デザイナーが教える!【おすすめの有料素材サイト3選】

おすすめの有料素材サイトのトップ画像 デザイナーになるには
ナカジ

この記事は、有料素材サイトについて解説しています。

  • どこの素材サイトがおすすめなの?
  • お得な素材の買い方を教えて欲しい。
  • 素材の使い方を知りたい!

そんな方に現役のデザイナーがおすすめの素材サイトについて解説していきます。

デザインにおすすめの有料素材サイト3選

デザインにおすすめの有料素材サイトは下記の3つです↓

  • PIXTA
  • Adobe Stock
  • shutter stock

PIXTA

有料素材のおすすめのイラスト素材

料金:550円〜
定額制プラン:1,980円/月3点

\無料登録で550円クーポン貰える/
PIXTA公式サイトの紹介リンク

PIXTAは日本の素材サイトで、写真・イラストともにクオリティが高くコスパもいいです。

商用利用ができる素材のみを扱っていて安全性が高いので、素材サイトをはじめて利用する初心者にもおすすめです。

PIXTA素材のカンプ用データをダウンロードする方法

素材ページの『カンプデータ』をクリック

カンプデータとはデザインを検討する際に使う素材データのことで、素材を購入前する前にデザインに合うかを試すことができます。

本使用は禁止されていて、ウォーターマークというロゴの透かしが入っています↓

素材のカンプデータをダウンロードする方法

※素材をデザインに反映する詳しい方法は、この記事の後半で解説いたします。

PIXTAの写真素材

PIXTAで素材をお得に購入する方法

PIXTAは素材のサイズによって値段が変わります。

印刷に使うなら印刷サイズに合わせて購入する必要がありますが、L以上のサイズだと価格がかなり上がります。

そんな時には定額制プランを利用するといいでしょう。

例えばLサイズの素材を単品購入すれば1点3,630円ですが、月額の定額プランで購入すると3点3,630円で購入できます。

仮に月額プランをすぐに解約しても、単品と同じ料金で2点分無料で素材をダウンロードできることになります。

PIXTAの利用料金

素材を単品で購入する際の料金表

デザイン 素材

定額制プランで購入する際の料金表

PIXTA利用者の声

総合レビュー:★★★★☆ 4.0(27個の評価)

『安くてお得なハイクオリティ素材』

 

IT reviewからのコメント抜粋

Adobe Stock

おすすめの有料素材サイトadobestockの写真素材

料金:3,828円/月3点

\素材10点が無料でダウンロード/

Adobe StockはIllustratorなどで有名なAdobeの素材サイトで、デザインソフトを使う人には特に便利な中級者向けの素材サイトです。

10点まで素材をダウンロードできる無料体験もあるので、有料素材サイトの素材を無料で試してみたい方にもおすすめです。

エディトリアル利用以外に使えない素材もあるので、商用利用する際には使える素材か注意する必要があります。

Adobe Stockの素材を使うときの注意点

基本的にメーカーやブランド商品の素材は使わない方がいいでしょう。

商用利用した際は、ブランドから権利侵害で賠償請求される可能性があります。

商用利用できない素材の見分け方は、素材購入ページに『エディトリアル専用』と書かれています。

おすすめの有料素材サイトAdobe Stockの注意点
引用:Adobe Stockの写真素材

追加料金を支払えばエディトリアル専用でも商用利用できる素材はありますが、1年使用するだけでも保険と合わせて100万円ほど利用料がかかる可能性があります。

Adobe Stock素材のカンプ用データをダウンロードする方法

素材ページの『プレビューをダウンロード』をクリック

Adobe Stock素材のカンプデータをダウンロードする方法
引用:Adobe Stockの写真素材

Adobe Stockの利用料金

Adobe Stockには、クレジットパックとサブスクリプションプランの2種類の購入方法があります。

クレジットパックは、クレジット(5点〜)を購入して一定の期間内に購入したクレジット分の画像が購入できる方式。

画像を毎月購入しない方は、クレジットパックがいいでしょう。

クレジットパック料金
5点パック6,490円(1,298円/1点)
16点パック17,600円(1,100円/1点)
40点パック39,600円(990円/1点)
80点パック74,800円(935円/1点)
150点パック132,000円(880円/1点)

サブスクリプションプランは、定額制プランのことで素材を安く購入できます。

サブスクプラン料金
3点/月3,828円(1,276円/1点)
25点/月9,328円(373円/1点)
40点/月13,068円(327円/1点)
750点/月32,978円(44円/1点)

Adobe Stockで素材をお得に購入する方法

Adobe Stockではクレジットパックよりサブスクリプションプランの方が価格が安いので、基本的にはサブスクリプションプランがいいでしょう。

無料体験もできるので、はじめて利用する方は無料体験で素材をダウンロードするのがおすすめです。

Adobe Stock利用者の声

総合レビュー:★★★★☆ 3.6  (33個の評価)

『既視感の無い画像が10点/月-年間プラン3,480円/月』

IT reviewからのコメント抜粋

shutter stock

shutter stockは世界で人気の素材サイトで素材数も多く、探している素材が見つかりやすい中級者向けの素材サイトです。

10点まで素材をダウンロードできる無料体験があるので、有料素材サイトを無料で試してみたい方にもおすすめです。

エディトリアル利用以外に使えない素材もあるので、商用利用する際には注意しましょう。

shutter stockの素材を使う時の注意点

shutter stockも基本的にはメーカーやブランド商品の素材は使わない方がいいでしょう。

商用利用できない商品の見分け方は、素材購入ページの重要情報に『エディトリアル使用のみ』と書かれています。

おすすめの有料素材サイトシャッターストックの注意点
引用:shutter stockの写真素材

shutter stock素材のカンプ用データをダウンロードする方法

素材ページの『試す』をクリック

shutter stockの利用料金

shutter stockには、オンデマンドパックと定額プランの2種類の購入方法があります。

オンデマンドパックは、クレジット(5点〜)を購入してクレジット分の画像が購入できる方式。

画像を毎月購入しない方は、オンデマンドパックがいいでしょう。

オンデマンド料金
5点パック6,000円(1,200円/1点)
25点パック28,000円(1,120円/1点)

サブスクリプションプランは、定額制プランのことで素材を安く購入できます。

定額プラン料金
10点/月6,000円(600円/1点)
50点/月15,000円(300円/1点)
350点/月25,000円(71.4円/1点)
750点/月30,000円(40円/1点)

shutter stockの利用者の声

総合レビュー:★★★★☆ 4.5 (1個の評価)

『だいたい欲しいイラストが揃う高クオリティなストックフォト』

IT reviewからのコメント抜粋

素材ってどうやって使うの?

素材を購入したことがない人向けに、プロのデザイナーが素材をどのように利用しているかを解説していきます。

デザインに素材を使う場合には、IllustratorやPhotoshopを使ってカンプ用データをデザインに反映します。

Illustrator

Illustrator 無料

単体プラン 月額利用料:2,728

\7日間の無料体験はこちら/

Photoshop

photoshop 無料 版

フォトプラン:1,078円/月
単体プラン:2,728円/月

\7日間の無料体験はこちら/

カンプ用データをデザインにはめ込んだ画像がこちらです↓

有料素材の使用例

上記は以前仕事で担当した販促デザインのトップボードですが、車やマスクの部分にウォーターマークが入っているのが分かると思います。

これは素材サイトで入手できるカンプデータを利用しているからです。

この状態でクライアントにデザインがOKかどうかを確認します。

オッケーが出れば、素材を購入しカンプデータと入れ替えます↓

有料素材の使用例

車の変更や微調整が入ったので素材購入後は少しイメージが変わっていますが、最終的には素材購入後のデザインを見てもらい問題なければ入稿というのが、デザインで素材を使う基本的な流れです。

その他の素材サイトはダメなの?

素材サイトは他にもあるのですが、この記事で紹介したサイトは初心者でも使いやすく価格も良心的なのでおすすめです。

他の素材サイトがダメというわけではありませんが、権利関係や素材の知識がないと想像している以上の金額を請求されることもあります。

素材の知識がつくまでは、この記事で紹介した素材サイトを利用するのがいいでしょう。

デザインにおすすめの素材サイト3選まとめ!

この記事では安全性の高いサイトや無料体験ができる素材サイトなど、実際に私が仕事で使っているサイトを紹介してきました。

デザインやブログ記事などにも使いやすい素材サイトなので、ぜひ利用してみてください。

✔︎関連記事はこちら

デザインに使えるフリー素材サイトの記事のトップ画像
おすすめの素材販売サイト解説記事のトップ画像
プロのデザイナーが使うデザインソフトをまとめた記事のトップ画像