【Illustratorのシアーツールの使い方!】シアーツールはどこにあるの?

イラレ シアー ツール Illustrator
ナカジ

この記事では、Illustratorのシアーツールの使い方を解説しています。

  • シアーツールが見当たらない…
  • シアーツールで何ができるの?
  • Illustratorのシアーツールの使い方は?

そんな方に、シアーツールを使ってできることを解説していきます。

Illustratorの準備

まずはIllustratorが必要です。
持っていない方は下記よりどうぞ↓

  • 7日間の無料体験ができる↓
    Illustratorの公式サイトはこちら!

illustratorのシアーツールの使い方

Illustratorのシアーツールは、

ナカジ

オブジェクトを傾けることができる機能です。

Illustratorで簡易的な立体を作る時や、合成する時によく使う機能です。

実際に僕が仕事で作った立体物は、ほとんどシアーツールを使っていました↓

イラレ シアー ツール
筆者の過去の制作物

上記は簡易的な立体で並行パースと言って、遠近感を無視して制作しています。

デザイナーは時間に追われることが多いので、それっぽく作るスキルも重要になってきます。

シアーツールはどこにあるの?

シアーツールはツールパネルにあります。

Illustrator ワークスペース

シアーツールが見当たらない時は、回転ツールのアイコンを右クリックすると選択できます↓

シアーツールの基本的な使い方

シアーツールは選択しているオブジェクトを傾ける機能です。

まずは傾けたいオブジェクトを選択してください。

シアーツールでオブジェクトを傾ける

⑴シアーツールでドラッグする

シアーツールで角度と方向を入力してオブジェクトを傾ける

⑴return(enter)キーを押す
⑵ウィンドウが出てくるので、
・シアーの角度
・方向
を入力する

シアーツールでポイントを中心にオブジェクトを傾ける

⑴optionキーを押しながらクリックする
⑵クリックした位置が起点になる

シアーツールで一定の角度を固定したまま傾ける

⑴shiftキーを押したままドラッグ

シアーツールを選択ツールに切り替える

⑴commandキーを押しっぱなしにする
※押している間は選択ツールに切り替わる

シアーツールを使って影を作る方法

⑴同じオブジェクトを背面にコピーする
⑵シアーツールで傾ける

シアーツールで平面を立体にする

⑴オブジェクトを選択する
⑵拡大・縮小ツールに切り替える

⑶return(enter)キーを押す
⑷ウィンドウが現れるので、水平方向90%にしてOK

⑸シアーツールに切り替える

⑹return(enter)キーを押す
⑺ウィンドウが現れるので、
・シアーの角度:10°
・方向は垂直にチェックを入れてOK

⑻ふきだしを選択する
⑼編集からコピーして、背面へペーストする

(10)背面にペーストしたオブジェクトを右上に動かす
(11)カラーパネルで黒に変更する

illustratorのシアーツールの使い方まとめ

ナカジ

シアーツールは、オブジェクトを傾けることができる機能です。

Illustratorで簡易的な立体を作る時や、合成する時によく使う機能です。

ただ立体を作るときは、機能だけではなく遠近法やデッサンの知識がないと作れません。

それらの知識もしっかり学んで立体の制作に励んでください。

おすすめの遠近法の本を1冊だけ紹介しておきます。

男性

Illustratorの使い方がよく分からない。もっと勉強したい!

という方は本や講座で学ぶといいでしょう。

✔︎他にも役立ちそうな記事はこちら

デッサン 本
イラストレーター 本
デザイン 勉強