Illustratorでリンクパネルの使い方と埋め込みする方法

Illustratorでリンクパネルの使い方と埋め込みする方法 Illustratorの使い方

この記事では「リンク画像の埋め込み方が分からない」「リンク切れはどうすればいいの?」って方の為にIllustratorのリンクパネルの使い方を解説していきます。

1.Illustratorのリンクパネルとは?

Illustrator上のリンク画像を「差し替えたり」「埋め込み」して配置方法を設定することができる機能です。

※リンクパネルが見当たらない場合は、メニューバーのウィンドウからリンクを選択すると表示されます

2.Illustratorでリンクパネルの使い方と埋め込みする方法

①リンク画像の情報を見る方法

リンクパネル内の左下の▶︎をクリックするとファイル情報が表示されます


②CCライブラリの画像をリンク画像と差し替える方法

⑴リンクパネル内のCCライブラリから再リンクのアイコンをクリックする
⑵CCライブラリパネルに移動するので、任意の画像を選択する
⑶再リンクをクリックすると画像を差し替えることができます


③リンク画像を差し替える方法(リンク切れの時は画像を差し替えて対処できます)

⑴リンクパネル内の差し替えたい画像を選択します
⑵リンクを再設定のアイコンをクリックする
⑶任意の画像を選択する
⑷配置をクリックする


④リンク画像がどこにあるか分からない時の対処方法

⑴リンクパネル内の任意の画像を選択します
⑵リンクへ移動のアイコンをクリックする
⑶リンク画像が選択されます


⑤リンク画像を編集する方法(psdファイルのみ)

⑴リンクパネル内の編集したい画像を選択する
⑵オリジナルを編集アイコンをクリックする
⑶画像編集ページに飛ぶので、画像を編集して保存するとリンク画像に反映される


⑥リンク画像を埋め込む方法

⑴リンクパネル内の任意の画像を選択する
⑵オプションをクリックして、画像を埋め込みを選択する

補足
画像の埋め込みとは、Illustrator上に配置した画像データを、Illustratorファイル内に埋め込んでしまうことです。リンク画像を埋め込むことによって、リンク切れを防いだり、入稿データを送る際に画像を添付しなくていいメリットがあります。ただその分Illustratorのデータが重くなるというデメリットもあります。

「この記事を読んでもイマイチ理解できなかった。」「Illustratorのことをもっと勉強したい」と言う方は、逆引き辞典や入門書を読みながらIllustratorを操作するのがおすすめです。オススメの本を3冊紹介しておきます。


・逆引き辞典は僕が初めて入社したデザイン事務所でも常に最新版が置かれていて、WEBで調べても出てこないマニアックなことは逆引き辞典で調べていました⬇︎

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

・入門書は今からIllustratorを始める方や初心者にオススメです。Illustratorを始めたばかりの方は、まだ何が分からないかすら分からずにWEBで検索することも出来ないので順序立ててやさしく説明してくれる入門書はうってつけです⬇︎

Illustrator しっかり入門 増補改訂 第2版 【CC完全対応】[Mac & Windows 対応]
デザインの学校 これからはじめる Illustratorの本[2020年最新版]

3.この記事のまとめ

  • リンク画像を埋め込むには、リンクパネル内のオプションから画像を埋め込みを選択する
  • リンク切れの画像は元の画像を探して、リンクを再設定するか新しい画像に差し替えて対応します