【Photoshopでいい商品画像を作るには!?】商品撮影から加工まで!

photoshop 商品 画像 Photoshop
ナカジ

この記事ではPhotoshopでいい商品画像をつくる方法を解説しています。

  • 商品を撮影するコツは?
  • 商品画像を加工する方法を知りたい!
  • amazonやメルカリで売れる商品画像を作りたい!

そんな方に向けて商品撮影や画像加工の方法を紹介していきます。

1.Photoshopでいい商品画像を作るには?

疑問
ナカジ

Photoshopでいい商品画像を作るには、撮影が重要です。

いくらPhotoshopでも加工する画像が悪ければ、クオリティをあげることが難しいです。

ですので、まずは商品を綺麗に撮る方法をマスターして、

ナカジ

そのあとに画像の加工方法を学ぶのがおすすめです。

初心者

Photoshopって高いんじゃないの?

と思うかも知れませんがモバイル向けのPhotoshopなら無料のものもありますし、

ナカジ

プロ向けのPhotoshopでも月額1,078円〜です。

まずは自分に合っているか試してみるのがおすすめです↓
Photoshopの無料体験はこちら

Photoshopに関しては別記事にまとめているので参考にどうぞ↓

2.商品撮影のコツ

まとめ
ナカジ

商品撮影は使用するカメラや撮影方法によってクオリティが大きく変わります。

特に撮影時の明るさは重要なので、光量はしっかり意識して撮影してください。

ナカジ

夜の撮影はおすすめしません。

①商品撮影に使用するカメラは?

デザイン オンライン スクール

仕事で使いたくて、クオリティの高い写真が必要ならデジタル一眼レフがいいでしょう。

ナカジ

おすすめはCanonのEOS Kissシリーズです。

EOS KISSシリーズはエントリーモデルで入門者向けなので一眼レフを使ったことがなくても、カンタンにいい写真が撮れます。

ちなみに僕が使用しているカメラはEOS Kiss X9です。

このEOS Kissシリーズは使いやすく、

ナカジ

撮影後もWifiでパソコンやスマホに自動転送できるので使い勝手も抜群です。

ただ型番が古いとWifiの自動転送機能がありません。

ですので最低でも自動転送がついているEOS Kiss X8シリーズ以降にしましょう。

ちなみに現時点の最新版はEOS Kiss X10です。

ナカジ

予算が無ければ、スマホのカメラでも問題ありません。

今から解説する方法で十分いい写真は撮れます。

②商品画像の撮影方法

ガッツ
⑴三脚を使う
ナカジ

撮影には三脚が必須です。

画像にはブレの無い写真を用意しましょう。

ブレていると写真のクオリティは大きく下がります。

ナカジ

三脚を使用するだけ手ブレは無くなります。

人気の三脚でも値段はそれほどしないので、利用することをおすすめします↓

⑵セルフタイマーを使う
時間
ナカジ

商品を撮影する際はセルフタイマーを使いましょう。

三脚を使った撮影でもボタンを押す瞬間にブレてしまいます。

ナカジ

セルフタイマーを使うことで押す瞬間のブレを防ぐことができます。

さらにセルフタイマー機能を使うことで商品撮影の際に両手が空くので、1人の撮影にも便利です↓

  • 商品を支えれる
  • 角度を調整できる
⑶撮影は昼間に行う
ナカジ

商品画像は昼間の撮影がおすすめです。

カメラは光を取り込むほど綺麗に撮影できます。

一眼レフの場合は、シャッタースピードやISO感度を調整することで暗い場所でもいい画像が撮れますが、

ナカジ

スマホでは、昼間に撮影するのがいいでしょう。

光の加減で商品の影が強くなる場合はレフ板を使って影を弱めましょう↓

商品 撮影 コツ
画像はTARION レフ板より引用
⑷撮影BOXは使わない
ナカジ

撮影BOXは、同じような環境で複数の商品を撮影するには便利です。

ただクオリティの高い写真を撮るにはコツがいります。

撮影BOXにはLEDのライトが使われていることが多いのですが、

ナカジ

LEDの色味が写真に混ざり画像が青っぽくなります。

Photoshopで色味を調整しても本来の商品の色にはならないので、

ナカジ

個人的にはあまりおすすめできません。

白い背景が必要なら背景布が安くておすすめです↓

商品 撮影 コツ
画像はYAYOYA 背景布より引用
⑸複数枚撮影する
ナカジ

何枚も撮影することで写真のクオリティは上がります。

1枚だけ撮影した写真と100枚撮影した写真の1番いいものでは、クオリティにかなりの差が出ます。

2.3枚撮影しただけでは良い写真は撮影できないので、

ナカジ

必ず10枚以上撮影してみてください。

クオリティの高い写真が撮れるまで撮影を続けると、

ナカジ

Photoshopで画像を加工する際にとてもラクになります。

元の画像が悪いといくら万能なPhotoshopでも、

ナカジ

クオリティの高い画像を作ることは出来ません。

3.Photoshopで商品画像を加工する

①画像の背景を切り抜く

Photoshop 画像加工

撮影した画像の背景はPhotoshopのペンツールを使って切り抜きます。

他にも自動選択ツール被写体選択など自動でラクに画像を切り抜く方法もあります。

画像を切り抜く方法は別記事を参考にしてください↓

②Photoshopで画像の明るさを調整

Photoshopの調整レイヤーで商品画像の明るさとコントラストを調整します

Photoshop 画像加工 明るさ
Photoshop 画像加工

画像の明るさ調整に関して詳しく知りたければ別記事をどうぞ↓

4.Illustratorで画像を加工する

①商品に影をつける

ナカジ

商品画像をIllustratorに配置して影をつけていきます。

Illustratorを持っていない方は、無料体験で試してみるのもいいと思います↓

Illustratorの無料体験はこちら

Photoshop 画像加工 影

Illustratorで画像に影をつける方法を詳しく知りたい方は別記事を参考にしてください↓

ナカジ

画像に影をつけると奥行きが出て画像に立体感がでます。

Photoshopでもドロップシャドウを使えば商品に影をつけることはできますが、

僕の場合はIllustratorで影をつけるのがラクなので、Illustratorで影をつけています。

②商品に鏡面加工を施す

商品に洗練された印象を持たせたいときは、

ナカジ

Illustratorの鏡面反射がおすすめです。

Photoshop 画像加工 鏡面加工
Photoshop 画像加工

Illustratorで鏡面反射を作る方法は別記事にまとめています↓

5.商品撮影のコツ〜加工までまとめ!

ポイント
ナカジ

商品撮影には一眼レフのデジタルカメラがおすすめです。

ただスマホやデジカメでも昼間に撮影したり、三脚を使うことで、

ナカジ

いい写真を撮影することが可能です。

画像加工はPhotoshopを使って明るさを調整して、

Illustratorで影や鏡面加工を施すと、さらに画像のクオリティが上がるのでおすすめです。

✔︎この記事のまとめ

▼関連記事はこちら

フォトショップ 無料 有料 違い
photoshop 本
Illustrator 本
デザイン アプリ 無料
クラウドソーシング デザイン
フリーランス 失敗