【はじめてのデザインに】無料で使えるデザインアプリおすすめ6選

デザイン アプリ 無料 デザインソフト

この記事では、はじめてデザインする方におすすめのデザインアプリについて解説していきます。

  • デザインに挑戦してみたい
  • どのアプリを使ってデザインすればいいか分からない
  • プロはどんなアプリやソフト使ってるの?

そんな方に向けて、デザインアプリやソフトを目的別に紹介していきます。

無料で使えるデザインアプリおすすめ10選

Shota Nakaji / 中地 章太
デザインアプリは目的によって使うものが変わってきます。基本的に「無料で使えるアプリは趣味用」「有料のソフトはプロのデザイナー用」と覚えておけば良いと思います。

ただ無料のアプリでも大手企業がデザインするのに使っているアプリもあり、無料でもプロが作ったようなクオリティのデザインができます。

「自分はプロのデザイナーになりたいんだ」と思う方にはプロが使うソフトも後半で解説していきます。

アプリ名Canva ProADOBE COMPAdobe Spark PostIllustrator DrawIllustratorPhotoshop
利用料金無料/有料無料無料無料有料有料
WEB××
印刷(紙)×××
難易度初心者〜中級者中級者初心者中級者上級者上級者
プロ向け?××
仕事に使える?
おすすめ度★★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★★★★★★★

1.無料で使えるおすすめのデザインアプリ

①Canva(キャンバ)

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
Canvaは素人がデザインをはじめるのにおすすめのアプリです。動画・ロゴ・サムネイル・バナー・チラシなんでもデザインできるのに無料で使えます。

クオリティの高いデザインがかんたんに作れるようにデザインテンプレートが数多く用意されています。

Canvaを使っている人が多いのも特徴でyoutubeではCanvaの使い方について解説している動画が多いので使い方を覚えるのもラクです。

無料プランで物足りなくなったり、仕事を請け負うレベルになるとPro用にアップグレードすることもできるので無料で物足りなくなって他のソフトに移ってまた1から勉強ということも無いので安心です。

Canvaの詳細
利用料金無料(PRO用の有料プランは5人まで使えて1,500円/月)
作成できるデザイン・動画・youtubeのサムネイル・Instagramの画像編集
・ブログの画像編集・ロゴ・フライヤー・ポスター
・A4文章・Facebook投稿画像他多数・Tシャツ・グラフ
デザインテンプレート・カード・招待状・チラシ・ポスター・履歴書・CDジャケット
・本の表紙・賞状・名刺・インフォグラフィック・WEB広告
・プレゼン・SNS 画像・レターヘッド・ポストカード
・デスクトップ壁紙・コラージュ・ギフトカード・メニュー表
・雑誌の表紙など
印刷作成したデータはアプリ内で印刷の発注注文ができる
画像加工機能あり
仕事○(フリーランス/企業としてなら仕事用としても使えます。デザイナーの就職には向いていません。)
おすすめ度★★★★★
公式サイトCanva Pro

✔︎Canvaがあっている人

  • 個人で色々デザインしたい人
  • フリーランスで仕事を受注したい人
  • はじめてデザインに挑戦する人

✔︎利用者の声

レビュー:★★★★☆ 

『非デザイナーもかんたんにデザイン可能』

普段はマーケティングやカスタマーサクセス業務に従事しているため、デザインは専門ではありません。
 
イラストレーターやフォトショップを使いこなすことができず、セミナーLPやFacebook投稿などで利用するバナーを作成するのに、簡単な方法はないかとたどり着いたのがCanvaです。
 
デザインテンプレートが豊富にあり、かつフォントや色、大きさなど自由自在に簡単に変更できるので、バナー作成の時間が短縮されました。
 
また素人でもデザインのクオリティをある程度担保することができます。
 
一度作成した後に、コピーしてサイズを変更することもできるので、少し配置を変更すれば、同じようなデザインで色々なサイズでバリエーションを作成することができます。
 
チームメンバー内皆で利用しており、手放せないツールとなっています。機能の追加やUIのアップデートも頻繁に行われているイメージがあります。
 

宣伝・マーケティング(有料ユーザー)

レビュー:★★★★★

『UIが直感的でわかりやすく、無料でも使えるデザインソフト』

まず、無料で使い始めることができます。有料プランもありますし、無料プランでも、素材単位で必要な分にだけ課金させることもできます。
 
例えば、パンフレットを作ろうと思ったときに、テンプレートが用意されているので、素人でも、結構かっこいいデザインのものが作れます。
 
素材を検索するのも簡単です。無料の素材や有料の素材がいっぱい出てきます。
クラウドなので、家でも作業の続きをやることができて、採用パンフレットを作っていたときに、だいぶ助かりました。
 
小ロットでパンフを作りたい方に向いています。印刷できる程度のDPIでPDF出力ができるので、そのPDFを複合機でカラー出力したら、かなりキレイな仕上がりでした。
 
業者に依頼せずに、低コストで立派なパンフレットを作成できました。
PDFで出力もできるので、Webなどにも掲載できます。

総務・庶務 (無料ユーザー)

✔︎デザイン例

・youtubeのサムネイル

デザイン アプリ 無料

・Instagramの投稿

デザイン アプリ 無料

・ブログバナー

デザイン アプリ 無料

・ロゴ

デザイン アプリ 無料

・フライヤー

デザイン アプリ 無料

・ポスター

デザイン アプリ 無料

・A4文書

デザイン アプリ 無料

・Facebookの投稿

デザイン アプリ 無料

✔︎有料と無料プランの違い

無料プランプロプラン企業プラン
利用料金0円1,500円/月(5人まで利用できる)3,000円/月(1人)
無料テンプレート25万点以上
100種類以上のデザインタイプ
無料の写真とグラフィックス
メンバーをチームに招待する
リアルタイムでのコラボレーションやコメント
5GBのクラウドストレージ
1つのブランドキットを作成し、独自のフォントとロゴをアップロード
ワンクリックでデザインのサイズを変更できる
無料テンプレート42万点以上
7,500万を超える有料のストック写真、動画、グラフィックを無料で使用できる
チームが使用するテンプレートとしてデザインを保存
100GBのクラウドストレージ
ソーシャルメディアコンテンツを7つのプラットフォームにスケジュール
複数のブランドキットのロゴ、色、フォントを使用してブランドのビジュアルアイデンティティを確立
ブランドコントロールを使用して、アプリ、グラフィックス、色、ロゴ、フォントへのチームのアクセスを管理しましょう
Canvaへのチームのアップロードを管理
組み込みワークフローを使用してデザインの承認を取得
チームが編集できる素材を設定し、テンプレートのロック機能でブランドイメージを維持
無制限のストレージ
シングルサインオン(SSO)
24時間365日のエンタープライズレベルのサポート
Shota Nakaji / 中地 章太
無料プランでも充分デザインできますが、個人として仕事を受ける場合や企業としてデザインが必要な場合はプロプランがおすすめです。

プロプランでも5人以上で使えば1人実質300円/月なのでかなりお得に利用できます。

大企業の場合は企業プランがいいでしょう。Canvaの企業プランは多くの大手企業が取り入れているので、企業がデザインの外注費を浮かしたりデザインのスキルや知識がない社員にデザイン作業をしてもらうにはピッタリのツールです。

✔︎プロプランのおすすめ機能

・画像背景の削除

ワンクリックで画像の背景を削除することができる。

・画像・デザインサイズの変更

ワンタッチでデザインサイズを変更できる

メリットデメリット
無料で使える機能が多く個人でデザインをするには充分Canvaでプロのデザイナーに就職することはできない
はじめてデザインする人もかんたんにデザインできるテンプレートを使うので、完全にオリジナルのデザインを作るには向いていない
仕事や企業として使いたい場合はプロ用にアップグレードできる

✔︎コメント

Shota Nakaji / 中地 章太
Canvaは無料で使えるデザインアプリとしては最高峰だと思います。パソコン・タブレット・スマホで使えてクラウドで共有できるので、チームでデザインしたり、外出先でデザインすることができます。

デザインは通常学生の時からかなりの時間を費やして勉強するもので、センスがあっても勉強していなかったらデザインをすることはできません。

その点Canvaなら豊富にテンプレートがあるので、オリジナルに近いデザインをプロ並みのレベルで作成することができます。

ですので大手の企業がデザインの外注費を減らしたり、社内のデザイナーではない人にデザイン業務をしてもらうために利用していたりします。

個人でこれから仕事をはじめる人も初めから高額なデザイン費は出せないと思うので、事業が起動に乗るまではCanvaで自分で広告を作ったりするのがいいと思います。

さらにもっと本気でデザインしたいと思ったら、無料から有料のプロプランに変更することもできユーザーの状況によってプランを使いわけできるのも利点です。

基本的に無料版で問題ないと思いますが、プロプランのCanva Proも使ってみたい方は無料体験期間があるので無料でしばらく使ってやっぱりプロプランが良いと思えば契約すればいいと思います。

②ADOBE COMP

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
ADOBE COMPはプロが使うデザインソフトのAdobe社の無料アプリです。タブレットやスマートフォンでデザインのレイアウトを考えることができて、ある程度仕上げに近い段階まで自由にデザインできます。

最終的にIllustratorなどのソフトで仕上げを行わなければいけないので、どちらかというとプロ向けの無料アプリです。デザイナーが移動中や外出中にレイアウトを考えるのには便利なソフトです。

ADOBE COMPの詳細
利用料金無料
作成できるデザイン・デザインのレイアウト作成できる
デザインテンプレートなし
印刷×(作成したデータはIllustratorなどで仕上げないといけない)
画像加工機能なし
仕事△(プロも使えるアプリですが、あくまでIllustratorなどと併用して使うものです。)
おすすめ度★★★☆☆
公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/comp.html

✔︎デザイン例

・参考例-1

デザイン アプリ 無料

・参考例-2

デザイン アプリ 無料

・参考例-3

デザイン アプリ 無料

✔︎コメント

『プロがレイアウトを考える時におすすめのアプリ』

デザインの参考例を見ればわかると思いますが、かなり完成に近いところまでデザインすることができます。

Creative Cloudと連携できるので、画像やフォントなど実際に利用する画像を使うことができるので、パソコンで行うのは仕上げだけといった感じです。(※Creative CloudとはAdobeのクラウドサービス)

時間のないデザイナーには特におすすめのアプリで打ち合わせの合間や移動時間に仕事ができるので、無駄な時間を過ごさずに済むので便利です。

これからプロのデザイナーを目指そうと考えている方は、後半で紹介するプロのデザイナーが使うソフト(IllustratorやPhotoshop)と併用して覚えておくと実際にプロになって働く時に便利です。

プロになってから新しい技術を覚える時間はなかなか取れないので、今のうちに仕事の時間を短縮できる方法を1つでも覚えておくことをおすすめします。

ADOBE COMPの公式サイトはこちら→https://www.adobe.com/jp/products/comp.html

③Adobe Spark Post

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
Adobe Spark PostはWEBページ、SNS、ショートムービーなどのデザインを数分で作ることができる無料のデザインアプリです。

SNSやWEBのページを素早く作りたい時に便利で、パソコン・スマホ・タブレットすべてで使うことができます。

Adobe Spark Postの詳細
利用料金無料
作成できるデザインWEBページ・ソーシャルグラフィック(アニメーションも)・ショートムービー
デザインテンプレートあり
印刷×(WEB用です。)
画像加工機能あり
仕事△(カンタンなデザインなので、自社のホームページやSNSには便利です。)
おすすめ度★★★☆☆
公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/comp.html

✔︎デザイン例

・ソーシャルグラフィック

デザイン アプリ 無料

・WEBページ

デザイン アプリ 無料

・ショートビデオ

デザイン アプリ 無料

✔︎コメント

『小さな会社や個人がWEBデザインをするのに便利』

時間がないひとがSNSやWEBページなどのデザイン編集をサクッとするのに便利なアプリです。

SNSやWEBページは毎日投稿するものなので、時間のないひとがデザインまでこだわってたら結構苦痛な作業になります。

そんな時に文字や画像を流すだけでおしゃれにデザインしてくれるので、がっつりデザインするというよりかは、軽くデザインしてクオリティは高くしたいという時におすすめです。

何気に動画も編集できるので、便利です。

Adobe Spark Postの公式サイトはこちら→https://www.adobe.com/jp/products/comp.html

④Illustrator Draw

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
Illustrator Drawはさっとイラストや図形を描くのに便利です。

最終的にIllustratorなどのソフトで仕上げを行わなければいけないので、どちらかというとプロ向けの無料アプリです。デザイナーが移動中や外出中にイラストや図形を考えるのには便利なソフトです。

Illustrator Drawの詳細
利用料金無料
作成できるデザインイラスト・図形の描画
デザインテンプレートなし
印刷×(Illustratorなどで仕上げないといけません)
画像加工機能なし
仕事△(プロも使えるアプリですが、あくまでIllustratorなどと併用して使うものです。)
おすすめ度★★★☆☆
公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/draw.html

✔︎デザイン例

・イラスト(ベクターアート)

デザイン アプリ 無料

✔︎コメント

『イラストレーターやデザイナーに便利』

時間がない仕事で、外出先などで作業をする時に便利です。

スマホ・タブレットで利用できるので、いきなりアイデアが浮かんで描きたくなった時などに便利です。

ざっくりラフを描いて、仕上げはIllustratorでというのがベストな使い方かなと思います。

Illustrator Drawの公式サイトはこちら→https://www.adobe.com/jp/products/draw.html

2.プロが使うデザインソフト

プロが使うデザインソフトは作業するデザインによって大きく変わりますが、ここではどんなデザイナーも利用するIllustratorとPhotoshopだけ紹介します。

①Illustrator

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
Illustratorはデザインのレイアウトをしたり、ロゴや図形などを作成するためのソフトでプロのデザイナーは基本的に全員が使えるソフトです。

紙のデザインの入稿データを作るのに必要なソフトなので、商品のパッケージを作ったりするのにも必須です。プロのデザイナーになるならはじめに使い方を覚えるべきソフトだと思います。

Illustratorの詳細
利用料金2,480円/月(無料体験期間あり)
作成できるデザインロゴ・レイアウト・パッケージなど様々
デザインテンプレートなし
印刷◎(印刷のデータを作る基本のソフトです。)
画像加工機能なし
仕事◎(プロのデザイナーになりたいなら必須)
おすすめ度★★★★★
公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

✔︎デザイン例

・ロゴデザイン

デザイン アプリ 無料

・地図のデザイン

デザイン アプリ 無料

・表紙デザイン

デザインソフト

・Tシャツデザイン

デザインソフト
デザインソフト

✔︎コメント

Shota Nakaji / 中地 章太
Illustratorはデザイナーがもっとも使っているソフトです。趣味でデザインをしようと考えている人はIllustratorを覚えるのは大変なので、もっとかんたんなデザインアプリが良いと思います。

ただ慣れれば自由にデザインできるようになります。さらに仕事でも役にたつのでデザインソフトを覚えるならIllustratorを覚えてしまってもメリットばかりなので個人的にはおすすめです。

デザインの勉強やセンスを磨くことが必要ですが、Illustratorを使えると商品ページを作ることもできるので自分の商品を販売したいと考えている方にもいいと思います。

初めて使う時は難しく感じるかもしれませんが、自分には使えそうかどうかをIllustratorの公式サイトで無料体験できるので試してみるのがおすすめです。

②Photoshop

デザイン アプリ 無料
Shota Nakaji / 中地 章太
Photoshopは画像編集やレタッチ・合成、アートを描いたりすることもできるソフトです。かなりクオリティの画像を作成することができます。

Photoshopもプロのデザイナーが使う必須のソフトで、基本的にIllustratorとPhotoshopが使えれば雇ってくれる会社も多いです。

Photoshopの詳細
利用料金980円/月※フォトプランの場合(無料体験期間あり)
作成できるデザイン画像編集に関することは大抵のことはできます。
デザインテンプレートなし
印刷
画像加工機能あり
仕事◎(プロのデザイナーになりたいなら必須)
おすすめ度★★★★★
公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

✔︎デザイン例

・画像編集

デザイン アプリ 無料

・画像合成

デザイン アプリ 無料

・画像のレタッチ

デザイン アプリ 無料

・ipadでイラスト

デザイン アプリ 無料

✔︎コメント

Shota Nakaji / 中地 章太
Photoshopはデザイナーがもっとも使っている画像加工ソフトです。画像を少し明るくするなどのカンタンなことから合成やレタッチなどのハイレベルなことまでできます。

Photoshopで商品画像の明るさを変えるだけで、商品の売れ行きも変わったりするので使えるようになると便利です。

Photoshopも無料体験期間があるので、自分にあうか1度試してみることをおすすめします。

以上がデザインにおすすめの無料アプリでした。

後半はプロ向けのソフトを少し紹介しましたが、これからプロのデザイナーを目指す方はデザイナーによって使うソフトが変わってくるので自分が目指すデザイナーに必要なソフトを勉強しなければいけません。

デザイナー別に必要なソフトをまとめている記事があるので、興味がある方はこちらをどうぞ⬇︎

デザイン ソフト

✔︎関連記事はこちら

フォトショップ 無料 有料 違い
デザイン オンライン スクール
グラフィックデザイン ソフト
デザイン ソフト
デザイン オンライン スクール
デザイン 素材

3.まとめ

  • はじめてデザインをする方にはCanvaが使いやすくおすすめ
  • Canvaではプロ並みのクオリティのデザインをカンタンに作れる
  • プロのデザイナーを目指すならIllustratorとPhotoshopを使う