考にどうぞ→クリエイター別デザインソフトまとめ

初心者のためのパースの練習講座まとめ

この記事では初心者がパースの練習をする為におすすめの方法を紹介しました。

なんでもそうですが、初めは難しく感じます。

まずは簡単な一点透視図法から勉強するのがおすすめです。

初心者

本格的にパースやデッサンを学びたい・・・

そんな方に、おすすめの美術予備校をまとめているので興味がある方は参考にしてください→美術予備校まとめ

✔︎他にも役立ちそうな記事はこちら

プロのデザイナーが使うデザインソフトをまとめた記事のトップ画像
無料版と有料版のPhotoshopの違いをまとめた記事のトップ画像
社会人におすすめのデザインスクールを紹介いた記事のトップ画像