Illustratorで線の太さを変更する方法と線パネルの使い方

Illustratorで線の太さを変更する方法と線パネルの使い方 Illustratorの使い方

この記事では「線の太さの変え方が分からない」「線に矢印をつけたい」と言った方の為にIllustratorの線パネルの使い方について解説していきます。

1.Illustratorの線パネルとは

線パネルはIllustratorの線を編集する機能です。線の幅や形状を変えたり、矢印を作成したりすることができます。

※線パネルが見当たらない場合は、メニューバーのウィンドウから線を選択すると表示されます。

2.Illustratorで線の太さを変更する方法と線パネルの使い方

①Illustratorで線の太さを変更する方法

線パネル内の線幅の数値を変更すると線の太さを変更することができます


②線の先を丸くする方法

線パネル内の線端のアイコンをクリックすることで、線の先の形状を変更することができます


③線を角丸にする方法

オブジェクトを選択した状態で角の形状のアイコンを選択すると角丸に変更することができます


④角の形状を無くしたり、尖らせる方法

オブジェクトを選択して比率の数値を調整すると角の形状を変更することができます


⑤Illustratorで点線を作成する方法

線を選択して破線にチェックを入れると点線になります

※線分や間隔の数値を調整することで点線を調整することができます


⑥線に矢印を作る方法

線パネル内の矢印の下三角をクリックして、矢印を選択する


⑦線の形状を変える方法

線を選択した状態で、線パネル内のプロファイルから任意の線の形状を選ぶ


「この記事を読んでもイマイチ理解できなかった。」「Illustratorのことをもっと勉強したい」と言う方は、逆引き辞典や入門書を読みながらIllustratorを操作するのがおすすめです。オススメの本を3冊紹介しておきます。


・逆引き辞典は僕が初めて入社したデザイン事務所でも常に最新版が置かれていて、WEBで調べても出てこないマニアックなことは逆引き辞典で調べていました⬇︎

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

・入門書は今からIllustratorを始める方や初心者にオススメです。Illustratorを始めたばかりの方は、まだ何が分からないかすら分からずにWEBで検索することも出来ないので順序立ててやさしく説明してくれる入門書はうってつけです⬇︎

Illustrator しっかり入門 増補改訂 第2版 【CC完全対応】[Mac & Windows 対応]
デザインの学校 これからはじめる Illustratorの本[2020年最新版]

3.この記事のまとめ

  • 線を太くしたり、矢印に変えたり、点線にしたりするには全て線パネルで行います
  • 線パネルが見当たらない場合は、メニューバーのウィンドウから線を選択すると表示されます